「アダルトサイトとのトラブル解決詐欺」は”浮気調査や人探しのやらずボッタくり”と並ぶ悪徳探偵事務所の十八番です。

実際には調査をやっていないのにやったことにして、誰でも簡単に知ることが出来る業者の住所だけ報告し、
「返金・解決に至りませんでした」と報告するパターンです。

 

契約書には「解決を保障するものではありません」の旨が、小さな文字で書いてあり、法的な逃げ道を作っています。

それゆえ騙されたと思ってもなかなか立証できず泣き寝入りが多いのが現実です。

 

今の探偵業法では業者側に調査経過の透明制を保障する義務が課せられていません。

探偵が調査をしたが結果を得られなかったと言い張ればそれが通ってしまいます。

「アダルトサイトとのトラブル解決詐欺」

「競馬情報トラブル解決詐欺」

「浮気調査詐欺」

「人探し詐欺」等々、

 

リアルタイムで依頼人に報告する義務もない、

依頼人が希望しても現場同行させる義務もない、

探偵側の不透明が通る現探偵業法のままでは、この手の悪徳探偵詐欺は無くならないでしょう。

業者側に厳しく、真に消費者側の権利を保障する探偵業法への改正が急務です。