真に調査力を持つ探偵は非常に少ないのが現状です。

業界の8割は悪徳もしくは素人探偵と言われています。

彼らにひっかかるとお金だけ払わされて何の証拠も得られません。

tanteichousaryoku

探偵に求められる調査能力とは?

探偵に必要な能力は浮気調査に限って言えば、バレルことなく見失うことなく長時間の尾行張り込みができ、対象者や接触相手の顔がはっきり写った証拠写真ビデオを撮れる能力ということになります。

しかしそれは口で言うほど簡単ではありません。

たとえば探偵学校で十数回程度の講義や実技訓練を受けただけでは、よほどセンスのある人でない限り身につきません。

何十回、何百回もの訓練と実戦経験を積まなければ実力は身につきません。

これは勉強やスポーツの上達と同じことが言えると思います。

しかし探偵業界にはロクに訓練を積むことなく看板を揚げている、素人探偵業者がたくさんいます。

当然まともな尾行張り込みができないのですぐに見失ったり、相手に気づかれてトラブルになります。

当然証拠も撮れません。

届出すれば誰でもなれる探偵

ではなぜ日本では調査力ない業者が堂々と探偵の看板を揚げられるのでしょうか?それは現在の探偵業法に理由があります。

それは探偵業法に定められている欠格事由に該当さえしなければ、誰でも探偵業を営むことが出来るからです。

その欠格事由には「暴力団関係者でないこと」「禁治産者でないこと」などが定められていますが、「調査能力の有無」や「技能・知識」等については全く規定がありません。

つまり調査能力があろうがなかろうが業法規定に違反しなければ誰でも簡単に探偵になれる、これがわが国の探偵業界の現状なのです。

 

必要書類を揃えて各都道府県の公安委員会(所轄警察署)へ届けさえすれば、その日の内に「探偵業届出証明書」がもらえすぐに看板を出せます。

それゆえお金を支払って依頼してもすぐに失敗し、証拠を得られないという依頼人は非常に多くいます。

浮気調査や素行調査を依頼するときはその探偵業者がどれだけの訓練を行い、どれだけの実績や実戦経験を持っているのかを冷静に見極めなければなりません。

真に調査スキルを持った探偵はわずかなので。

また素人以前に、はなから調査をやらない悪徳詐欺探偵事務所も多くいます。

彼らは高額で依頼を受けながら調査自体行わずに、嘘の報告書をでっちあげます。

探偵選びには細心の注意が必要です。

 

telbananew

 

 

 

24時間営業(調査実施)
お電話受付03‐3313‐6899(年中無休09:00~20:00)

banamendan

 

 

 

 

有限会社KEN探偵事務所 東京都杉並区阿佐谷南1‐8‐2

東京メトロ丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅徒歩4分
JR阿佐ヶ谷駅 南口 徒歩12分

 

当サイトに掲載されているすべてのコンテンツ(文章・画像等の情報)の無断転載を禁止します。当サイトから入手したいかなる情報も複製、販売、出版、公開、使用することを禁じます。