私たち探偵が浮気調査や素行調査で尾行をするとき、繁華街や駅、テーマパークなどの人混みもあれば、住宅街など人通りの少ない場所もあります。

尾行はその場所、その場所において適切な距離を取って行わないと対象者を見失ったり気付かれたりして失敗に終わります。

尾行が失敗すれば証拠を撮ることもできません。

浮気調査や素行調査を依頼したクライアントの期待を裏切ることになります。

人混みは接近し、人通りのない場所では離れて尾行

たとえば混雑している駅構内のような場所では、距離を開け過ぎると対象者が雑踏に紛れて見失うため接近します。

大混雑した駅のホームや渋谷ハチ公前のスクランブル交差点などでは、対象者の真後ろにピッタリくっ付くこともしばしば。

スキルのある探偵はどんなに対象者の真後ろにくっ付いても、混雑した場所であれば尾行がバレることはありません。

人混みの尾行は人間違いにも注意

また人混みでは偶然似たような服装やバックを持っている人がいることがあるので、対象者の全体的イメージをインプットして見まちがえないように注意します。

そのためには尾行の初期段階で、対象者の服装はもちろん持ち物のバックや帽子、ネクタイ、ストール、靴の色や形、耳、また背格好や歩く癖などをでチェックし頭に叩き込むことが重要です。

これら対象者の情報は事前に行う依頼人からのヒアリングでわかることもあれば、実際に本人を尾行する中でわかる場合もあります。

新たにわかった情報はペアの探偵と携帯スマホやメールですぐに共有します。

探偵の実力が試される人通りの少ない場所での尾行

一方、住宅街など人通りの少ない場所では、真後ろにくっ付くとバレるので適度に距離を空けて尾行します。

この”適度な距離”は対象者のタイプや立地条件によって変わります。

対象者は歩くのが速いか遅いか、たまに振り向くかほとんど振り向かないか、尾行している道の幅が広いか狭いか等々の条件に臨機応変に対応します。

人通りが少ないからと言って距離を開け過ぎると、対象者が角を曲がってすぐに建物に入った場合、どの建物に入ったかわからなくなります。

この辺が尾行の難しいところですが真のプロ探偵なら適切に対応出来ます。

電車内の尾行と監視

電車内の尾行も街中と同じように、基本的に混んでいれば接近し、空いていれば離れた場所から対象者を見張ります。

満員電車の場合、下車するときに大勢の乗客に埋もれたり押されたりして対象者を見失わないためそばにくっつきます。

一方、車内がガラガラで数人しか客が乗っていないような場合、KEN探偵事務所の探偵は隣の車両の連結部の窓から対象者を見張ります。

ほとんどの人は電車に乗ると駅に着くまで車両を移動することはありませんが、中には移動する人もいるので電車が走行中も絶対に目を離しません。

そして、その時の混み具合に応じ立つか座るかして対象者を監視します。

ただ目を離さずに監視するといっても、あまりにも対象者の方をジーっと見ていたのでは、回りの乗客から見て不自然です。

また勘の鋭い対象者であれば異変を感じるかもしれません。

対象者の顔を見ないように視界に入れる

そこで私たちKEN探偵事務所の探偵は、乗客が少ないときは対象者の靴やバックを持っている手の部分、または立ち位置によっては相手の後ろ姿、帽子や耳の部分、肩の部分を視界に入れるようにして対象者をキープします。

あくまでも「じろじろ」見ずに、私の場合「今日の事務仕事は疲れたなあ~」といった具合でOL気分を演じ、うつむき加減で監視します。

または、スマホをいじりながらスマホの先に居る対象者を視界に入れてキープします。

対象者の顔をジーっと見るわけではないので相手にも不自然に見られることなく、何か動きがあれば迅速に対応できるのです。

非常に少ない真のプロ探偵

探偵社は全国に約5,600ありますが、その中で確かな尾行スキルを持つ探偵社はわずかなので依頼するときはよく精査する必要があります。

尾行スキルのない探偵事務所に浮気調査や素行調査を依頼してもすぐに対象者を見失うか、最悪尾行がバレてトラブルになる恐れがあるので要注意です。

telbananew

 

 

 

24時間営業(調査実施)
お電話受付03‐3313‐6899(年中無休09:00~20:00)

banamendan

 

 

 

 

有限会社KEN探偵事務所 東京都杉並区阿佐谷南1‐8‐2

東京メトロ丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅徒歩4分
JR阿佐ヶ谷駅 南口 徒歩12分

 

当サイトに掲載されているすべてのコンテンツ(文章・画像等の情報)の無断転載を禁止します。当サイトから入手したいかなる情報も複製、販売、出版、公開、使用することを禁じます。