夫や妻が不自然な時間帯に外出して数時間で帰宅する場合それは浮気のサインです。

yoru

小一時間外出して浮気相手と電話で話す

浮気をすると恋愛と同じで頻繁に相手と連絡を取りたくなります。

夫や妻がそばに居るのに浮気相手と電話で話すわけにはいきません。

そこで、「コンビニに行ってくる」「駅前の本屋に行ってくる」「散歩してくる」などの口実を作って外出し、浮気相手と携帯で話すのです。

電話が終わって戻ってくると「立ち読み」していたとか「友達から電話があって話し込んでいた」などと言って嘘をつきます。

コンビニに行くと言って出たパートナーの携帯に後から電話しても、いつも「留守電」になるような場合は浮気相手と話している可能性が高いです。

ウォーキングやパチンコに行くと言って短時間浮気

当探偵事務所が扱った事例では、専業主婦妻の様子に異変を感じた夫が、夕方自宅に電話すると留守で妻は出ませんでした。

夫は通勤時間片道2時間で残業も多かったため、帰りは毎晩早くて21時、深夜0時になることも珍しくありませんでした。

夫が帰宅して妻に夕方どこに行っていたのか聞くと、妻は「ウォーキングをはじめたので夕方から2時間留守にしている」と言いました。

夫から浮気調査の依頼を受けた弊社が調査すると、妻は毎日夕方18時になると自宅を出て徒歩20分ほどの場所に行き、先に車で来て待っている浮気相手と会っていました。

また別の事例では夫は急に夕食後パチンコに行くと言って出かけるようになりました。

しかし実際にはパチンコへは行かず、一駅となりの浮気相手女性のアパートに行っていました。

このように中途半端な時間帯に2~3時間ほど出かけて戻ってくる場合、近所で密会しているケースが多いです。

 

telbananew

 

 

 

24時間営業(調査実施)
お電話受付03‐3313‐6899(年中無休09:00~20:00)

banamendan

 

 

 

 

有限会社KEN探偵事務所 東京都杉並区阿佐谷南1‐8‐2

東京メトロ丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅徒歩4分
JR阿佐ヶ谷駅 南口 徒歩12分

 

当サイトに掲載されているすべてのコンテンツ(文章・画像等の情報)の無断転載を禁止します。当サイトから入手したいかなる情報も複製、販売、出版、公開、使用することを禁じます。