昔は夫の浮気が主流でした。

部下やホステスと不倫をして妻が浮気調査を依頼するパターンです。

今でも浮気をするのは夫の方が多いですが、一方妻の浮気も年々急増しています。

当探偵事務所の場合は夫6割、妻4割の割合です。

仕事を持つ妻の場合は上司や同僚と不倫関係になるケースが目立ちます。

結婚生活の中でそれまでは我慢できた夫の性格や癖、習慣のちがいなどに不満を感じるようになったり、特に不満はないものの、夫との生活に飽きて刺激がなくなっているところに、職場で男性と出逢い恋に落ちるパターンです。

tumauwaki

仕事を持つ妻の浮気

ある対象者はキャリアウーマンの人妻でした。

夫は毎晩残業と言っては深夜0時過ぎに帰宅する妻を不審に思い、当探偵事務所に浮気調査を依頼しました。

探偵が妻の尾行張り込みを行うと、午後8時には退社し不倫相手と密会していました。

そして夕食のあとその男性の自宅へ行き、不倫をしては深夜に帰宅するこということを繰り返していました。

不倫相手男性は妻の会社のグループ会社に勤務する若い営業社員で質素なアパート暮らしでした。

飲食代などデート代は高学歴で高給取りの妻が毎回払っていました。

この妻と夫は特段仲が悪いわけではありませんでした。

恋多き妻が新しい刺激を求めて浮気をしたのだろうと夫は話していました。

専業主婦の浮気

テニスクラブコーチと浮気をする専業主婦がいました。

当探偵事務所が夫から依頼をを受けたとき、不倫相手はすでにそのテニスクラブを辞め地方の別の会社に勤務していました。

しかし毎週土曜日に上京し妻とホテルで不倫していました。

弊社探偵が妻の尾行張り込みを行い、ホテルの部屋への出入りや外での食事、公園で抱き合う場面などの証拠を撮りました。

 

奥さんが出会い系サイトで知り合った男性と不倫をするケースもよくあります。

ある専業主婦の妻は私立小学校へ通う子供を電車で学校まで送ったあと、出会い系サイトで知り合った男性と浮気をしていました。

その男性の身元を調べると会社経営者でした。

自営業で自由が利くので平日の朝から人妻と密会していたのです。

妻の浮気相手が会社社長や自営業者であるパターンは結構あります。

お金に余裕のあるのでデート代は男性が出します。

逆にお金のない若い男性と浮気に走る主婦の場合、奥さんがデート代を出すケースがほとんどです(冒頭に紹介したと例と同じ)。

夫にしてみれば妻に浮気された上に、自分が稼いだ給料の一部がその浮気相手に流れているわけですから、二重に裏切られたことになり怒りも倍増します。

 

調査完了後、弊社オフィスで証拠ビデオを観ている途中に妻が支払いをしている場面を見て、「何ですかこれは!」とテーブルをたたき、お茶の入った湯飲みを倒した夫もいました。

 

 

telbananew

 

 

 

24時間営業(調査実施)
お電話受付03‐3313‐6899(年中無休09:00~20:00)

banamendan

 

 

 

 

有限会社KEN探偵事務所 東京都杉並区阿佐谷南1‐8‐2

東京メトロ丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅徒歩4分
JR阿佐ヶ谷駅 南口 徒歩12分

 

当サイトに掲載されているすべてのコンテンツ(文章・画像等の情報)の無断転載を禁止します。当サイトから入手したいかなる情報も複製、販売、出版、公開、使用することを禁じます。