依頼人妻は専業主婦。

対象者夫は都内大手企業の管理職。

妻は昔この大手企業のOLで夫とは職場結婚だった。

妻は3週間前に夫の同僚で妻の友人でもある女性社員から夫の不倫を聞かされた。

妻とこの女性社員は一緒に仕事をした仲で、退職した今でもたまにお茶をする仲だった。

この女性社員は3週間ほど前に池袋で偶然、夫が部下の女性と腕を組んで歩いているのを見かけたという。

その浮気相手は20代後半で神奈川県の実家から通勤しているそうだった。

最近夫は遅い帰宅が増えていたが外泊することはなかった。

kentantei-bukatouwaki

依頼人妻はまだ幼い男の子が二人いるため、できれば離婚はせずに相手と別れさせたいと考えていた。

そして浮気の証拠を掴んだら夫を反省させて別れさせ、浮気相手には慰謝料を請求したいと考えていた。

万一夫が浮気相手と一緒になるために離婚を迫ってきた場合は、調停や裁判に勝って慰謝料を取り、親権と十分な養育費、 また有利な条件での財産分与も希望していた。

部下の結婚式のあと浮気をする夫。尾行する探偵

この日、夫は中野サンプラザで部下の男性社員の結婚披露宴に出席していた。

依頼人妻は夫が披露宴のあと浮気相手と密会すると睨んでいた。

ちなみに情報をくれた女性社員によると、浮気相手はこの結婚披露宴に招待されていないとのことだった。

17時30分探偵二名が結婚披露宴会場で張込み開始。

(結婚披露宴は16:00には開宴していた)

 

約1時間後、披露宴会場から続々とロビーに出て来る招待客の中に夫の姿を確認する。

夫はしばらく出席者と立ち話をした後、同僚らしき男性4人と結婚式場を出て中野駅へ向かった。

4人とも黒のフォーマルスーツで引き出物が入った手提げ袋を持っている。

4人は中野駅から中央線東京行き電車に乗った。

 

渋谷のコインロッカーに引き出物と上着を入れる

新宿駅で同僚と別れ一人下車した夫は、足早に山手線ホームへと移動し渋谷・品川方面行き電車に乗った。

電車の中で夫はフォーマルスーツの上着を脱ぎ、白ネクタイも外して引き出物の手提げ袋に押し込んだ。

渋谷で降りた夫はハチ公前に出ると、渋谷マークシティの歩道橋の下で一旦立ち止まりコインロッカーのドアを開ける。

しかし結局何も入れずに渋谷駅西口方面へ早足で進んだ。

そしてモアイ像横のコインロッカーに引き出物の手提げ袋を入れた。

 

道玄坂で浮気相手と合流しラブホテルに直行する夫

そのあと夫は東急の前の横断歩道を渡って道玄坂方面へ小走りに進んだ。

そして「道玄坂センタービル」の前で浮気相手と思しき女性と会った。

※以下の写真はこの調査で撮影した本物の浮気証拠写真のため顔が判別できないように画質を落とした上で加工してあります。

浮気相手は写真に比べて老けた印象だった(妻は友人の女性社員から会社飲み会の集合写真を入手していた)。

二人はすぐに道玄坂センタービルの角を曲がり、ホテル街へ続く坂道を上りラブホテル入った。

部屋を選び支払いをする。

お釣りと部屋の鍵を待つ間二人はキスをした。

会ってすぐにホテルへ直行、部屋に入るのを待ちきれずキス、限られた時間の中で出来るだけ接触したいという夫と浮気相手の心理が伺える。

そしてエレベーターで部屋へ向った。

約1時間30分後二人はホテルを出て道玄坂の台湾料理店に入った。

ラブホテルは3時間休憩できるのに90分しか滞在しなかった。

ふたりは台湾料理店でビールと軽い食事をとると30分足らずで店を出た。

手を繋いで楽しそうに道玄坂の方へ進む二人。

そして道玄坂を下り渋谷駅方面へ向った。

 

 

夫はずっと浮気相手の肩を抱いたり尻を触っている。

渋谷駅に着くと夫がモアイ像横のコインロッカーから荷物を取り出す。

駅構内に入る二人。

手を繋いで改札へ向かう二人。

そして二人は南改札を入り夫と埼京線・湘南新宿ラインのホームに下りた。

電車を待つ間何度も抱きついたりキスをする二人。

埼京線大宮行き電車が到着すると夫は女性にキスをしてから乗車した。

二人はドア越しに名残惜しそうに手を振って別れた。

浮気相手女性はその後すぐに到着した湘南新宿ライン大磯・横浜方面行き電車に乗った。

 

わずかな時間で浮気をした夫

探偵は妻に状況を連絡して調査を終える。

本件は浮気相手が夫の部下であり、妻は協力者である女性社員から女性の住所(実家で両親と同居)を入手しているため身元確認の必要がないからだ。

妻によればこのあと夫は23時前に帰宅した。

この日は部下の結婚披露宴だったので、いつもの「残業」「接待」などの口実が使えないため早く帰宅したようである。

浮気相手と会うとすぐにラブホテルに直行し、1時間30分で早々に出てきたのはそのためだった。

 

さらなる証拠の取得と夫の動きを知るため浮気調査を追加した妻

前回調査から2週間後2回目の浮気調査を実施した。

すでに「ラブホテルの出入り」「キス」など浮気の決定的証拠の撮影に成功していたが、依頼人妻はさらなる証拠の撮影を望んだ。

それは証拠が多ければ多いほど調停や裁判で有利になるからだった。

 

また夫が何を考え、どういう動きをしているのかをもっと知りたかったからだ。

妻の協力者(夫の同僚で妻の友人)によると夫は最近、15~16時に外回りに出て直帰することが多いとのことだった。

妻は、夫が営業部の管理職で時間に融通がきくため、外の仕事を早く終わらせては毎晩、浮気相手と会っているとにらんでいた。

一方の浮気相手が一般社員なので18時が定時だった。

探偵2名は余裕を見て14時30分から千代田区にある夫の勤務先大手企業を張り込んだ。

出入り口は正面玄関と建物脇にある社員通用口の2箇所だった。

 

トイレだけのためか?後楽園駅で一時下車した浮気夫

16時20分頃、夫が部下らしき男性と通用口から出て来る。

夫はコートを着てバッグを持っている。

二人は2分ほど歩いた場所の巨大なオフィスビルのフリースペースへ行きタバコを吸う。

他にも10人ほどのビジネスマンが喫煙している。

この界隈のビジネスマンの喫煙所になっているようだ。

タバコを終えた二人は会社の方へ戻って行く。

会社前で男性が夫に会釈し通用口に入り、夫は一人で最寄駅の方へ進んだ。

その後、池袋方面行き電車に乗った夫は後楽園駅で下車し、改札と連結する駅ビル「メトロM後楽園」に入った。

そしてエスカレーターで3階に上りトイレに入る。

13分後トイレを出た夫はエスカレーターで2階の後楽園駅改札に戻った。

そして再び池袋方面行き電車に乗った。

トイレが我慢できなくて途中下車したのか、気が変わって引き返したのかは不明。

 

池袋へ行くも、時間をつぶしたあと再び後楽園駅へ行き浮気相手と合流

夫は終点の池袋駅で降り西口に出ると「みずほ銀行池袋西口支店」のATMに入った。

お金を引き出しているようだ。

夫はATMを出ると池袋駅に戻り構内を東口の方へ進んだ。

そして「西武百貨店池袋本店」(豊島区南池袋)に入り、紳士用品のフロアへ行くとウィンドウショッピングをする。

しばらくすると隣の「池袋パルコ」に移り、ウィンドウショッピングを続けた。

夫は浮気相手に会うまで時間をつぶしをしている模様。

このあと池袋で仕事を終えた浮気相手の女性と合流すると思われたが、40分近く時間つぶしをした夫は池袋駅に戻りまた丸ノ内線に乗った。

 

そして再び後楽園駅で降りた夫は改札で浮気相手の女性と合流した。

夫が退社してから2時間経っていた。

二人は駅を出て5分ほど歩きマンションの前で立ち止まった。

二人は建物を見上げたあと、自転車置き場へ行き中をチェックしている。

しばらくするとそこに営業マン風のスーツ姿の男性が現れ、二人に会釈しマンションの中へ案内した。

どうやら男性は不動産会社の営業マンで、二人はマンションの内見に来たようだ。

 

浮気の拠点ウィークリーマンションの下見?そして再び池袋

約20分経過

 

マンションから3人が出て来る。

営業マンに見送られた夫と女性は後楽園駅の方へ進む。

二人は駅改札を入り池袋方面行きのホーム行きベンチに座った。

そして女性がバックから取り出したペットボトルを二人で回し飲みする。

女性がバックからパンフレットとA4サイズの紙を取り出しそれを二人で見ている。

探偵が二人の前を通り過ぎながらチェックすると、やはり不動産屋のパンフと部屋の間取り図だった。

二人は浮気の拠点を作るべくこのマンションへの入居を検討しているようだ。

到着した電車に乗り池袋駅で降りた二人は「無印良品池袋西武店」に入った。

食器コーナーを見たあと2階のインテリアフロアへ行き、ベッドやソファ、時計やカーテンを見ている。

 

約30分滞在して店を出た二人は明治通り~東栄会本町通りを通り「ラーメン二郎池袋東口店」の行列に並んだ。

 

ここも人気店で20人以上の客が並んでいる。

順番を待っている間、女性がふざけながら夫の首や肩を揉んだりしてじゃれ合っていた。

二人は約30分並んで店に入った。

ラーメンを食べた後、夫と浮気相手は手を繋いで池袋駅の方へ歩いた。

二人は東口の大きな横断歩道を堂々と信号無視して渡り駅に入った。

そのあと夫だけ埼京線の大宮方面行き電車に乗り別れた。

別れ際に軽くキスをしていた。

 

 

調査終了後ネットで後楽園のマンションを調べるとウィークリーマンションであることがわかった。

 

そして三回目の浮気調査

前回の調査から8日後、三回目の調査行うことになった。

依頼人(妻)の協力者の女性社員(夫の同僚)によると、3日前浮気相手の女性社員は有給休暇を取ったそうだ。

そしてその日夫は午後から外回りに出たまま直帰していた。

この日浮気相手が実家からウィークリーマンションに引越し、夫も午後から合流したことは容易に想像できた。

 

協力者の女性社員によればこの日の夫のスケジュールは、17時に取引会社を訪問打ち合わせ後に直帰となっていたため、浮気相手の女性を尾行することになった。

ちなみに夫は妻には打ち合わせの後、取引会社の人間と飲むので帰りは遅くなると言っていた。

17時30分探偵二名は勤務先の大手企業を張り込んだ。

 

約2時間半経過

 

浮気相手の女性が通用口を出て最寄地下鉄駅に向かった。

女性は池袋方面行き電車に乗り後楽園駅で降りた。

やはり前回確認したウィークリーマンションに引っ越したようだ。

女性は改札を出るとウィークリーマンションとは反対方向の、「東京ドームシティーラクーア」のエリアに入った。

そしてスーパーマーケット「成城石井東京ドームシティラクーア店」に入り買い物をはじめた。

女性探偵が店内に入って監視を続け、男性探偵は店の外で張り込みを続けた。

浮気の巣ウィークリーマンションで密会をする夫

女性が店に入ってから6~7分経ったあと、店外で張りんでいた探偵が走ってスーパーに入る夫を発見。

夫は店内を見回り浮気相手をみつけて合流した。

二人は肉や野菜をカゴに入れている。

浮気相手が手料理を作るようだ。

買い物を終えた二人は店を出ると文京区シビックセンターの脇を通ってウィークリーマンションの方へ進んだ。

二人はマンションに到着、女性が集合ポストから郵便物かチラシを取りだす。

そしてエレベーターに乗った。

20分後探偵からリアルタイム報告を受けた依頼人妻がわざと用事を作って夫に電話をする。

当然夫は浮気相手女性の部屋で妻と話をすることは出来ないため、マンションの外に出て来てから電話をかけ直した。

 

約2時間経過

 

夫と浮気相手がマンションを出て後楽園駅へ向かう。

女性が手料理を振る舞ったあと不倫行為に及んだことがわかる。

夫と女性は後楽園駅の改札で抱き合ってキスをした後別れた。

telbananew

 

 

 

24時間営業(調査実施)
お電話受付03‐3313‐6899(年中無休09:00~20:00)

banamendan

 

 

 

 

有限会社KEN探偵事務所 東京都杉並区阿佐谷南1‐8‐2

東京メトロ丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅徒歩4分
JR阿佐ヶ谷駅 南口 徒歩12分

 

当サイトに掲載されているすべてのコンテンツ(文章・画像等の情報)の無断転載を禁止します。当サイトから入手したいかなる情報も複製、販売、出版、公開、使用することを禁じます。