現在公開中の是枝監督作品『海よりもまだ深く』で、主演の阿部寛はギャンブル狂で、小説家になる夢を捨てられず、妻子に逃げられたダメ男を演じています。

生活のため探偵事務所で働いていますが、これがなかなかの悪徳探偵で浮気調査対象者と裏取引をして証拠をもみ消すわ、人妻と不倫をしている高校生を恐喝するわと、やりたい放題です。

kentantei-umiyorimo2

悪徳探偵の手口

このような悪徳探偵の裏取引や、不倫証拠をネタにした恐喝は、2007年の探偵業法施行以前は多くありましたが、今は少なくなった印象があります。

今(昔)も多いのは調査をやらずに、やったことにして大金をだまし取る手口です。

たとえば浮気調査を何百万円といった大金で受けながら、現場の建物の写真だけ撮って「旦那さん(妻さん)は現れませんでした」とウソの報告をするというものです。

消費者センターには、年3,600件を超える探偵トラブル相談がきますが、「調査が不十分」というサービスの品質に関する内容がトップです。

映画にも登場する水増し請求

『海よりもまだ深く』で阿部寛が勤める探偵事務所「山辺興信所」の所長リリー・フランキーも悪徳です。

依頼人が帰ったあと、お土産にくれた果物の詰め合わせを見ながら「10日分も水増しされているとも知らないで」と笑うシーンがありますが、この水増し請求は今も多くあります。

勝手に延長して(実際は調査自体やらずに)追加料金を請求したり、「万全のために」と調査員5名分の見積もりを出し何百万円という依頼料を取っておいて、実際には1人を現場に行かせたりします。

このような悪徳行為を、モグリではない探偵業届出をしている業者がやっているのが現実です。

『海よりも~』の悪徳探偵は、調査自体はまじめにやっているのでその点は多少マシですが、現実の悪徳探偵は調査をやらずに水増し請求するので最悪です。

 

ちなみにKEN探偵事務所ではこのようなやらずボッタくりや、水増し請求等の悪徳詐欺行為は一切ありません。

これは口先だけで言っているのではなく、完全透明制、つまり依頼人に可視化を保障する独自システムを敷いており、インチキのしようがないのです。

調査をする探偵が直接お客様を専任担当し、リアルタイム報告、現場同行可能など透明性を担保した独自システムを契約書に書いて保証しています。

騙されないためにはどうすればよい

悪徳探偵事務所にひっかからない為には、会社の規模やホームページのきれいさで選んだり、魅力的なキャッチコピーを真に受けないことが肝心です。

何よりも、途中経過や実際にプロの探偵が契約書にある人数で、真剣に調査をやっていることをリアルタイムでも、完了後の調査報告書でも確認できる、透明性を保障してくれる探偵事務所を選ぶことが大切なのです。(敬称略)

 

KEN探偵事務所は『海よりもまだ深く』に取材協力しています。

映画全体は感動作品ですが、阿部寛さん・リリー・フランキーさんの悪徳探偵ぶりも見ものです。

是非劇場でご覧ください!

 

海よりもまだ深くオフィシャルサイト

http://gaga.ne.jp/umiyorimo/