「探偵業法」タグの記事一覧

警察が探偵事務所に立ち入り

探偵興信所

2007年施行の探偵業法で探偵は年1回の公安委員会(弊社の場合は東京都公安委員会)の立ち入りを受ける義務が定められています。当探偵事務所の立ち入り時のエピソードについて書いています

探偵業法第8条(重要事項の説明等)の解説

探偵業法

探偵業法第8条(重要事項の説明等)の解説ページ。探偵業法が消費者保護の観点から探偵業者に対して依頼人に契約に関する重要事項の説明をするよう義務付けています。口頭だけでなく書面を交付しての説明が義務づけられているその内容について解説します

探偵業法第7条(書面の交付を受ける義務)の解説

探偵業法

探偵業法第7条(書面の交付を受ける義務)の解説のページ。探偵業法第七条で探偵は契約の際に、依頼人から調査結果を犯罪行為や違法な差別的扱い、その他違法行為に利用しないことを書面に残して交付することを義務付けています。その具体的内容について解説しています

探偵業法第6条(業務の実施の原則)の解説

探偵業法

探偵業法第6条(業務の実施の原則)の解説ページ。弁護士や医師は弁護士法や医師法によりそれぞれ特別な権限が与えられていますが、探偵業法によって探偵に与えられる権限は一切ありません。尾行・張込みなどの現場においても何の権限も与えられていない探偵について解説

探偵業法第5条(名義貸しの禁止)の解説

探偵業法

探偵業法第5条(名義貸しの禁止)の解説ページ。探偵業法第5条では名義貸しを禁じています。名義貸しとは自分名義で他人に業務を営ませる行為。なぜ届け出制の探偵業に名義貸し禁止の規定が設けられたのかについて解説します

探偵業法第4条(探偵業の届出)の解説

探偵業法

探偵業法第4条「探偵業の届出」の解説ページ。探偵事務所を開業するには公安委員会に「探偵業をやります」という届出をしなければなりません。この届出を出す窓口と届出証明書を受け取るまでの流れを解説しています

ページの先頭へ

お電話はコチラへ