尾行調査は何も探偵だけの特許でなく、様々な業種の方が仕事で尾行調査を行っています。

たとえば刑事さんや公安、麻薬取締官であれば、容疑者や重要人物を尾行調査して調べ上げます。

週刊誌や新聞の記者などマスコミ関係の方も、対象者を尾行調査して事実を突き止めて記事にします。

他にも地方公務員・国家公務員の方でも、仕事上の必要性から尾行調査をする場合があります。

または仕事ではなく、夫や妻の浮気の事実を確認するために自分での尾行をお考えの方もいるかもしれません。

正直なところ尾行調査は経験のない素人の方には難しいのでお勧めできません。

それは失敗する危険性が極めて高いからです。

ただ、尾行調査について知っておくことは重要です。

尾行がどういうものかを理解しておけば、自分でやるにしても探偵に依頼するにしてもよりベターな判断ができるからです。

今回は、尾行のプロである私たち探偵が、尾行調査のイロハについてまとめてみました。

尾行調査が必要な案件とは?

まず探偵業務の中で、尾行調査が必要な案件を挙げたいと思います。

・浮気調査(不倫調査) 恋人の浮気調査、配偶者の浮気・不倫調査など

・素行調査(行動調査) 夫や妻、子供や孫の素行調査、社員や取引相手などの行動調査

・人探し(家出人探し) 妻や子どもの家出人探し、初恋の人や恩人の人探し

・企業調査(企業信用調査) 取引企業の信用調査

・雇用調査(人事調査) 雇用する人物の調査、人事調査

・ストーカー対策調査  不審者とみられる人物の調査

・社内不正調査(スパイ調査) 社内不正の調査や産業スパイなどの調査

・海外調査 海外での人探し、行動調査、素行調査など調査全般

・ご近所トラブル調査 近隣人物の調査

・結婚調査 恋人、婚約者の人物調査、素行調査

・身元調査 取引する相手の人物調査、後妻業とみられる人物の身元調査など

このように、ほとんどの調査案件に尾行調査が必要になってきます。

優秀で信頼できる探偵社・興信所は、豊富な尾行調査実績を持つベテラン調査員を揃えています。

尾行調査は一人でできるのか?

夫や妻の浮気証拠を抑えるために、自分で尾行調査を行いたいという方もいらっしゃると思います。

配偶者の裏切りに直面し、今すぐにでも証拠を押さえたい思うのは自然な感情だと思います。

ですが計画性のない尾行は失敗に終わるだけでなく、さらにご自身の立場を悪くするリスクが高いのです。

1人で夫または妻の尾行調査をしてバレた時のリスク

まず1人で尾行をすること自体が、非常に見失う可能性が高いと言えます。

対象者は急に走り出したり、振り返ったり進路変更をしたりと予想外の動きをすることがよくあります。

そうなると駅や繁華街などの人通りの多い場所では一瞬にして見失うでしょう。

さらに尾行になれていない素人は緊張して不自然な動きをし、対象者にバレるリスクがあります。

もしバレてしまえば、

「なんでおまえ(あなた)がここにいるのか?」

「私のことが信用できないの?」

などと問い詰められます。

こうなると浮気をする夫や妻は警戒するので、浮気不倫の証拠を撮ることが難しくになります。

また疑われたことを理由に、夫婦関係破綻などと言いがかりをつけられ不利な条件で離婚に追い込まれる危険が増します。

民間企業などの社員が一人で尾行調査をするリスク

民間企業の社員または公務員も仕事上、特定人物を尾行が必要になる場面があります。

民間企業なら取引先の人間や自社の社員の尾行。

公務員の場合生活保護の不正受給者の尾行など。

これらのケースも慣れない方が尾行調査をすることは大変難しく、バレるリスクを伴います。

民間企業であれば尾行が先方にバレて大きく信用を失い、多額の取引を逃すことにもつながります。

役所の方は、不正受給者に尾行がバレれば警戒して尻尾を出さなくなったり、「なんで後をつけるんだ?」と言われてトラブルになりかねません。

尾行調査の手法

尾行調査の手段はおもに、

・徒歩の尾行

・タクシー尾行

・車の尾行

・バイクの尾行

・自転車の尾行

の4パターンあります。

徒歩尾行

徒歩の尾行は探偵の基本中の基本で、これが出来なければ探偵は務まりません。

逆に徒歩尾行ができれば浮気調査でも素行調査などほとんどの調査に対応出来ます。

徒歩尾行は事前に対象者が車を使わず、電車やバス等を利用することが分かっている場合に行います。

対象者が都内の一般サラリーマンの場合、車通勤の人は少ないので大抵は徒歩尾行になります。

タクシ尾行

徒歩尾行中、対象者がタクシーに乗り込むケースもありますが、そんな時はこちらもすぐにタクシーを拾って尾行します。

対象者がタクシーを探す素振りを見せたら、先に探偵がタクシーを拾うのです。

言うまでもなくタクシー尾行は運転手の腕しだいですが、KEN探偵事務所の経験では大体成功します。

それは運転が上手い運転手さんが多いことと、探偵が二手に分かれて2台のタクシーで尾行して成功率を上げているからです。

車両尾行

車の尾行は、前もって相手が車で動くことがわかっている場合に行います。

車両尾行はくっつきすぎると相手に気付かれるし、距離を開け過ぎると見失うため、尾行する探偵にはドライブテクニックが求められます。

対象者の車が信号を突っ切った後すぐ赤信号になってしまえば、対象者の車に一気に距離を離されて見失う確率が高くなります。

信号近くになったら赤信号で離されないようあらかじめ距離をつめたり、場合によっては相手の進路を読んだうえで追い越すこともあります。

バイク尾行

探偵は中型バイク免許が必須です。

それは対象者の車が高速道路に入る可能性があるし、排気量の大きい加速力の高い車の場合一気に距離を空けられるため原付バイクでは万全でないからです。

バイクは、混雑した道路を走る車を尾行するとき機敏性があり大変便利です。

車両尾行にくらべ対象車両を見失いにくく、バレにくいというメリットがあります。

ただしバイクは事故を起こしやすい面があるので車同様、探偵にはドライブテクニックが求められます。

自転車尾行

自転車の尾行は予め対象者が自転車に乗ることが予測される場合に事前に用意します。

基本的には対象者と同じタイプの自転車を用意します。

たとえば対象者がマウンテンバイクのようなスピードの出る自転車に乗っているのに、探偵の方は折り畳み自転車では追いつけないからです。

長距離移動の場合見失ってしまします。

尾行調査をするときの服装

私たち探偵が尾行調査を行うときの服装は、目立たない服装を意識します。

派手な色やデザインに特徴のある服装は、印象に残りやすく一度対象者の視界に入ると覚えられてしまうリスクがあります。

一度覚えられてしまい、何度も振り返って確認され事態になったらもう尾行は失敗です。

このような結果にならないよう、地味な服を来た上で印象の違うジャケット(リバーシブルだとなお良い)をまず用意します。

その他の変装グッズとして、

・眼鏡やサングラス(2つ~3つ)

・帽子(3~4つ)

・髪を結わくゴムやシュシュ

・マスク

・ストール(数種)

・ネクタイ(数種)

・マフラー(リバーシブルを2種類)

などが挙げられます。

すばやくジャケットや小物を使い、調査員の雰囲気をガラッと変えることを意識しています。

もちろん、テレビドラマでのように、付け髭をつけるといったようなコテコテな変装はしません。

履く靴はラバーソウルかシューズ。

どちらも黒や茶など地味な色のものを選びます。

革靴やヒールなど足音が聞こえる靴は原則禁止です。

尾行調査成功のポイント

尾行調査の成功に必要なポイントはいくつもありますが、その中でも特に重要なものを3つ紹介します。

男女ペアは不可欠な要素

尾行の対象者は、当然われわれ探偵の存在を知らずに行動します。

尾行場面も出勤時だったり、退社時だったり、帰宅途中の買い物、浮気相手と密会して食事をしたり、ホテルに入ったりと様々です。

無意識に振り向いたり、進路変更したり、突然赤信号無視して道路を渡ったりもします。

このような予測不可能な動きをする対象者の尾行調査をするために、私たちKEN探偵事務所の探偵は基本的に「男女2人ペア」で尾行を行っています。

男女2人ペアであれば、対象者を見落とす可能性は低くなり、対象者がラブホテルに入った時も、客のフリをして中に入れます。

また尾行前の張込み時に、男二人より男女二人の方が、周囲の人間から不審に思われにくいというメリットもあります。

探偵の立ち位置

尾行中は対象者のすぐ近くに一人が、もう一人は少し距離を空けて尾行する場面が多くあります。

ただし人通りの少ない道では探偵は二人とも、若干距離を空けて尾行し、逆に人の多い駅などの雑踏では一気に距離を縮め対象者のすぐ後ろにくっ付いて尾行します。

尾行しながら、近くの調査員は隠しカメラで撮影し、離れた場所の調査員はあれば望遠カメラで対象者を撮影します。

対象者が何度も振り向く癖があり、近くの調査員が数回視界に入ったと予測される場合は、タイミングを計って、遠くの調査員と入れ替わり尾行を継続します。

尾行中に心がけていること

尾行中は当然対象者を見失わないように集中して行います。

ただし対象者を見失わないことと同時に大事なことは、気配を消して尾行に気づかれないようにすることです。

あからさまに熱意を出して尾行すると、その熱気が気配となり相手が敏感な対象者なら気づかれる恐れがあるからです。

優秀な探偵は常に全く知らない他人を装い、たとえばエレベーターなど狭い個室で対象者と二人きりになったとしても、けっして緊張することなく何食わぬ顔でその場面を切り抜けます。

探偵は役者とは別の意味で演技力が求められる仕事と言えます。

尾行調査のまとめ

このように人を尾行することは大変むずかしく、経験とスキルを要することがご理解いただけたと思います。

しかも尾行調査は尾行だけが目的ではありません。

尾行による事実確認だけではなく、証拠となる写真やビデオ撮影までが最大の任務です。

プロの探偵は、困難を伴う尾行をやりながら、相手にわからないように証拠を撮らなければなりません。

対象者は探偵にとってそう都合よく動いてはくれないのです。