もしあなたの配偶者、つまり夫もしくは妻が浮気・不倫をしている疑いがあるとしたら、一体どうしたらよいでしょうか。

最初はショックで動揺することでしょう。

裏切られた思いで、夜も寝れない日々が続く方も多いと思います。

なんでこんな辛い思いをしなければならないのか、自問自答するかもしれません。

しかしあなたが悩んでいる間にも一日、一週間、一か月と経ち、あなたを裏切っている配偶者(夫もしくは妻)は浮気相手(不倫相手)との密会を楽しみ、不貞行為を繰り返しています。

浮気疑惑が浮上したときの心構え

あなたの配偶者(夫または妻)がもし浮気しているとしたらどのように対処すべきでしょうか?

いきなり不幸のどん底に突き落とされたあなたは、どうしていいのかわからず、精神的に大きなダメージを受けることになります。

しかも早い段階でいずれかの決断しなければなりません。

このいずれかの決断とは、

「このまま放置するか」

「浮気の証拠をとり、裏切った配偶者と浮気相手に制裁をくわえるか」

の二つに一つです。

放置も一つの選択ですが、結局は泣き寝入りということになることが多いので賢明ではありません。

浮気という裏切り行為があった以上、配偶者(浮気した夫または妻)であっても戦う姿勢が必要です。

離婚するにしても結婚生活を継続するにしても、自分の幸せをつかむのはあなた自身なので、「戦って自分自身で道を切り開く」というような強い気持ちを持った方が状況が好転しやすいと思います。

浮気の兆候とは?

夫の浮気にせよ妻の浮気にせよ必ずと言ってよいほど兆候があります。

浮気の兆候は異変とも言い換えることができるでしょう。

そしてこの異変は日常生活の中で注意していれば割と簡単に気づきます。

例えば、

・リビングなどに無造作に置いていた携帯(スマホ)を急に持ち歩くようになった。

・急に携帯の暗証番号を変えた、指紋認証をつけた。

・仕事の残業が急に増えた。

・いきなり泊まりの出張が増えた。

・土日の休日も仕事で出かけるようになった。

・金遣いが荒くなった。

・家族との会話が減った。

・下着や服装が派手になった(夫も妻も)。

・化粧が派手になった(妻の場合)。

・こどもの相手をしなくなった(主に夫)。

・こどもの話(将来のことなど)に興味を持たなくなった(主に夫)。

・携帯の履歴を消すようになった。

・しょっちゅうメールやLineを気にしてみるようになった。

・車の中が今までと違って整理されていたり、助手席の位置がかわっていた。

・夫婦で性交渉をしなくなった。拒否されるようになった。

・Yシャツに口紅がついていた(夫の場合)。

・明らかに家族のでないキスマークがついていた。

・実家によく泊まりに帰るように勧めるようになった(夫の場合)。

・実家によく泊まりに帰るようになった(妻の場合)。

・急に週末友人や昔の同級生とのつきあいが増えた。趣味などで外出することが多くなった。

など、夫または妻のちょっとした変化から浮気の兆候を見つけ出すことができます。

参考ページ

「増加する妻の不倫!信頼できる不倫調査」

・妻の浮気(不倫)がわかるチェックポイント

増加する妻の不倫!信頼できる不倫調査

自分でできる浮気の証拠集め

ただし、いくら「浮気」の疑いが出て来たとしても肝心の証拠がなければ、相手はしらばくれます。

浮気夫あるいは浮気妻は、ただ問い詰めただけでは浮気を白状することはありません。

殆どの人間は証拠が無い場合自分を正当化するからです。

浮気のトラブルは戦いです。

戦いである以上、あなたは浮気の証拠を集めて第三者が見ても明らかに相手に非があることを証明しなければなりません。

そこで、まず自力でできる「浮気の証拠集め」をまとめてみたいと思います。

ただしここで言う証拠はあくまで間接的な証拠になります。

・浮気相手とのメールやLineのやりとり

・浮気相手とのツーショット写真(写メ)

・クレジットカードで支払ったホテル代の明細

・パソコンの検索履歴

・浮気疑惑の日に帰ってきてから部屋のゴミ箱に捨てたレシート

・怪しいと思った日のカーナビの履歴

このように浮気・不倫の間接的証拠となるものは気をつけてチェックすれば、あらゆるところに出てきます。

しかし、離婚調停や離婚裁判で第三者に確実に「浮気の証拠」として認められるのは、浮気相手と浮気している写真や動画、浮気相手と明らかに浮気していると推測できる写真や動画など直接的で確証的な証拠になりますので、最終的には「尾行による浮気証拠撮影」が必要になってきます。

自力で浮気の現場を撮影するのは可能か?

カーナビの履歴や位置検索で浮気・不倫の密会場所(ラブホテルや浮気相手のマンションなど)がある程度予測出来る場合、その密会場所を張り込み、浮気をしている二人が現れたところを撮影することは、自力でできるかもしれません。

ただし、長時間の張り込みとなると忍耐力が必要になります。

また慣れない張り込みですと、近隣の住民から不審に思われ通報されることも懸念されます。

そして張り込み以外に尾行調査が必要となるケースでは、経験のない方が自分の配偶者を尾行し浮気の証拠撮影をするというのは大変難しいとい言えます。

対象者はただ単に前を向いて歩くだけではありません。

急に後ろを振り向いたり、立ち止まったり、信号無視して道路を渡ったり、走って電車に飛び乗ったりします。

ちょっと振り向いただけで、配偶者がつけていればすぐにバレてしまいます。

また変装しても「怪しい人」だとすぐ勘づかれるリスクが高いでしょう。

ただし何事も例外はあります。

KEN探偵事務所の依頼人の中には、予算の関係で夫の浮気調査を数日分依頼し証拠が撮れた後は自分で変装をして調査をした女性がいます。

彼女は夫にバレることなく尾行に成功しました。

このように生まれつき調査センスを持った人も稀にいます。

ちなみに彼女はのちにKEN探偵事務所の所長にスカウトされて今も探偵として活躍しています。

運を味方にできるかどうかはあなた次第

今まで様々な浮気・不倫の相談を受けてきましたが、浮気調査が成功し、依頼者が希望する最大限の結果を出せる方と、残念ながら配偶者の裏切りに対し、泣き寝入りする方と二つのパターンに分かれます。

どのような方が前者になるかと言えば、「現実を受け入れ、裏切った配偶者と徹底的に戦う」覚悟を決めた方のほうがいい結果を生んでいます。

後者は、「優柔不断」であったり、「自分に落ち度があったのではないか」と自信のない方が目立ちます。

このような方は、浮気をした配偶者に付け入る隙を与えてしまい、配偶者にばかり強運がついてしまいます。

本来、裏切り行為を起こしたのはあなたでなくパートナーの方なので、自分を責める必要は全くありません。

自分自身が幸せな人生を歩むためにも覚悟を決めて、戦うことをお勧めします。

信頼できる探偵業者は見極めが重要

あなたが裏切った配偶者と戦うと決断したからには、自分でできる浮気の証拠集めを徹底的にやり、あとは信頼できる探偵社に浮気調査を依頼しなければなりません。

しかし、この「探偵業界」は悪徳の多い業界であるので、探偵社の見極めは大変重要です。

泣きっ面にハチとならぬよう、冷静に「優良探偵社」を探すことが将来の幸せにつながると思います。

 

KEN探偵事務所は安心して依頼できる業界唯一の『完全透明制』探偵事務所です。

『完全透明制』とは「本当に誠実に調査してくれるのか?」というお客様の不安を解消し「透明性」を保証したシステム。

高い調査力とモラルを持つ探偵事務所にしかできない弊社独自考案システムです。

詳しくはこちらのトップページ目次をご覧ください

 

KEN探偵事務所では無料相談(年中無休)を受け付けています。

今すぐお電話ください!

telbananew

 

 

24時間営業(調査実施)
お電話受付03‐3313‐6899(年中無休09:00~20:00)

banamendan

 

 

 

 

有限会社KEN探偵事務所

住所:東京都杉並区阿佐谷南1‐8‐2

東京メトロ丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅徒歩4分
JR阿佐ヶ谷駅 南口 徒歩12分

当サイトに掲載されているすべてのコンテンツ(文章・画像等の情報)の無断転載を禁止します。当サイトから入手したいかなる情報も複製、販売、出版、公開、使用することを禁じます。