駅電車の尾行

東京都内・首都圏の行動調査は、対象者が会社や自宅を出たあと駅に向かうケースが多いです。

今回は弊社探偵が行っている電車・駅の行動調査についてお話しします。

電車移動が多い東京の尾行

東京都内の行動調査で対象者が車を使わない場合、移動手段の大半が電車。

東京は交通機関が発達しており大抵の場所へ電車で行けるからです。

たまにタクシーやバスを使う対象者もいますがそれは少数派。

したがって勤務先や自宅建物を出た対象者が向かう先は大抵が駅。

駅へ向かう対象者を尾行する探偵

尾行スタート時、私たち探偵は対象者との距離を空けて尾行しますが、駅が近くなるまでには自然な形で距離を縮めます。

それはゆっくり駅に向かっていた対象者が、急に走り出して改札に向かうことがあるからです。

たとえば電車がスグ到着することが判ったようなときがそう。

探偵は距離を空けられ見失わないよう素早くついて行かなければいけません。

今の時代SuicaやPASMOでスムーズに改札口を通れるのでその点は楽。

SuicaやPASMOは調査開始前に十分な金額をチャージしておきます。

対象者が自動券売機に向かった時は、いくらの切符を買ったかあるいはチャージするのかを確認します。

切符の場合何円の切符を買ったのかをチェックしておけば、対象者が近場か遠くへ出かけるのか予想がつくからです。

最近は切符を買うケースがめっきりりましたが。

想定外に対応する探偵~一瞬の判断力と敏捷性

想定外対処 探偵

探偵の現場では頻繁に想定外のことが起きますが、駅や電車の尾行現場も例外ではありません。

その事例を紹介します。

猛ダッシュしてドアが閉まる寸前の電車に・・・

対象者がドアが閉まる寸前に電車に飛び乗ることはよくあります。

以前東京メトロの小さな駅でも対象者の女性が飛び乗ったことがありました。

女性が地下鉄の階段を下りると小走りになったので、弊社探偵も距離を空けられないよう付いて行きます。

すると前方改札の向こうに電車がドアを開けて待っているのが見えました。

すでに発車ベルも鳴っています。

女性が改札に向かってダッシュしたので、一気に女性を追い抜いて先に改札に入り、正面ではなく斜向かいのドア前で一瞬立ち止まる弊社探偵。

間髪入れず改札を入ってきた女性が正面のドアに飛び乗ろうとしたので、同時に弊社探偵も隣のドアから飛び乗りました。

ドアに挟まれかけたので本当に間一髪。

このとき改札で先回りをせずに後ろから尾行していたら、女性より1秒遅れて飛び乗るのでドアが閉まるのに間に合わなかったでしょう。

電車に乗る寸前にUターンする対象者・・・尾行に気づかれた?

対象者がホームで電車に乗る寸前、急にUターンしてダッシュしたことがありました。

一瞬尾行に気づかれたのか?とも思いましたが、弊社探偵は慌てることなくダッシュする対象者を走って尾行。

対象者は一度も振り向くことなく、隣りホームのエスカレーターを駆け上がって到着したばかりの電車に乗りました。

探偵もその電車に乗って尾行を継続しこの行動調査も成功に終わりました。

対象者は探偵の尾行に気づいて逃げたのではなく、隣ホームに早く目的地に着く快速列車が来るのを知って慌てて移動しただけだったのです。

しかも一目散に隣ホームへ走ったため、後ろから猛スピードで追っかけて来る探偵のこともまったく気づいていませんでした。

もし探偵が、対象者がUターンしたときに「気づかれた!」と思い、ダッシュする対象者を追わなかったならそこで尾行は失敗に終わっていたでしょう。

弊社探偵の冷静な判断と俊敏な行動が、調査を成功に導いた事例です。

信号無視して横断歩道を・・・

対象者が駅に急ぐとき、横断歩道を通らないで車道を横断したり、信号無視して横断歩道を渡ることがあります。

そんなときは私たち探偵も車にはねられないよう注意を払いながら尾行。

依頼人からの事前情報で、対象者が頻繁に車道を横断したり信号無視することがわかっているようなケースでは、対象者が駅近まで来たタイミングで探偵の一人が追い抜いて改札口に先回り。

そうすれば対象者が信号無視しても、探偵が一緒に危険を冒さなくて済みます。

あとは先回りした探偵が尾行をキープしもう一人の探偵は青信号になったらダッシュして追いつくだけ。

改札に入ると思いきや・・・探偵の判断力

以前、アフター5の夕方、四谷の勤務先から不倫をする夫を尾行したことがありました。

この対象者は新宿駅で降りた後西口改札を出てヨドバシカメラへ。

そのあと対象者は、再び新宿駅西口へ戻り改札近くで急に駆け足になりました。

対象者が改札口に入るのかと思いきや立ち止まり、逆に改札口から出てきた浮気相手の女性と合流しました。

この時に慣れていない探偵でしたら、対象者が改札へ急ぐのを見て隣の改札から先に入ってしまうようなシチュエーションでした。

もし探偵が判断を間違えて改札口を入っていたら対象者を見失っていたでしょう。

何故なら改札を入って電車に乗らずに引き返す場合、そのまま改札を出られません。

外に出るには駅員にSuicaの清算してもらう必要がありますが、それをしている間に対象者は新宿駅の人混みに紛れて消えます。

このように探偵は一瞬の判断力・敏捷性と行動力が求められます。

探偵の顔を見られない位置

車両 張込み

車両の中での私たち探偵は、対象者のいる場所に応じて張込み位置を決めます。

〇対象者がつり革をもって立っている場合

〇対象者がシートに座っている場合

〇対象者がドアの前に立っている場合

大抵はこの3パターンに分かれますが、いずれにしろなるべく対象者から探偵の顔が見えない場所に位置するようにします。

頻繁に正面から探偵の顔が見られる位置にいるとと、いくら乗客を装っていても対象者の記憶に残るリスクがあるからです。

下車して尾行に移ったときに、「あれ?さっき同じ車両にいた人に似ている」と思われないよう、極力視界に入らない位置を選ぶことが肝心。

空いている車両は特に注意

車両がガラガラに空いてる場合、原則隣の車両から対象者を張込みます。

弊社探偵は監視しているという気配を消して、たまたまそこに乗り合わせた乗客を演じることができます。

だから同じ車両にいても怪しまれる可能性は低いのですが、万一に備えて隣の車両、連結部の窓から対象者を見張ります。

もしも対象者が鋭い観察力の持ち主だった場合、尾行を察知される恐れが無いとも言い切れないからです。

車内が空いていて隣の車両から見られる状況なのに、わざわざ相手の視界に入って姿をさらすことはしません。

満員電車の場合

満員電車の中では対象者のすぐ後ろに立たないと、下車して尾行するときに混雑したホームや階段で引き離されます。

また対象者の後ろにくっ付いても、ぎゅうぎゅう詰めの中で後を振り向くことはほとんど無いので顔を見られることもありません。

満員電車のシートに対象の不倫カップルが座るようの場合は、探偵がその真ん前に立ち至近距離から隠し撮りすることもあります。

大抵のカップルはお互い見つめ合って話をしていることが多いので、スキルを持つ探偵であれば気づかれることはありません。

たまたま見上げたとしても下のアングルから見た探偵の顔しか見えないので、下車したあと変装を替えれば尾行に気づかれることはないのです。

満員電車の尾行で離れてしまった場合

駅ホームに上がった対象者が発車寸前の電車に飛び乗ることがあります。

そのときの状況によっては、探偵が対象者と同じドアから乗られないこともあります。

当然、別のドアから電車に乗った探偵と対象者との距離が空きますが、満員電車の場合すぐに対象者のいるドアへ移れません。

また満員の乗客の陰になって対象者が見えなくなることも。

それでは電車が駅で停車したとき、対象者が降りたか降りていないかを瞬時に確認できなくなります。

このような状況で対象者の姿が目視できなくなった場合は、電車が駅で停車するたびに探偵が一旦ホームに降りて対象者が降りるかどうかを確認します。

対象者が降りなかった場合、素早く対象者のいるドアに移動して乗車。

あとは対象者の直近で見張り、電車を降りたら尾行を続けます。