予備調査

私たち探偵は、相談者から浮気調査や人探し調査などの依頼を受け、張り込みや尾行調査、聞込み調査を行います。

その際に、「マルタイ(対象者)を間違いなく面取りできるかどうか」が最初の重要ポイントになります。

では会ったこともない対象者を現場で認識し、張り込み・尾行をどのように成功させるのか?

そのカギは「予備調査」にあります。

予備調査とは本調査の前に先駆けて実施する事前調査のことです。

今回は探偵が調査を成功させるために行う予備調査について解説します。

的確な聞き取りでマルタイ情報を頭にインプットする探偵

まず依頼者から対象者の詳細情報を聞き取って「調査指令書」に記入します。

もちろん対象者の最近の写真も提供してもらいます。

この調査指令書と本人写真をもとに私たちプロ探偵は尾行・張込みを行います。

「調査指令書」はこれから実施する現場調査の重要な「手掛かり」。

「調査指令書」が「予備調査」の大半を占めていると言ってもいいでしょう。

ではその調査指令書の中身とは?

対象者の基本情報

まず当たり前ですが、対象者の名前・住所・電話番号・家族構成・勤務先住所・近所であれば親の住所など依頼人が知っている基本情報。

それ以外の情報として外的なデータと内的なデータがあります。

この外的なデータと内的なデータを出来る限り最初の段階で聞き取りします。

外的データと内的データ

まず外的データですが、一目でわかる外見的特徴のことです。

対象者の身長・体重・体格(痩せているか、太っているか)・メガネの有無・服装・カバンや持ちもの・頭髪(髪型)・靴などになります。

内的なデータは見た目だけではわからない情報。

歩き方・癖・飲酒・たばこ・好物(好きな食事やお店)・趣味・習い事・車の免許の有無&運転の癖など。

さらに交友関係、地域活動(ボランティア)の参加有無、その他。

このように出来る限り情報収集して調査指令書に記載します。

いかに情報を聞き出せるかは探偵の力量次第

情報収集

情報を聞き出すのは探偵の重要な仕事のひとつ。

人探しや結婚調査、素行調査、ご近所トラブル調査、不動産調査などさまざまの調査項目において「聞き込み」があります。

浮気調査でも場合によっては「聞き込み」が必要な場面も出てきます。

ではどのように話せば相手から情報を取ることができるのでしょうか?

他人に情報を教えてもらうためにはまず信用されなければなりません。

怪しいそうな人物に情報をくれる人はいないし、そもそも相手にしてくれないでしょう。

信用してもらう要素として話し方や身なり、そしてその調査員がもっている雰囲気や経験が影響してきます。

また信頼を得られたとしても要領を得ない質問をしたのでは、有益な情報を聞き出せません。

その要領を得た的確な質問が出来るためにも、予備調査は重要なのです。

つまり予備調査が不十分であれば手掛かりの乏しい現場調査となり、良い結果を期待できなくなるのです。

10年前の写真しかない場合の面取り

調査成功

対象者の写真が10年前のものしかないケースもあります。

その対象者が成人した方であれば、10年~20年といってもそれほど影響はありません。

ですが中には体形や容姿が変わる場合もあります。

そのようなときどのように面取りをすればいいのでしょうか?

内的データが生きてくる

仮に10年で20kg太ってしまい、一見別人のような対象者がいるとします。

ですが体型が変わったとしても、予備調査で知り得た変わらない情報をしっかり頭にインプット。

張り込み場所から瞬時に出てくるマルタイを確認します。

例えば

○身長

○歩き方(そそくさと早歩きなのかゆっくり歩くのか。)

○ガニ股か内股か。

○耳の形や目と目の間隔、鼻や口つき。

○手足のバランス。

○そして全体の印象。

対象者が未成年者の場合は?

対象者の写真が10年前の小学3年生の時のものしかない場合。

身長も体重も大きく変わるので見た目はかなり変化があります。

普通に考えれば面取りは大変難しいものになるでしょう。

ではどのように対象者の面取りを行っているのか?

そこでプロの探偵調査員の調査の一例を紹介します。

対象者は10年前に別れた娘

以前娘が小学3年生の時に妻と離婚した男性からの調査依頼がありました。

この男性は昔浮気をしたことが理由で、10年前に妻と離婚しました。

そのときに娘は9歳の小学3年生。

子供に愛情があったものの、自分の浮気が原因で離婚したため、元妻からも子どもに会うことは許してもらえませんでした。

ですが娘のことが気がかりで、理解のある妻の母親(元義母)から時々様子をうかがっていました。

一年前に元妻が他の男性と再婚し、娘は東京の大学に入学すると同時に都内で一人暮らしを始めました。

依頼者の男性は娘が真面目に大学生活を送っているのか心配で、当探偵事務所に娘の行動調査を依頼しました。

成長して容姿がと大きく変わっているケース

9才から19歳の大学生に成長。

パッと見はかなり変わっていることが想定されますが、

このようなケースでも、

○耳の形や目と目の間隔、鼻や口つき

○手足のバランス

○全体の印象

などで対象者を特定します。

参考までに母親や父親、どちらに似ているのか、兄弟姉妹がいればその写真もあれば参考にもらいます。

また芸能人・有名人で誰に似ているのか、タイプも聞き取りも実施。

このような情報収集によって、子供の頃の写真しかなくても成人した本人を認識することができます。

このケースにおいても、一人暮らしをしているマンションの玄関から対象者が出てきたところを瞬時に面取りし、一日の行動調査を成功させることが出来ました。

これも綿密な予備調査なくして成功できないことです。

尾行中、万が一見失ってしまったら?

長年現場を経験しているプロの探偵調査員でも様々な不可抗力で対象者を見失う場合があります。

それは、「尾行」とは「相手に知られずに」後をつけるものだからです。

対象者の至近距離をピッタリと張りついて尾行すれば、見失うことはないかもしれませんが確実に気付かれます。

「尾行」がバレてしまえば元も子もないのでそんなことはできません。

プロの探偵調査員は、尾行中には相手に知られないように近づいたり離れたり、状況に応じて距離を変えていきます。

そのある一瞬で、混雑した人混みに対象者が一瞬消えることも想定しなければなりません。

短時間で発見する探偵の嗅覚

万一見失った場合でも慌てず出来るだけ短時間で対象者を探し出すようにします。

雑踏の中でも、対象者の歩き方の癖や雰囲気を抑えていれば、目線をワイドビジョン(視界を広げる)にして対象者を見つけることが可能になります。

また対象者がパチンコ好きであれば近くのパチンコ屋の中を探したり、喫煙者であれば近くの喫煙所や路地を確認することで発見できることも。

その他近くのコンビニに入ったかどうか、喫茶店か、銀行ATMかと可能性の高いところを徹底的に調べます。

見失うのは一瞬のこと。

なので対象者も遠くには行っていないので、可能性の高い場所を一気に調べまわると発見するケースも多いのです。

右か左か、対象者がどちらに曲がったがわからない場合でも探偵の直感で、曲がった方を当ててで発見することも少なくありません。

このような直感の冴えも「予備調査」の細かい情報があればこそ発揮できるのです。