世間にはさまざまな詐欺がはびこっていますが交通事故絡みの保険金詐欺もそのひとつです。

被害額が高額なケースが多くやり口も大変悪質です。

KEN探偵事務所では保険会社様や個人法人のお客様を問わず、保険金詐欺調査も引き受けております。

交通事故保険金詐欺のケース

幹線道路、一般道路、高速道路、住宅地の路地などあらゆる場所で交通事故は起きます。

もし交通事故に遭い怪我を負えば被害者は当然保険金請求を行いますが、中には無傷や軽傷なのにこれ幸いと多額の保険金をだまし取る人も少なくありません。

 

追突事故や接触事故絡みの詐欺

追突された被害者は自動車保険で車両の修理金など請求することが可能です。

しかし中には、被害者本人はほとんど無傷であるにもかかわらず、むち打ちなどを訴えて長期にわたって治療費を請求する者。
仕事に復帰できないと言って不当に休業補償を請求する者。

このようなケースは追突事故や接触事故絡みの詐欺の一つと言えます。

 

当り屋詐欺

自転車ごと突っ込むケースや、人がそのまま車に倒れかかるケースなどなど。

運転手が「向うが突っ込んできた」と主張しても、共犯者の目撃者が「車が悪い、徐行していなかった、車が注意していなかった」など嘘の証言をする場合もあります。

車と歩行者が接触事故

歩行者が怪我を負ってしまったが、明らかに歩行者の過失責任があるにも関わらず、嘘の証言によってドライバーが全面的に責任があるとされてしまうケース。

歩行者の過失責任が認められるケースとしては、

「歩行者が信号無視したことによって起こった事故」

「歩行者が横断歩道のない道を横断したことによった起こった事故」などがあります。

このケースは最初から「保険金詐欺目的」の場合と、自分の責任からできるだけ逃れたいとあと嘘をつく場合とがあります。

車と歩行者の過失割合と虚偽証言

車(車両)には危険回避義務があるので基本的には歩行者が優位です。

それは車と人の接触事故は、歩行者の方が大怪我を負ったり死ぬリスクが大きいからと言えます。

接触事故の責任として車が100%と見なされますが、もし歩行者の方にも過失があれば当然考慮の対象です。

 

たとえば下記の場合過失割合に影響がでます。

・横断歩道がない道などで車道に歩行者が侵入して事故を起こした場合は、歩行者にも過失割合が発生するケース。

・歩行者が明らかに信号無視をしたり路上で寝たりと明らかに過失がある場合、車と歩行者の過失割合は五分五分になることもあります。

 

交通事故保険金詐欺は刑法の対象

刑法では、詐欺が発覚した場合の罰則を最大で10年以下の懲役としています。

当然、交通事故による保険金詐欺行為も刑法の対象です。

 

刑法 2編37章

(詐欺)

第246条

第246条

1 人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。

2 前項の方法により、財産上不法の利益を得、または他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。

 

(準詐欺)

第248条

未成年者の知慮浅薄または人の心神耗弱に乗じてその財物を交付させ、または財産上不法の利益を得、もしくは他人にこれを得させた者は、10年以下の懲役に処する。

Web六法全書より引用

 

ベテラン探偵が交通事故保険金詐欺調査を実施

KEN探偵事務所では経験豊富なベテラン探偵(キャリア9年以上)が交通事故詐欺調査を担当します。

怪我で病院通いをしているという相手を探偵が尾行したところ、ピンピンして趣味のスポーツを続けているというケースもあります。

下記以外のケースもお気軽にご相談ください。

本当に怪我をしているのか探偵調査

車の接触事故によってむち打ちや腰痛、外傷を負ったなどの理由で、長期にわたって治療費や休業補償を請求するケース。

KEN探偵事務所では、

対象者が本当に仕事が出来ない状態なのか、

怪我の程度(歩けないのか、首が回らないのか)など、

素行調査(尾行・張込み・証拠撮影)を行い、事実を突き止めます。

「車が徐行していなかった」など証言をした目撃者は対象者と共犯である場合もあるので、目撃者と対象者との関係性も調べます。

これは行動調査や聞き込みで調査が可能です。

 

当たり屋の証明・仮病かどうかを探偵調査

まず対象者が本当に大怪我を負ったのかどうかを素行調査で調べ上げます。

また自転車や歩行者側から本当に突っ込んだかどうか聞き込み調査を実施。

 

事故相手の虚偽証言を探偵調査

車が徐行していなかったと証言をした目撃者は対象者と共犯の場合もあるので、目撃者と対象者との関係性も調べます。

これは、行動調査や聞き込みで判明することが可能です。

車と歩行者が接触事故において双方の言い分に食い違いがある場合で、相手が嘘をついて責任から逃れようとするケースはよくあります。

自動車と歩行者の過失割合を決めるにあたって相手の嘘が通りそうな場合、事実を突き止めるための調査が可能です。

聞き込み、素行調査により相手の嘘を暴きます。

 

交通事故保険金詐欺調査のまとめ

このように交通事故による保険金詐欺や虚偽の証言などにより、不当な損害賠償請求を受けてしまうケースは後をたちません。

責任がまったくない方は慰謝料を支払う必要はありません。

交通事故保険金詐欺調査をお考えの方はお気軽にお電話ください。

KEN探偵事務所では無料相談(年中無休)を受け付けています。

今すぐお電話ください!

telbananew

お電話受付03‐3313‐6899(年中無休09:00~20:00)

調査実施は24時間可能です

banamendan

主な調査項目

浮気調査素行調査人探し結婚調査
身元調査盗聴発見対ストーカー企業信用調査
スパイ対策海外調査ご近所トラブル事故物件調査
筆跡鑑定交通事故保険金詐欺ボディーガード

有限会社KEN探偵事務所

住所:東京都杉並区阿佐谷南1‐8‐2

電話:03-3313-6899

東京メトロ丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅徒歩4分
JR阿佐ヶ谷駅 南口 徒歩12分

お問合せフォーム

当サイトに掲載されているすべてのコンテンツ(文章・画像等の情報)の無断転載を禁止します。当サイトから入手したいかなる情報も複製、販売、出版、公開使用することを禁じます。