行動調査初動注意点

探偵事務所の業務で一番多いのが浮気調査。

この浮気調査は素行調査と同じく『行動調査』のカテゴリーに入ります。

そして行動調査の中核となるの要素が尾行と張込み。

~尾行とは、相手の行動を探ったり監視したりするために、気づかれないようにあとをつけて行くこと~(goo辞書)

人の後をつけて行くことは誰でもできますが、相手に気づかれないようにつけて行くとなると、口で言うほど簡単ではありません。

同じく張込みも、ただ見張れば良いというものないのです。

そこで今回は、弊社探偵の行動調査初動注意点の中から4つをピックアップして解説。

またそれを念頭に、探偵に向かない人のタイプをいくつか紹介します。

行動調査初動注意点

初動注意事項4つピックアップ

張込み中に対象者の写真を見てはならない

弊社探偵は張り込み中に対象者の写真や調査指令書を見ることを極力控えます。

それは張り込んでいるときに、偶然対象者の関係者が通りかかることがあるからです。

たとえば不倫夫の勤務先を張込んでいるとき、我々探偵の横を通り過ぎた人がその勤務先に入っていくという場面は珍しくありません。

それは営業から戻った社員や取引相手などの関係者です。

そのような場面で探偵が対象者の写真を確認しているのを見られたら大変。

その人が対象者に「表で不審な人間があなたの写真を見ていたよ」と伝えれば、張込みをしていることがバレてしまいます。

そのような失敗をしないために、弊社探偵は事前に対象者の顔写真と調査指令書の内容を完全に記憶して現場に臨んでいます。

個人名や名称を口にしない

張込み中に対象者の名前や勤務先などの名称を口に出すことも厳禁。

たとえば探偵同士で「(対象者)○○氏は人事部長」とか「この(勤務先)〇〇〇社の社員は50人らしい」というような会話をするのはアウト。

また「もうそろそろかな」「なかなか出て来ないな」など、第三者が聞いたときに見張っていることがわかるような会話も厳禁です。

理由は①と同じ。

探偵は常に「誰に聞かれているかもしれない」ということを忘れてはいけません。

調査していることを絶対に悟られないために。

写真と一致しないから他人とは限らない

探偵は張込み先から出て来きた人が事前情報や一見写真と一致しない場合も、拙速に「対象者じゃない」と決めつけてはいけません。

例えば写真や調査指令書では「ロングヘア28歳女性」だったとしても、調査当日は髪を切りショートヘアになっているかもしれません。

あるいは服装が派手という情報でも当日は地味な場合もあります。

写真も調査指令書も参考資料であり、対象者が『髪を切ったら』、『日に焼けていたら』、『眼鏡をかけたら』、『地味な服装だったら』、『太っていたら』、『痩せていたら』などあらゆる可能性を想定して注意深く面取りすることが大切です。

調査対象者と目が合っても慌てない

張込み先を出てた対象者を面取りしたら尾行に移ります。

対象者の動きは早歩きだったり、ゆっくり歩いたり、振り向いたり、Uターンしたりと様々です。

探偵はその動きに対して「動揺したり」また「悟られずに」尾行を続けなければなりません。

万一尾行中に対象者と目があったときに焦ってはいけません。

慌てて目をそらしたりするとかえって不自然です。

目が合ってもあくまでも自然体で対象者の近くのものを見ているフリをするか、「何見ているんだろう、この人」ぐらいの態度を取ることが肝心。

そのあと対象者の視界からそれたら、一旦パートナーの探偵に尾行を任せその間に上着を別のものに着替えたり、帽子を変えたり髪を結わいたり、メガネをかけるなどして印象を変えます。

対象者に調査を気づかれないようにするためには、度胸と演技力が必要です。

探偵に向かない人

探偵に向かない人

行動調査の初動注意点を4つ解説しましたが、次にそれが出来ないであろう探偵に向かない人のタイプをいくつか紹介します。

自信過剰な人

自信過剰な人、または派手な人は個性が強く出やすく目立つので、尾行中に対象者に気づかれる可能性が高いです。

又自信過剰で調子に乗りやすい人は張込み中に連れの探偵と対象者のことを話すとき、個人名や張込み先名称をうっかり言いかねません。

挙動不審な人

説明するまでもなく、挙動不審な人は目につきやすいので尾行には不向きです。

張込み中も同様です。

もしも近隣の人間に通報されたら警察が来て調査できなくなります。

緊張して過剰に揚がってしまう人

尾行中に対象者が振り向いて目があってしまったような時に、緊張して固まってしまう人は尾行に向きません。

またそういうタイプは尾行がバレることを過剰に心配して距離を開けすぎて、すぐに対象者を見失ってしまいます。

それでは探偵として成立しません。

美人の場合は?

美人は単純に人目を引きやすく目立つので探偵に向かないのでは?と考えがちですが必ずしもそうではありません。

もちろん素の美人のまま行動調査に臨めば目立ち、対象者に気づかれるでしょう。

しかし適切な変装や演技そして気配を消すことが出来ればその心配はいりません。

これらのスキルがあれば美人であっても対象者の印象や記憶に残らないので、探偵は成立します。

まとめ

探偵に依頼をする場合、あなたの調査案件を担当する探偵が以上の内容をクリアしているかが重要です。

クリアしていれば成功を期待できます。

もしクリアできていない探偵ならば調査は失敗に終わります。

お金だけ払って悩みも問題も解決できなかったという結果になるでしょう。

そうならないためには相談に行った探偵や相談員に上記を念頭にした質問をぶつけ、本物かどうかを見極めることが肝心です。