今年は年明けからベッキーとゲスの極み川谷、自民党の宮崎謙介議員に桂文枝師匠と、不倫ネタが世間を賑わせました。

その数ある不倫ニュースの中でも探偵の私が面白いと思ったのは乙武洋匡さんのニュースでした。

乙武さんは週刊新潮の突撃取材にあっさり不倫を認め、これまでに5人の女性と不倫したことを告白しました。

そして乙武さんが自身の公式サイトに謝罪文と一緒に、奥さんの謝罪文を乗せたことで「妻に謝罪コメントを出させるなんてサイテー」と批判が集中し炎上する結果になりました。

このスキャンダルが原因で夏の参議院選で乙武さんを擁立しようとしていた自民党も、結局擁立をあきらめました。

kentantei-dummy

注目すべきは浮気隠しの”ダミー”の存在

探偵の私はこの乙武さんの浮気スキャンダルについて、もっと注目してもらいたい別のポイントがあります。

それは”ダミー”の存在です。

ダミーとは本物に似せて偽装した、実際には機能を持たないもの(wikipediaより)という意味です。

乙武さんはヨーロッパへ不倫旅行した際、カモフラージュするためにダミー用の男性スタッフを雇って同伴させていたそうです。

このダミーを用意することで奥さんには男性スタッフたちと、あるいは男女スタッフと視察旅行に行ったと言っていたようです。

※追記 このダミーの中の一人に社会学者の古市憲寿氏がいたと作家の山本一郎氏が発言しています。

 

実はこのダミーはKEN探偵事務所が手がける浮気調査にもよく登場します。

例えばある夫は浮気相手と駅で待ち合わせたあと居酒屋に入りましたが、しばらくするとそこに男の友達が加わりました。

その日は土曜日で夫と浮気相手女性と男友達の3人で深夜0時過ぎまで飲みました。

そして男友達と別れたあと、二人きりになった夫と浮気相手は繁華街のラブホテルに泊まりしました。

翌日、夫は妻に「友達の○○と一緒に飲んだあと家に泊まらせてもらった」と堂々と嘘をつきました。

ダミーがいれば「何をしていたの?」、「どんな話題で盛り上がったの?」と妻に訊かれても、浮気相手の女性のことは触れずに、ダミーとのやり取りの部分だけ話せばいいので、あまり動揺することなく嘘が付けます。

途中まで友達と一緒だったことは事実なので、不倫夫や妻にとってダミーはアリバイ作りにもってこいの存在と言えます。

友達と会うと言って外出外泊した妻や夫が、その様子をしどろもどろにならずに具体的に話したからといっても、このような裏があるケースは多いのでご注意ください。

telbananew

 

 

 

24時間営業(調査実施)
お電話受付03‐3313‐6899(年中無休09:00~20:00)

banamendan

 

 

 

 

有限会社KEN探偵事務所 東京都杉並区阿佐谷南1‐8‐2

東京メトロ丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅徒歩4分
JR阿佐ヶ谷駅 南口 徒歩12分

 

当サイトに掲載されているすべてのコンテンツ(文章・画像等の情報)の無断転載を禁止します。当サイトから入手したいかなる情報も複製、販売、出版、公開、使用することを禁じます。