探偵 東京 ストーカー対策調査
KEN探偵事務所が、あなたを様々なタイプのストーカーから守ります。

生命・安全・安心の確保、ストーカーの特定。

証拠撮影、交渉、制圧、現行犯逮捕、警察への引渡しなど。

あなたのご希望と、ケースに応じて適切なストーカー対策をおこないます。

ストーカー被害でお悩みの方は、今すぐKEN探偵事務所にご相談ください。

東京および全国対応です。

有限会社KEN探偵事務所 東京都杉並区阿佐谷南1‐8-2

さまざまなストーカー案件に対応

探偵 東京 ストーカー対策調査

ストーカーのほとんどが、元交際相手、友人、知人・同僚・仕事の顧客・近所の住人などの顔見知りです。

「桶川女子大生ストーカー殺人事件」、「長崎ストーカー殺人事件」、「逗子ストーカー殺人事件」、「三鷹女子高生ストーカー殺人事件」、「館林ストーカー射殺事件」の犯人は、いずれも元交際相手でした。

また、耳かき店の女性従業員とその祖母が犠牲となった「新橋ストーカー事件」。

スナックの従業員が犠牲になった「大阪ストーカー殺人事件」。

いずれも犯人は常連客でした。

一方、まったく面識のない人間がストーカーの場合もあります。

偶然被害者を見かけ、一方的に思いを募らせてストーカーになるパターンです。

ストーカー行為の中身

ストーカー行為の内容もさまざまです。

つきまとい、面会・交際の強要。

監視、待ち伏せ、脅迫。

汚物等の送り付け、器物損壊。

暴力行為、中傷ビラまき、侵入、盗聴等々。

最悪の場合、先述のように悲惨な殺害事件に発展することもあります。

KEN探偵事務所は、1999年の創業から、多くのストーカー案件を処理してきました。

豊富な実戦経験で得た確かなノウハウ。

護衛セキュリティを含む、強力なストーカー対策であなたを守ります。

対応エリアは東京&全国。

東京の事務所から全国へ出張します。

地方の方もお気軽にご相談ください。

ストーカーの心理を探偵が分析

ストーカー被害は増加傾向にあります。

どうして、ストーカー事件はこれほど頻繁に起きるのでしょうか?

それは、ストーカーになりやすい人が増えたからです。

ここでは、KEN探偵事務所が扱った数多くのストーカー案件や、ニュースになったストーカー事件をもとに、「ストーカーになりやすい人の心理」を分析してみましょう。

ストーカーと被害者の関係

まず、警察に被害届を出した、被害者とストーカーとの関係について確認します。

2018年の警視庁データーによると、「元交際相手」が全体の46.4%でほぼ半分です。

続いて、「職場関係」16.5パーセント、「知人関係等」が14.6%の順。

そして「面識のない者」は9.1%。

つまり全体の約85%が面識のある者によるストーカー行為になります。

引用 警視庁 ストーカー事案の概況

ストーカーになりやすい人とは?

では、どのような人がストーカーになりやすいのでしょうか?

弊社の経験則と、ストーカー事件の情報を元にまとめました。

自己愛が強く自分中心

まず、自己愛が強すぎて自己中心的な人が多いです。

プライドが高ため、自分の気持ちを拒絶されると、一気に逆上してしまう傾向にあります。

このタイプの人は、相手の気持ちを尊重する余裕も器もありません。

「こんなに好きなのに、何でわかってくれないんだ」というように、自分の気持ちを押しつけることしかできません。

そして、拒絶されると自尊心が傷ついて逆恨みするのです。

相手を抑圧する

自信がないため、恋人が趣味やスポーツを始めることにも大反対し、束縛しようとします。

会社の飲み会に参加するだけでも、「浮気するのか!」、「男と会うんだろ!」など激高することも。

他人に恋人を奪われるのでは?思い込みで、被害妄想が強くなり、相手の行動をどんどん制限してしまいます。

元は相思相愛でも、抑圧された側は恋愛感情もなくなります。

そして、別れ話をすると相手がストーカーになるのです。

キレやすい性格や完璧主義な性格

自分の思い通りに物事が進まないと、すぐキレたり怒ったりする人も、ストーカーに多く見られるタイプです。

とくに、彼女が自分の思うように動いてくれないと怒ったり、暴力を振るうようなタイプ。

自己中なので、その自分の価値観を押し付けてきます。

いわゆるモラハラタイプ。

そして、その自分の願望が叶わないと一気に感情が爆発します。

好きな人に去られると大変なショックを受け、「自分はこんなに傷つけられた」と、異常なまでに被害者意識を増幅させるのが特徴。

復讐心を抱いて極端な行動に出ることも少なくありません。

ストーカー規制法だけでは命を守れない

2000年5月18日、第147回通常国会においてストーカー規制法が成立し、同年11月24日から施行されました。

この法律は、ストーカー行為等の処罰など、必要な規制と被害者に対する援助を定めています。

しかし、この法律が処罰を恐れないストーカーに対して、効果が無いのは明らかでしょう。

それは、ストーカー殺人事件の事例を見ればわかります。

警察の対応だけでは不安なあなた。

今すぐKEN探偵事務所にご相談ください。

誠実かつ強力に対応します。

ストーカー対策は探偵業届出・警備業認定が必要

多種多様なストーカー案件に対応するには、探偵業届出と警備業認定を受ける必要があります。

たとえば、ストーカー対策の過程で犯人の尾行や張込みが必要な場合、探偵業の届出が必要。

それは、尾行・張り込みは法律で探偵業務と規定されているからです。

また、身辺警護を手段とするストーカー対策は、法律で警備業に規定されため警備業認定が不可欠。

警備業認定証・探偵業届出証明書

KEN探偵事務所は、東京都公安委員会から警備業認定を受け、探偵業届出を済ませているストーカー対策業者。

警備業認定は1999年の創業時に、探偵業届出は2007年の業法施行日に行っています。

安心してご相談ください。

武道格闘技有段者・テロ対策専門家の探偵によるストーカー対策

KEN探偵事務所のストーカー対策は、空手黒帯有段者でキックボクシングプロライセンスを持つ、所長自身が対応します。

ストーカーから依頼人を、完全に守るためには、知識ノウハウ+強靭な体力精神力が必要。

もし、ストーカーが‐ナイフや凶器で襲ってきた場合、「実力」で阻止できなければ依頼人を守れません。

そして、その実力を身につけるため最低限必要なのが、武道格闘技の訓練です。

もし、武術訓練が必要ないというのであれば、警察が柔道剣道を必修科目にするはずがありません。

それは、日本と世界の警察が、武術格闘技訓練を実施しているのを見てもわかります。

銃を持てる警官でさえ必要なのに、丸腰の探偵に武術格闘技が必要ないわけがありません。

しかし、現実には武道有段者はごく少数というのが、わが国探偵業界の現状です。

それは、真に凶悪ストーカーから依頼人を守れる探偵が、ほとんどいないことを意味します。

KEN探偵事務所の所長は、武道格闘技に加えカパプという戦闘術をマスターしています。

カパプは、イスラエル特殊部隊の戦闘術。

銃やナイフで武装した、テロリストを制圧する為に開発された対テロ用格闘技で、世界の警察や軍隊が採用しています。

武道格闘技有段者・テロ対策専門の探偵によるストーカー対策

また所長は、自衛隊幹部OBを中心とする対テロNPO法人、NBCR対策推進機構認定テロ対策専門資格者です(正式名称:NBCRE危機管理士)。

テロ対策のノウハウをストーカー対策に転用し、より安全かつ効果的ストーカー対策を行います。

ストーカー対策のご依頼は、確かなスキルと強さを備えた真のプロフェッショナル、KEN探偵事務所にご相談ください。

ストーカー対策おまかせください!

今現在、ストーカー被害に遭われている方は、すぐ所轄の警察署へ「被害届」を出してください。

もし、相手へ警告するだけで身辺警護までしてもらえない場合は、すぐKEN探偵事務所へご相談ください!

ストーカー対策料金

150,000円~見積もり

消費税・交通費別

KEN探偵事務所では無料相談(年中無休)を受け付けています。

今すぐお電話ください!

telbananew

 

 

お電話受付03‐3313‐6899(年中無休09:00~20:00)

調査実施は24時間可能です

banamendan

 

 

 

 

主な調査項目

浮気調査素行調査人探し結婚調査
身元調査盗聴発見対ストーカー企業信用調査
スパイ対策海外調査ご近所トラブル事故物件調査
筆跡鑑定交通事故保険金詐欺ボディーガード

有限会社KEN探偵事務所

住所:東京都杉並区阿佐谷南1‐8‐2

電話:03-3313-6899

東京メトロ丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅徒歩4分
JR阿佐ヶ谷駅 南口 徒歩12分

お問合せフォーム

当サイトに掲載されているすべてのコンテンツ(文章・画像等の情報)の無断転載を禁止します。当サイトから入手したいかなる情報も複製、販売、出版、公開使用することを禁じます。