探偵と警察の関係

明智小五郎、金田一耕助など小説や映画の探偵。

または「土曜ワイド劇場」など二時間ドラマに出て来る探偵は、警察と一緒に殺人事件を調べたりします。

しかし、現実には探偵が警察と一緒に捜査することはありません。

刑事事件の捜査は公務員である警察の仕事であり、民間人の探偵が介入する余地はないからです。

ただし、探偵と警察にまったく接点がないかといえばそうでもありません。

探偵と警察の接点とは

探偵と警察の最大の接点と言えば『探偵業届出』でしょう。

2007年に施行された議員立法『探偵業法』で、開業にあたって各都道府県公安委員会への届出が義務付けられました。

そして、この公安委員会の窓口は全国の警察署です。

たとえば、杉並区阿佐谷で探偵事務所を開業しようと思えば、所轄の杉並警察署の生活安全課へ届出を出す必要があります。

年一回探偵事務所へ立ち入り

また届け出だけでなく、年に1回所轄警察署による探偵事務所への立ち入りもあります。

これは、その探偵事務所が探偵業法に違反することなく、まっとうに営業をしているかどうかを、警察官が直接探偵に確認するといったもの。

もしも、必要な書類の交付(依頼人との)や手続き等を行っていないような場合、営業停止や廃業の処分を受けることになります。

この探偵業の届出手続きと年1回の立ち入り検査が、探偵と警察の最大の接点と言えると思います。

探偵業務の実態調査

『探偵業法』絡みでもう一つ、探偵と警察の接点であります。

それは、毎年1月に行われる『探偵業務の実態調査』。

※この実態調査は令和元年から廃止になりました。

これは、警視庁から送られてくるアンケート用紙に回答し提出するものです。

送り主は桜田門の警視庁ですが、提出先は所轄警察署の生活安全課(昔でいう”防犯課”)。

このアンケートでは、

・探偵事務所の営業年数

・依頼件数

・売り上げ

・調査員の数

・浮気調査

・人探し

・盗聴発見調査

など、提供している探偵調査サービスの種類、個人情報の取り扱い、調査員の教育実態等々について質問されます。

即日提出するKEN探偵事務所

私は、この用紙が届いたらその日のうちに記入して、杉並警察署へ持って行くようにしています。

法令を守り、まっとうに営業していれば10分で済む質問内容ばかりだからです。

逆に法令違反をしたり、届け出だけで営業実態のない探偵業者は、嘘を記載したりつじつま合わせをしなければならないので大変だと思います。

当探偵事務所は、毎回迅速に書類を提出するので、生活安全課の刑事さんに「こんなに几帳面なのはKEN(探偵事務所)さんだけですよ」と褒められたことも。

ちなみに、杉並警察署は当探偵事務所から徒歩4分の便利な場所にあります。

探偵が犯罪捜査に協力?

最初に小説や映画とちがい、探偵が警察と”一緒に殺人事件を捜査することはない”と書きました。

しかし、探偵が犯罪捜査に”協力する”ことはありえます。

実際にKEN探偵事務所も、警察の犯罪捜査に協力したことがあります。

”警察の犯罪捜査に協力”と書くと、物凄いことのように思うかもしれませんが、要は警察の聞き込みに協力しただけで大した話ではありません。

事件現場の近隣住民が、警察の聞き込みに協力するのと変わらない話しです。

警察が探偵事務所に世田谷一家殺害事件の聞き込み

2001年の2月頃、刑事二人が当探偵事務所を訪ねてきました。

その2ヵ月前に発生し、社会を震撼させた「世田谷一家殺害事件」についての聞き込みです。

一瞬、自分が疑われているのかな?とも思いましたが、事件当夜のアリバイを訊かれることはなく容疑者にはなっていませんでした。

弊社に聞き込みに来た理由は、犯人が探偵を雇って被害者の個人情報を調べた可能性があったからでした。

刑事二人に「被害者の身辺調査などの依頼を受けなかったか?」、「事件について(探偵業者間で)噂話を聞いたことはないか?」などと質問されました。

弊社は、そのような依頼も噂も聞いたこともなかったので、大した協力にはなりませんでした。

むかし探偵と呼ばれていた刑事

昔は刑事のことを”探偵”と呼んだ時代がありました。

言うまでも無く、刑事は警察官で公務員です。

その公務員”探偵”に対して、公務員ではない民間の探偵を私立探偵と呼ぶようになったのです。

映画や小説では、私立探偵が警察以上の活躍をするので捜査と聞くと探偵をイメージする人がいるのでしょう。

しかし、私立探偵は民間人と変わりはなく、警察に協力すると言っても聞き込みや情報提供する程度のことです。

少なくとも、探偵が公式に警察の捜査に加わるということは無いと言えます。

凄惨な殺害現場の状況

このときの刑事の聞き込みは、途中から私の方から刑事に質問する流れになりました。

そのため、当時(今でも?)マスコミでは報道されていなかった、世田谷一家殺人事件の具体的な犯行状況を知りました。

そのあまりの凄惨さに戦慄が走りました。

同時に犯人に対する怒りが込み上げたのを覚えています。

また、被害者の方々があまりにかわいそうでなりませんでした。

あれから丸15年経過しましたが、いまだ犯人検挙にはいたっていません。

今年こそは犯人逮捕を期待したいと思います。

KEN探偵事務所では無料相談(年中無休)を受け付けています。

今すぐお電話ください!

telbananew

 

 

お電話受付03‐3313‐6899(年中無休09:00~20:00)

調査実施は24時間可能です

banamendan

 

 

 

 

主な調査項目

浮気調査 素行調査 人探し 結婚調査
身元調査 盗聴発見 対ストーカー 企業信用調査
スパイ対策 海外調査 ご近所トラブル 事故物件調査
筆跡鑑定 交通事故保険金詐欺 ボディーガード

有限会社KEN探偵事務所

住所:東京都杉並区阿佐谷南1‐8‐2

電話:03-3313-6899

東京メトロ丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅徒歩4分
JR阿佐ヶ谷駅 南口 徒歩12分

お問合せフォーム

当サイトに掲載されているすべてのコンテンツ(文章・画像等の情報)の無断転載を禁止します。当サイトから入手したいかなる情報も複製、販売、出版、公開使用することを禁じます。