KEN探偵事務所が取材協力した、現在公開中の映画『後妻業の女』のパンフレットを入手した。

6月にマスコミ向け試写で見た時はプレスシートの配布だけで、パンフレットは販売されていなかったからだ。

nagase3

濱マイクを観て探偵になった・・・嬉しいですね

遅ればせながらパンフレットを見ると、探偵本多役の永瀬正敏さんがインタビューの中で私について触れていたので驚いた。

nagase

「実は今回本多(永瀬さんの役名)が使っている小道具を貸して頂いた本物の探偵さんはマイク(永瀬さんの私立探偵濱マイクシリーズ)を観て探偵になられたんだそうです」

「こいうのは嬉しいですね」

nagase2

私が探偵業界に入ったのは1996年だった。

そしてちょうどその前後に公開されていたのが林海象監督・永瀬正敏主演『私立探偵濱マイクシリーズ』だった。

 

第1弾 『我が人生最悪の時』 1994年公開

第2弾 『遥かな時代の階段を』 1995年公開

完結編 『罠 THE TRAP』1996年公開

 

私がはじめて濱マイクシリーズを観たのは1995年、『我が人生最悪の時』と『遥かな時代の階段を』のビデオだった。

派手なファッション、こだわりの愛車(古いオープンカーのクラウン)、映画館の中にある探偵事務所という輪郭のはっきりしたキャラクター設定は松田優作の『探偵物語』以来のインパクトだった。※『探偵物語』で松田優作演じる探偵工藤の事務所は古いレンガ建ての病院(旧同和病院)の最上階にあり、愛車はスクーターのベスパ。

「探偵になりたい」という夢を実行に移す準備をしていた私はこの『私立探偵濱マイク』から大きな影響を受けてビデオで繰り返し観た。

 

96年に私が探偵業界に入ったあと劇場公開された『罠 THE TRAP』は渋谷のパルコで観た。

当時この作品のサウンドトラックを買ってテンションの上がるテーマ曲を繰り返し聴いては、独立開業に向けてモチベーションを上げたものだ。

それから3年後の1999年10月7日ついに私は探偵事務所を設立したのだった。

松田優作の『探偵物語』が私の探偵の原点なら、永瀬正敏の『私立探偵濱マイク』は私が探偵事務所を開業する起爆剤、最後の一押しをしてくれた作品だった。

※余談だが林海象監督作品で佐野史郎主演の探偵映画『夢見るように眠りたい』も名作だ。

今年で私は探偵歴20周年。

その記念の年に探偵事務所開業の最後の起爆剤になった『私立探偵濱マイク』の永瀬正敏さんが新たに探偵役をやり、その映画に私が協力することになったのだ。

不思議な因縁を感じる。

所長

telbananew

 

 

 

24時間営業(調査実施)
お電話受付03‐3313‐6899(年中無休09:00~20:00)

banamendan

 

 

 

 

有限会社KEN探偵事務所 東京都杉並区阿佐谷南1‐8‐2

東京メトロ丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅徒歩4分
JR阿佐ヶ谷駅 南口 徒歩12分

 

当サイトに掲載されているすべてのコンテンツ(文章・画像等の情報)の無断転載を禁止します。当サイトから入手したいかなる情報も複製、販売、出版、公開、使用することを禁じます。