バスの尾行

東京都内や神奈川は鉄道網が非常に発達しています。

そのためこれら首都圏の行動調査では対象者の多くが電車を利用します。

一方、電車に比べると少ないですがバスを使う調査対象者もいます。

電車に比べて車内が狭く乗客の数も少ないため、対象者に気づかれやすいというリスクがあるのがバス。

今回はそのリスクを踏まえて、KEN探偵事務所がどのようなやり方でバス尾行を行っているかをご紹介します。

行動調査対象者がバスに乗るパターン

バス利用のパターン

東京都・首都圏の尾行対象者がバスで移動するケースについて説明します。

勤務先・自宅が駅から遠い

行動調査の尾行開始場所の多くは対象者の自宅か勤務先。

東京都内の場合、そこから出て来た対象者のほとんどが駅に向かいますが、自宅や勤務先が駅から離れている場合バスに乗ることが多いです。

たとえば東京23区でも、山手線圏内から西側(JR中央線・西武新宿線・西武池袋線・京王線・小田急線などのエリア)は、武蔵野線&南武線まで行かないと南北を結ぶ路線がありません。

その不備をカバーするためこのエリアには、路線バスがたくさん走っています。

自宅や勤務先がこのエリアに有り駅から徒歩圏内でない場合、対象者の多くはバスを利用しています。

密会相手と会う場所の都合

普段は自宅や会社近くの駅を利用している対象者でも、相手と会う場所によってはバスを利用することも。

電車よりバスで行った方が早い場合がそれです。

ken探偵事務所の事例で言えば、江古田に住んでいる対象者(浮気夫)が、バスで不倫相手に会いに行ったことがあります。

それまでは西武池袋線江古田駅から池袋まで行って不倫相手に会ったり、池袋から山手線に乗り換えて西日暮里で会ったりしていました。

ところがこの日は、自宅から徒歩8分の江古田駅には行かずに自宅近くのバス停に向かった夫。

そして関東バスに乗った夫は中野駅前で降りて、総武線に乗り吉祥寺で下車し浮気相手と合流。

江古田から吉祥寺へ行くのには池袋線や大江戸線は遠回りになり、バスで中野経由が最も早いルートだからでした。

バス乗車時~探偵の尾行

バス停 探偵 張込み

相手がバスに乗車するときの尾行について解説します。

バスが到着しているとき

停留所にすでにバスが到着しているようなとき、対象者は乗り遅れないよう走るでしょう。

当然、後ろからつけている探偵も走ってバスに乗り込みますが、このとき勢いよく走っても弊社探偵は怪しまれることはありません。

それは対象者と同じように、バスに乗り遅れまいとダッシュする乗客を演じるからです。

もし「ドタドタ走ると尾行に気づかれるのでは?」と躊躇して走って追わなかったら、バスが発車して置いて行かれます。

それでは探偵は務まりません。

ここは大胆に行ってよい、否、行くべきシチエーションです。

大胆に行くべき時に行けない、気の小さい人に探偵不適格。

弊社探偵は堂々と対象者の後ろについて、運転席横の読み取り機にSuicaをタッチして乗車します。

これまで尾行に気づかれたことは一度もありません。

バス停で待つとき

停留所で対象者がバスを待っている場合、探偵は少し離れて対象者の死角から状況を見ます。

対象者しか停留所に人が居ない場合後ろには並びません。

なぜならば通常バスの乗客は、後ろを向いてバスが来るのを見ながら待つからです。

そのときすぐ後ろに探偵がいたら、対象者の印象に残るかもしれません。

だから弊社探偵は対象者の後ろには並ばないで、バスが来たのを見計らってからバス停に進み対象者のあとについて乗車。

ただしバスを待つ対象者の後ろに他の乗客が並んでいる場合は、その乗客の後へ並びます。

その乗客を盾にし、対象者の視界に入らないようにして待ちバスが着いたら乗車します。

ただし雨天で屋根のないバス停の場合は、傘をさしていれば探偵の姿全体を見られにくいので、すぐ後ろに並ぶケースもあります。

また晴天でも道幅の狭い道路にあって死角が無いようなバス停の場合、離れた場所で対象者を見ていたのではかえって目立つので普通に後ろに並びます。

そしてバスが来る方を見て、対象者の視界にはこちらの後ろ姿しか入らないようにします。

発着点のバス停

駅前バスターミナルなど発着点の場合、バスの乗車口が開いてから数分間は発進しません。

アイドリング禁止のため運転手はエンジンも切ります。

この状態のバスに対象者が乗っても、探偵はすぐには乗車しません。

しばらく外からバス車内の様子を確認します。

それは、何らかの理由で発車前に対象者がバスを降りる可能性がゼロではないからです。

たとえば、不倫相手の都合で密会場所が変わり電車で行くことになった場合など、対象者はSuicaやpasmoを清算して下車します。

もし探偵が同乗していたら慌てて清算して対象者を追うことに。

そうなるとどうしても対象者の印象に残りやすく、また清算している間に距離が空いて駅の人混みに紛れた対象者を見失います。

また発車時間を待っているバスに早く乗れば、空いてる場合対象者の視界に入ってしまうでしょう。

相手の視界に入っても弊社の探偵はそのあと変装を替えて対応できますが、極力リスクを負わないようにするのが鉄則。

そのため運転手がエンジンをかけたのを確認してからバスに乗車します。

バス車内の張込み

バス車内 張込み

対象者を尾行してバスに乗った探偵が、どの位置から対象者を監視するのかお話しします。

バス内の張込み位置は空いてるか混んでいるか、バスのタイプによって幾通りものパターンがあります。

今回はその中から3つ紹介しましょう。

対象者より後ろに座る探偵

混んでいないバスの場合、弊社探偵は対象者のあとをつけてバスに乗ったら、原則対象者より進行方向後に行って見張るのが基本。

その方が対象者の動きがよく見えるからです。

対象者が降車ボタンを押したり、降りる準備をしたり、すでに浮気相手など第二対象者と一緒ならその様子も確認しやすいでしょう。

また対象者の視界に入らないで済みますし、証拠の隠し撮りも容易。

前にしか位置できない状況においても、弊社探偵は任務を遂行するスキルを持っていますが、出来るだけ対象者後ろをキープするようにしています。

後に座れない場合

対象者より後ろの席が空いていなかったり、対象者が最後部に座った場合は探偵は当然前方に位置することになります。

弊社探偵の場合座席が空いていれば、バス後部から見て降車口より手前に座ります。

そこに座ればバスが停車するたびに後ろを振り向いて、対象者が降りるかどうか見なくて済むからです。

毎回振り返るのは不自然であり目立ちます。

降車口手前に座れば不自然な行動をしなくても、バスが停まり対象者が自分の後ろから脇を通ったら、そのあとをつけて降車すればよいのです。

満員の場合は

車内の込み具合によっては対象者より前に位置せざる負えないこともあり、その場合は前から対象者の動きを確認したり、隠し撮りします。

バスの車内が混んでいる場合は降車口の近くに位置します。

それは対象者がいる位置によって(座っている場合も立っている場合も)、降りる準備が見えるときと見えない時があるから。

降車口近くにいれば降りようとする動きが見えない場合でも、直前に対象者を認知することができスムーズに尾行へ繋げます。

想定外を無くす探偵~その事例

徒歩、車、電車、タクシーなどの尾行と同様に、バス尾行もあらゆる状況に対応しなければ調査は成功できません。

そのため、弊社探偵は常にリスクを想定して事前対処します。

その事例を一つ紹介しましょう。

一つ手前の停留所からバスに先乗りした探偵

依頼人のご主人は週末出張が多い方でした。

ある日、妻の携帯メール(2006年の事例)を見たら浮気をうかがわせる内容のやり取りを発見。

それはご主人が出張予定の今週末、その男性と中野で会う約束をしている内容でした。

ご主人から依頼を受けた弊社探偵は当日の夕方、対象者の自宅を張込み開始。

自宅は三鷹駅と調布駅の中間にあり駅から遠いので、対象者妻は路線バスに乗り三鷹経由で総武線に乗り中野へ行く可能性が高いと思われました。

張込みを開始して1時間程経つと妻が自宅の戸建を出ます。

浮気相手とのメールから待ち合わせ時間がわかっていたので、予想の範囲内の時間でした。

ご夫婦にお子さんはいないので自宅は完全に留守状態に。

この自宅はバスが通る道から400mほど入った道沿いに有りました。

バス停まで徒歩で5~6分かかります。

人気が無い住宅街なので対象者が用心深い人であれば、バス停に着くまで後ろから歩いてくる探偵の姿を記憶される可能性がありました。

そこで探偵のうち一人が、対象者が外出する15分前に場所を離れて最寄りより一つ前のバス停に移動しました。

万一、妻が用心深く後ろからついてくる探偵二人を警戒したら、尾行ができなくなる危険があったからです。

そこで二手に分かれた方が、もし警戒が強い場合の保険になると考えました。

そうすれば妻の警戒で尾行が難しい場合、尾行している探偵はバスに乗るのを中止してやり過ごし、あとは先にバスに乗っている探偵が尾行を引き継げます。

残った探偵は次のバスに乗り追いかけて三鷹か中野で追いつく、そして変装を替えて尾行に合流する段取りでした。

しかし実際には、妻は尾行に気付きませんでした。

気配を消し尾行を続ける探偵は、一つ手前のバス停にいる探偵に携帯で動きを伝えました。

そして妻が停留所に着いたのを確認してからしばらくすると、一つ手前の停留所にバスが来たので探偵は乗車して後部座席に座ります。

バスが妻が待っている次の停留所に着くと妻が乗ってきました。

その後ろから尾行している探偵も乗車。

その後、順調に尾行を続け妻と浮気相手の不倫場面の証拠撮りし行動調査は成功しました。

結局、警戒はされませんでしたがこれは決して取り越し苦労ではありません。

行動調査の成功には相手を見失わずについていくこと、尾行に気づかれないことが絶対です。

どちらかに引っかかれば調査は失敗。

もちろん不可抗力はあります。

でも尾行に気づかれるかもしれないからと言って距離を空け過ぎてすぐに見失ったり、本当に警戒されたらやり過ごせばいいというのでは探偵失格。

そうならないための最大限の備えをするのがプロの探偵です。

このバス尾行の事例もその一例。

この場合、結果として対象者は警戒しませんでしたが、自宅の立地条件と停留所までの距離・時間を考えた場合、相手によってはそのリスクは有得たわけです。

備えあれば憂いなしで、ken探偵事務所は常に先読みしてリスクに備えています。