探偵事務所のクライアントは夫や妻の浮気に苦しんでいる方が大半を占めています。

不倫問題に直面して「どうしていいかわからない」と悩んだ末「悩みを放置出来ない」、「事実を確認して証拠を得たい」という思いを抱いて探偵事務所に相談に来られます。

浮気調査を依頼しないと大変なことに

被害者にとって夫や妻の浮気は辛く、恐ろしく、目を背けたい行為です。

ですが確実に言えることは浮気の事実を確認して証拠を押さえておかないと、さらに悲惨な状況に追い込まれる恐れがあるということです。

パートナーを裏切って、他の異性と不貞行為を繰り返している夫や妻が正直に浮気を認めることはありません。

人間は誰でも自分を正当化したい性質があるので、自分の立場が危いと思えば嘘をつき通します。

だから浮気の証拠がないと、性格の不一致などを理由に夫や妻が離婚を迫ってきても太刀打ちできません。

慰謝料も取れない上に、制裁も与えられないまま離婚することになりかねません。

浮気調査をやらずに放置した場合以下のようなリスクがあります。

証拠が無いと不利な離婚をする危険が

専業主婦であるAさんは、夫の携帯メールから夫が若い女性と不倫をしていることを発見。

夫の裏切りに打ちひしがれていましたが、夫との関係を修復しようと思い、最初は何も知らないふりをしていました。

するとある日、夫の方から「離婚して欲しい」といきなり切り出されました。

浮気が本気になったのです。

Aさんは「別れることは出来ない、あなたが浮気しているんでしょ?」と攻め立てても、

夫は「浮気はしていない」「お前は頭がおかしい」言ってと断固として認めず、逆にAさんとの「性格との不一致」や「家事の不履行(いいがかり)」、など言い立てて、このままでは仕事に支障が出るとまで言いました。

また夫の親(Aさんの姑)は、息子である夫からAさんの悪口ばかり吹き込まれていたので、全面的に夫の味方で取り付く島がありませんでした。

離婚調停でも散々嘘をつかれ、当初は修復を希望したAさんでしたが、精神的に疲れて果ててしまいました。

「不倫の証拠」もなく誰も信じてくれないので、最後は気持ちばかりの「和解金」を受け取り、離婚に調印しました。

夫に裏切られながら反省させることも、自分の名誉と権利を認められることもなく十分な慰謝料をもらうこともできないまま別れたのです。

泣き寝入りしないために

探偵事務所に浮気調査を依頼して証拠を手に入れておけば、相手がどう出て来ても有利に動け、自分の権利と名誉を守ることができます。

浮気の証拠をしっかり揃えておけば、離婚する場合は有利な条件(慰謝料・財産分与・養育費・親権など)が得られます。

また関係修復を希望する場合も夫や妻に浮気を認めさせ今後二度としない旨の「公正証書」を作り、不倫相手に慰謝料請求が可能です。

離婚するにしても離婚しないにしても、やはり「浮気の証拠」を掴んだ方のほうが、新しい人生のいい再スタートが切れるケースが多いです。

ただし探偵事務所選びは慎重に

浮気の問題を解決するためには探偵事務所に調査依頼することが不可欠と言っていいと思います。

ただしどこの探偵事務所に依頼しても浮気の証拠が撮れると思ったら大間違いです。

探偵業界の8割は悪徳業者もしくは調査力のない素人業者と言われています。

大金を支払って契約してもズサンな調査で証拠が得れない、または調査自体やらずに捏造報告するなど酷い目に危険が高いのです。

優良探偵の選び方は本サイトのトップページをご覧ください。

KEN探偵事務所では無料相談(年中無休)を受け付けています。

今すぐお電話ください!

telbananew

お電話受付03‐3313‐6899(年中無休09:00~20:00)

調査実施は24時間可能です

banamendan

主な調査項目

浮気調査素行調査人探し結婚調査
身元調査盗聴発見対ストーカー企業信用調査
スパイ対策海外調査ご近所トラブル事故物件調査
筆跡鑑定交通事故保険金詐欺ボディーガード

有限会社KEN探偵事務所

住所:東京都杉並区阿佐谷南1‐8‐2

電話:03-3313-6899

東京メトロ丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅徒歩4分
JR阿佐ヶ谷駅 南口 徒歩12分

お問合せフォーム

当サイトに掲載されているすべてのコンテンツ(文章・画像等の情報)の無断転載を禁止します。当サイトから入手したいかなる情報も複製、販売、出版、公開使用することを禁じます。