バレンタインデー夫の浮気調査

 

昨日は彼氏のバレンタインデー浮気調査の事例を書きましたが、今日は夫のバレンタイン浮気調査の実例を紹介します。

依頼人は32歳主婦で結婚8年目の2児の母。

6歳のお子さんが幼稚園にいる間に、7か月の赤ちゃんを抱いてKEN探偵事務所に相談に来ました。

女性との親密なメールを発見

依頼人は2週間ほど前に、女性と親密なやりとりをしている夫の携帯メールを見つけました。

この2カ月、夫の遅い帰宅が増えていました。

ただ、元々残業が多かったのでとくに気にしていませんでした。

しかしそのメールを読んだ依頼人は、夫が浮気していると確信。

依頼人はもうすぐ来るバレンタインデーに、密会すると睨んでKEN探偵事務所に浮気調査を依頼しました。

2月14日バレンタインデーに浮気調査を実施

17時:私たち探偵は、目黒の夫の職場ビル入口を張り込みました。

1時間ほどすると、夫が職場を出て目黒駅方面へ進みます。

権之助坂を上り、JR目黒駅西口に入った夫は山手線に乗り渋谷駅で下車。

そして足早に、京王井の頭線改札口前で行くと立ち止まりメールを打ち始めます。

浮気相手と渋谷のラブホテルへ行った夫

浮気相手と渋谷のラブホテルに行った夫

10分程して現れた若い女性と合流した夫。

夫は嬉しそうに女性と話しながら渋谷マークシティへ。

二人は4階のスペイン料理店に入りディナーをとりました。

途中、女性からチョコと思われるラッピングを渡された夫は嬉しそうでした。

その様子から二人が恋愛関係、不倫関係であることは間違いありません。

20時過ぎにお店を出た二人は、道玄坂を「渋谷109」側に渡ると手を繋いで上っていきました。

そしてモスバーガーやロイヤルホスト、スターバックスコーヒーなどが入っている道玄坂センタービルの角を右折。

そのすぐ先にある坂道を上った二人はラブホテルに入りました。

※余談ですが同じルート(道玄坂~坂道~)でラブホテルに入るパターンは、過去の調査で何度も経験しています。

渋谷駅で別れた浮気相手を尾行して自宅を特定する

二人がラブホテルのエレベーターに乗った後、私たち探偵は外で張り込みを続けました。

約2時間半が過ぎ、二人がラブホテルを出ました。

夫は浮気相手の腰に手を回しています。

道玄坂を下りて井の頭線の改札口まで行くと、夫は改札に入る浮気相手女性を見送りました。

探偵は、ターゲットをこの女性に切り替えて尾行。

女性は井の頭線に乗り新代田駅で下車。

駅前のコンビニに寄ったあと8分ほど歩いた場所にあるマンションに入りました。

依頼人に、メールで状況を伝えて調査を終えました。

妻に謝罪し浮気相手と別れた夫

妻に謝罪し浮気相手と別れた夫

依頼人は小さな子供が二人いること、夫が高給取りで経済的に安定していることもあり離婚するつもりはありませんでした。

調査の目的は、夫を浮気相手と別れさせて家庭を維持することに有りました。

依頼人は、探偵に依頼したことを伏せた上で、

「バレンタインの日に女の人とスペイン料理店に行ったでしょう」

「道玄坂のラブホテルに行ったの知ってるよ」

などと調査報告書の情報をいくつかぶつけました。

夫はすべてバレてると悟り平謝りしたそうです。

後日依頼人は、女性と別れて二度と不貞しないことを公正証書で約束させました。

浮気相手の女性には100万円の慰謝料を請求するつもりでしたが、女性が泣いて謝罪したので二度と夫に会わないことを条件に許しました。

依頼人の奥さんの目的は、子供と自分のために経済的安定を守ること。

それが達成できそうなので、あえて浮気相手を深追いするのをやめたのでした。

自分と子供たちの生活を守るために浮気夫を許した依頼人妻

KEN探偵事務所では無料相談(年中無休)を受け付けています。

今すぐお電話ください!

 

お電話受付03‐3313‐6899(年中無休09:00~20:00)

調査実施は24時間可能です

主な調査項目

浮気調査 素行調査 人探し 結婚調査
身元調査 盗聴発見 対ストーカー 企業信用調査
スパイ対策 海外調査 ご近所トラブル 事故物件調査
筆跡鑑定 交通事故保険金詐欺 ボディーガード

有限会社KEN探偵事務所

住所:東京都杉並区阿佐谷南1‐8‐2

電話:03-3313-6899

東京メトロ丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅徒歩4分
JR阿佐ヶ谷駅 南口 徒歩12分

お問合せフォーム

当サイトに掲載されているすべてのコンテンツ(文章・画像等の情報)の無断転載を禁止します。当サイトから入手したいかなる情報も複製、販売、出版、公開使用することを禁じます。