お互いに好きになって結婚し、夫婦二人の間に誕生したかけがいのな子供。

もし夫婦さまざまな理由により婚姻生活が破たんした場合、お子さんがいらっしゃる場合は当然お子さんの親権者を母親か父親かどちらかに決めなければなりません。

基本的には母親が8割~9割子供を引き取る、つまり親権をとることになると言われていますが、父親が親権者になり子を引き取るケースも稀にあります。

ではどのような基準で親権者が決まるのでしょうか。

離婚前提の浮気調査依頼をお考えの方も必見です。

親権と監護権の違い

まず親権とは、小さな子供(未成年者である子)を監督保護するためにその子供の父親と母親に認められた権利であり義務でもあります。

この親権は父母共同で持っているのが原則ですが、もし離婚する場合(原因が浮気に限らず)、父母どちらか一方しか親権者になることができません。

離婚届けにも親権者片方の名を記載されなければ離婚届は受理されないので、離婚までに「親権者」を決める必要が出てきます。

もしお子さんが複数人いらっしゃる場合、それぞれのお子さんに母親か父親かどちらかの親権者を決めなければなりません。

KEN探偵事務所のクライアントでお子さんのいる方も、浮気調査のあと離婚するまでにどちらが親権をとるかを決めています。

この「親権」の中身は

「未成年者の子の身上監護や教育を受けさせること」、「子の財産管理をすること」、「子の法律行為の代理をすること」等に分けられます。

この「親権」の中の「身上監護」のみをもう片方の親に任せることが法律的に認められていて、これが「監護権」です。

基本的に「身上監護」は「親権」の中の一つなので切り離すべきではないとされていますが、夫婦が離婚するときに分離する(切り離す)ことが認められています。

親権者と監護者を分けたときのデメリット

監護者が母親、親権者が父親というケース。

子供は「監護者」が母親なので、母親と一緒に暮らします。

しかし親権者が父親なので、姓は離婚前と同じ父親の姓(つまり苗字)。

つまり戸籍上、親権者である父親の姓(苗字)を離婚後も名乗るので今までと変わりません。

しかし母親は離婚して父親の戸籍から外れるので姓は基本的には旧姓に戻り、一緒に暮らしている子供と姓が異なってしまいます。

この場合「母親が離婚した」ということが公にすぐわかります。

このような状況を回避するために、父親が親権を持ったまま、「子供の苗字を母親の旧姓の苗字に変える」

または「母親が離婚後もそのまま父親の苗字を名乗る」かどちらかの方法をとることも出来ますが、これには父親の同意が必要です。

たとえば今から30年以上前に某有名俳優の夫の浮気不倫が原因で離婚をした奥さんは、今も夫の姓を名乗っています。

この方の場合、その俳優の夫の方から離婚後も自分の姓を名乗って欲しいと言ったそうです。

それは苗字が変わると離婚したことがわかり、子供が学校でいじめられはしないかという心配からだったそうです。

親権者を決めるまでの流れ

次に「親権者を決めるまでの流れ」を説明します。

まず母親と父親の当事者が「話し合い」により「離婚」と子供の「親権者」が決まればそれで済みます。

いわゆる「協議離婚」です。

「当事者による話し合い」で親権についての考えがお互い平行線になった場合、離婚調停に進みます。

ただし浮気が原因の場合、浮気をした夫や妻が素直に不貞を認めることはほとんどないので「協議離婚」は少なく、大抵「離婚調停」になることが多いです。

協議離婚から離婚調停へ

まず「家庭裁判所」に申立て。

(※調停前置主義という考え方のもと、いきなり離婚裁判はせずに先に「離婚調停」を行います。)

まず調停期日が決定

第1回目の調停実施

これは調停員が当事者二人の間に入り、お互いの言い分を聞きます。

浮気が原因による離婚調停の場合、あらかじめ優秀な探偵事務所に浮気調査を依頼して証拠写真ビデオと調査報告書を用意。

それらの浮気証拠資料を調停委員に見せれば圧倒的有利に事が運びます。

第1回で調停が終了、もしくは2回目、3回目と調停の繰り返し。

調停は1か月に1回程度のペースでおおよそ約3回(約3カ月)で終了しますが、話がまとまらない場合は5回以上になるケースもあります。

調停の終了

調停不成立の場合

あらためて「協議離婚」をするか、「離婚裁判を提訴」もしくは稀なケースで「審判離婚」という例もあります。

親権者をきめるポイントとは?

一番考慮されるのは、子供の立場であり、子供の「幸せ」です。

子供にとって負担が少ないことが優先されます。

こどもの年齢

小さなお子さんの場合、母親の存在がとても大きくなります。

赤子の場合はなおさら母乳やミルクあげ、おむつの取り替えと母親の役割は大変重要です。

小さなお子さんであればあるほど、母親が引き取った方がよいという見方が強くなります。

子供が住む家や環境

子供が住む家や環境は育っていく過程の中で大変重要視されます。

1、子供が今まで住んでいた持ち家に母親と一緒に住んで、父親が別の場所に引越しする場合。

子供にとって住み慣れた家も変わらず、通っている学校もそのまま転校することもなく学校生活を継続できるので、子供にとっての負担が少なくて済みます。

母親との関係が良好であれば、母親が引き取るのがよりベターだと見られるでしょう。

2、子供が母親の実家に引越して三世帯で暮らす場合

離婚して子供は母親が引き取って実家で暮らすというケース。

離婚したシングルマザーにとって比較的多く見受けらるケースです。

母親が日中働きに出て家にいなくてもおばあちゃんやおじいちゃんが子供(つまり孫)の面倒を見てもらえる点や、家賃がかからなくて生活費も抑えられるという点で、母親が引き取るほうがよいと見られます。

KEN探偵事務所に浮気調査を依頼されたクライアントにも同様の方が多くいらっしゃいます。

浮気を隠して家庭を捨てようとする夫との離婚調停に勝訴。

慰謝料と養育費を取る手続き後、保育園に通うお子さんと東京から四国の実家へ移住された方もいました。

3、母親が賃貸住宅を借りるケース

母親が賃貸住宅を借りて離婚するケース。

母親が経済力があればいいのですがもし安定収入を持っていない場合、生活力が理由で子供を引き取ることができない場合があります。

養育費をもらってもこれから長い期間子供を育て上げなければならないことを考えると、母親は働きに出る必要が出てきます。

母親が生活費のために夜遅くまで働きに出てしまうと、夜子供の面倒を見る人がいなければ非行にも走りかねません。

母親の祖母や祖父または親族の助けが見込めない、逆に父親の方はその助けがあるというような場合は、父親が引き取ることもあります。

4、母親が再婚する場合

母親が再婚する場合、子供は実の父親が引き取ったほうが幸せになれるという考え方のもと、父親が引き取るケース。

母親が親権を得て子供を引き取った場合、「再婚相手の新しい父親とうまくやっていけるかどうか」「新しい学校で馴染んでいけるか」という不安があります。

また「苗字」も再婚相手の「苗字」にも変わります。

子供にとってこの変化が幸せかどうかと考えた場合、父親が親権を取った方がよい場合も考えられるでしょう。

母親が子供に愛情を注いでいるかどうか

子供にとって母親の存在は大変大きいものです。

しかし母親が子供に愛情を注いでいない稀なケースもあります。

今までの家庭生活の中でも、母親より父親のほうが子育てを含め家での役割が大きければ、

父親が引き取ったほうが子供にとって幸せになるのではという見方も出てきます。

その場合ある程度高学年になった子供でしたら、「父親と暮らしたい」というしっかりした意思も芽生えて来るでしょう。

そのような場合は当然子供の意思も尊重されます。

親の生活態度がどうか

母親が浪費家であったり、夜遊びばかりして子供の面倒をあまり見ないようでは、当然父親が引き取る方が子供にとって幸せだと言えるでしょう。

親が心身ともに健康であるか

親に精神疾患(ヒステリック)などがあったり、子供に暴力を振るうようであれば、当然子供の親権に対して影響が出てきます。

子供を守ることが最優先されるので、当然これらの問題のない方が親権を取ることに決まるでしょう。

子供と過ごす時間

「子供への愛情」や「子供の環境」と比例するところがありますが、子供と過ごす時間が長く取れる親のほうが、親権を取りやすくなります。

母親の浮気・不倫は親権を決めるときに影響があるのか?

基本的には母親が親権を持つ場合が多いですが、母親が不倫をしていた場合はどうでしょうか?

実は浮気・不倫という夫婦間の問題は「親権」をどちらがとるかという観点からはあまり関係がありません。

離婚後、子供にとって「幸せ」になれるかどうか、「よい環境」かどうかが一番重要視されます。

ですので母親が浮気・不倫をしてそれが離婚の原因になったとしても、母親が子供を引き取る、つまり親権を取る場合はよくあります。

しかし母親が不倫や密会などで夜遅くまで帰らなかったり、または浮気・不倫でしょっちゅう外泊している場合はどうでしょうか。

母親が子供を置いて、別居し不倫相手と長期間暮らしているというケースもあります。

このように母親の育児放棄や、子供への愛情の欠落と見なされる場合は、父親が親権をとるための有利な条件です。

面会交流とは?

面会交流権とは、親権がとれなかった片方の親が子供に会える権利のことです。

離婚する母親父親、つまり当人同士の話し合いだけでは、離婚後に面会交流権がうやむやにされる可能性がでてきます。

親権を取られた親にとっては、離婚後子供に会えるよう、離婚前に弁護士や専門家を通して、よい条件での面会交流権を獲得しておくことをお勧めします。

たとえば母(もしくは父親)どちらかが浮気・不倫して、それが理由で離婚になったケース。

浮気・不倫された側が子供の親権をとった場合、浮気・不倫問題を起こした元配偶者には「子供を会わせたくない」というのが心情でしょうが、

子供の面会交流権とは、「子供の権利」でもあるので、子と会わせることを拒絶することはできません。

まとめ

以上「子供の親権」に関する内容をまとめてみました。

子供の親権について調停などで争う場合、当然ですが最大限自分の優位性を説明していかなければなりません。

相手の「浮気や不倫」も自分にとって有利になるので、出来る限り浮気不倫の証拠も揃えておくことをお勧めします。

また子供の親権について争う場合、「子供の連れ去り」も頻繁に起こる事例です。

そのようなことが懸念される場合、信頼できるボディーガードに子供の警護を頼むといいでしょう。

何故なら一度連れ去られた子供を取り戻すには、かなりのエネルギーが必要になるからです。

KEN探偵事務所では無料相談(年中無休)を受け付けています。

今すぐお電話ください!

telbananew

お電話受付03‐3313‐6899(年中無休09:00~20:00)

調査実施は24時間可能です

banamendan

主な調査項目

浮気調査素行調査人探し結婚調査
身元調査盗聴発見対ストーカー企業信用調査
スパイ対策海外調査ご近所トラブル事故物件調査
筆跡鑑定交通事故保険金詐欺ボディーガード

有限会社KEN探偵事務所

住所:東京都杉並区阿佐谷南1‐8‐2

電話:03-3313-6899

東京メトロ丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅徒歩4分
JR阿佐ヶ谷駅 南口 徒歩12分

お問合せフォーム

当サイトに掲載されているすべてのコンテンツ(文章・画像等の情報)の無断転載を禁止します。当サイトから入手したいかなる情報も複製、販売、出版、公開使用することを禁じます。