近年の女性の社会進出もあり、今や不倫はどこでも当たり前のように起こる世の中になりました。

 

社内職場不倫のパターンとは?

以前に投稿した記事「不倫とは何か?浮気とのちがいと不倫の実態を女性探偵が解説」でも引用した、日経Woman onlineが女性を対象に行ったアンケートデータ。

不倫とは何か?浮気とのちがいと不倫の実態を女性探偵が解説

Q.あなたは過去・現在不倫をしたことがありますか?

という質問に対して「はい」が58%と約6割という驚愕のパーセンテージでした。

Q.不倫相手はどこで知り合った人ですか?

では、「職場・仕事関係」が70.9%でダントツ。

 

不倫相手として一番多い「職場・仕事関係」ですが大きく分けると、

「上司と部下の女性社員が不倫」、

「女性社員と同僚または部下の男性(年下)と不倫」、

「取引先の男性(または女性)と不倫」と主に3パターンに分かれます。

今回はそれぞれのパターンについて掘り下げてみたいと思います。

上司と女性社員の不倫

一番多いのが既婚上司と独身の女性社員の不倫問題。

年下の女性社員にとって上司は「仕事ができる」イコール「頭のよい男性」で高収入で、自分の理想の男性像と一致しやすいのです。

特に入社したての新人女性社員にとっては、会社の仕事すべてが「わからない状態」。

それを上司に一から優しく教えてもらうことによって、「頼りがいのある男性」から「恋愛感情が生まれて恋人に」つまり不倫関係に発展してしまうのです。

また既婚上司の方もその立場を利用して「新人女性社員」を口説き不倫関係になるのです。

お金も持っていて余裕があり、なおかつ遊び慣れている上司も多いでしょう。

年下の女性社員からしたら不倫はいけないことだとわかっていても、「上司に求められたのだから断れなかった」と自分を正当化しやすい面もあります。

また「仕事で評価してもらいたい」、「仕事で優遇してもらいたい」という腹黒い計算があって、既婚上司と不倫関係になる女性社員もいます。

・・・医者が若い看護士と不倫していたケース・・・

以前開業医夫の不倫調査依頼を受けたことがありました。

夫は都内某所で美容クリニックを開業していました。

夫は自分のクリニックに勤務する若い看護士の女性と不倫をしていました。

看護士と医院長である夫は30才近くも歳が離れていて、見た目も親子ほど離れているように見えました。

あとでわかったことですが、その不倫相手の看護士は職場から基本給以外に高額な手当を毎月振り込んでもらっていたそうです。

看護士の「お金目当ての不倫関係」と見られる顕著なケースでまさに愛人でした。

KEN探偵事務所が不倫調査で証拠を揃え、依頼人である奥さんは看護士から慰謝料100万円を取り、クリニックを辞めてもらいました。

女性社員が同僚や部下の男性と不倫

上司の次に多いのが、女性社員と同僚または部下男性との不倫です。

毎日職場で会っている同僚や部下。

オフィス勤務、外回りの営業や現場業務などにかかわらず、朝から晩まで長い時間を一緒に過ごします。

業務、休憩、お昼ランチ、午後の休憩、そして残業や打ち合わせ、飲み会等々。

ある意味、家族よりも過ごす時間が長いわけでそれだけ信頼関係が築けたり、情がわくこともあると思います。

また同僚同士ですと気さくに話が出来る分「気も緩みやすい」とも言えます。

仕事の悩みなどあれば、ランチの時間や仕事が終わった後の食事や飲みの席で自由に語り合うことができます。

お酒でも入れば、「仕事仲間」から「恋愛感情の入った男女」に陥ることは容易に想像できます。

家族には「仕事の打ち合わせ」と嘘をついて不倫の夜を楽しんでいます。

 

また上司の既婚女性社員と部下の男性と不倫もあります。

部下の男性は上司の既婚女性と不倫することで恋愛を楽しむと同時に、仕事上のメリットを感じて関係を持つ人も多く見られます。

年上の「既婚女性」ということで、結婚とか気にせず安心して「遊び」と割り切って付き合う年下男性もいます。

・・・女性コンサルタントと若い男性社員との不倫・・・

このケースは女性コンサルタントの夫からの依頼でした。

都内の大手コンサルティング会社で働く女性コンサルタントの妻は、仕事が終わった後、職場の若い男性社員と不倫をしていました。

KEN探偵事務所の探偵が尾行すると二人は山手線の某駅で下り、駅近くのオシャレなフレンチレストランで食事をしました。

食後の会計は高収入の妻がすべて支払っています。

店を出た妻と浮気相手は5分ほど歩きとあるマンションに入って行きました。

言うまでもなく不倫相手の自宅マンションです。

情事はいつもこのマンションで行われていました。

そしてデート代など金銭的なことはすべて妻が負担していたので、不倫相手男性は「ひも」のような存在です。

その後依頼者夫はKEN探偵事務所が撮った不倫の証拠写真とビデオ、調査報告書を武器に離婚調停に進むつもりでした。

しかし妻が大手コンサルタント会社勤務という職業柄、悪評判が立つのを恐れてか調停をしないように懇願してきました。

結局多額の慰謝料を夫に支払うことで協議離婚が成立しました。

ちなみにこの夫婦の間にこどもはいませんでした。

取引先の社員と不倫

取引先会社の社員と不倫関係になるケースもあります。

お互い好印象を持っていた者同士話が弾み、携帯番号やメール交換してやがて二人きりで会うようになり、ある時一線を越えてしまうというようなケース。

関連会社や派遣会社などで毎日相手の職場に出向くような、ある意味「準社員」のような立場の人と不倫になってしまうこともあります。

このケースの不倫当事者は、心理的には同じ社内の不倫は「バレやすい」が、出先の相手であれば「バレにくい」と思っている人が多そうな気がします。

職場で味わうスリルのある恋愛

また「上司と部下の女性社員が不倫関係」、「女性社員が同僚または部下の男性と不倫」、「取引先の男性(女性)と不倫」の3パターンに当てはまるのが、

「他の人が知らないスリルのある不倫」を楽しむ、という要素です。

職場で他の社員たちが知らないところで、当人同士は不倫を楽しんでいます。

オフィスでは全く普通の社員同士、または上司と部下の関係を装いながら、エレベーターで二人きりになったのを機にキスや抱擁を繰り返す。

ドアが開く瞬間元の社員同士、上司と部下の関係に戻ります。

たとえば上司は仕事上厳しい口調でオフィスで部下の女性社員を叱っても、すぐ二人の時間をつくり「さっきはごめん」と不倫相手の女性に優しく謝ったりします。

このギャップに男も女も「不倫」を楽しむ一つの要因になっています。

これは実際に社内不倫をした経験を持つ人から聞いた話です。

イベント日に会えないつらさ

既婚者と不倫をしている独身者で、その不倫相手の夫婦仲が悪くなく不倫を隠している場合、どうしてもお正月やゴールデンウィークやシルバーウィークなど大型連休など、家族旅行を優先されます。

※クリスマスやバレンタインは仕事を理由にして会う時間を作ったり、当日は会えなくても前後に会う時間を作れますが。

不倫している夫(または妻)も罪悪感からか、ここぞとばかりに家族にサービスをします。

どんなに割り切って不倫しているとしても、独身にとっては「孤独」を感じぜずにはいられません。

社内不倫がばれるきっかけ

次に社内不倫がどのように周りにばれてしまうのかケース毎に見ていきたいと思います。

いつも二人で残業してる

不倫している二人は出来るだけ二人の時間を取ろうとします。

他のみんなが仕事を切り上げて帰るのに、いつも決まって遅くまで残っている二人は不倫していると思われます。

ちなみにKEN探偵事務所の調査経験ではこのような不倫カップルは少なく、カモフラージュするために一緒に残業はせずに、どちらかが先に退社して数時間どこかで時間を潰したあと外で待ち合わせるケースが多いです。

有休や出張が同じ日

出張はある程度会社が決めることですが、本人の希望が通ることもあります。

二人で計画して一緒に出張し、不倫を楽しんでいるあからさまな男女も中にはいます。

KEN探偵事務所の女性探偵が以前働いていた会社にもそういう不倫カップルがいたそうです。

また有休は本人の希望でその都度とりますから、何度かも同じ日に休んでいると「不倫している」周囲に気付かれるでしょう。

オフィスでのアイコンタクトやスキンシップ

本人たちは不倫が周りにばれていないと思っていても、「アイコンタクト」や肩をたたくなどのスキンシップの瞬間瞬間が怪しく映ります。

明らかに他の社員から見ると「(二人は)できてる」と思われてしまいます。

または、つい先日まで和気藹々と仕事に取り組んでいた上司と部下、または社員同士が急によそよそしくなることもあります。

不倫をしている二人は「まわりにバレないように」気をつけていても逆に不自然に思われ不倫がバレてしまいます。

一番ばれてしまうのは配偶者である妻(または夫)

一緒に暮らしている妻(または夫)からすれば、パートナーの不倫や浮気の兆候は様々な変化によって発見できます。

・今までスマホは無造作にリビングに置き忘れることもあったが、急に肌身離さず持ち歩き、お風呂やトイレにも持っていくようになった。

・スマホの暗証番号を変えたり、指紋認証をしてパートナーの妻(または夫)が見れないようにした。

・LINEやメールのチェックをすぐに見るようになった。

・残業が急に多くなった。「終電が間に合わない」といって朝帰りや泊りでそのまま会社に出勤することが多くなった。

・土日は必ず家族サービスをしていたが、仕事だといって週末も仕事に出かけるようになった。

・泊まりの出張も多くなった。

不倫している本人はバレていないと思っていても、パートナーである妻や夫は不倫しいる夫(もしくは妻)のちょっとした変化に気づきやすいものです。

特に妻(女性)の勘は鋭いと言ってもいいでしょう。

特にメールなどの証拠があるわけではないが、「何となく怪しい」と勘づき、当探偵事務所に依頼されたケースもよくあります。

女の直感は鋭く「不倫調査」の結果はクロが圧倒的に多いです。

仕事に影響が出る『不倫』の後始末

不倫が会社にバレて、男もしくは女のどちらかが解雇されることがあります。

解雇されなくても、本社勤務の将来有望だった社員がいきなり地方の営業所に異動(つまり左遷)になってしまうこともあります。

社内で「不倫問題を起こした」とレッテル張りをされて、いつまでも肩身の狭い思いをしながら仕事を続けていかなければなりません。

夢見ていた出世コースも絶たれることもあるということを忘れてはなりません。

不倫相手の妻(または夫)からの慰謝料請求

不倫された妻(または夫)の精神的ダメージは計り知れません。

当然不倫の被害者として慰謝料を請求する権利があります。

慰謝料請求は不倫した配偶者と不倫相手の女性にも請求することができます。

一時期の誘惑や快楽で不倫に溺れた二人には、後々大きな代償を払うことになります。

telbananew

 

 

24時間営業(調査実施)
お電話受付03‐3313‐6899(年中無休09:00~20:00)

banamendan

 

 

 

 

有限会社KEN探偵事務所

住所:東京都杉並区阿佐谷南1‐8‐2

東京メトロ丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅徒歩4分
JR阿佐ヶ谷駅 南口 徒歩12分

当サイトに掲載されているすべてのコンテンツ(文章・画像等の情報)の無断転載を禁止します。当サイトから入手したいかなる情報も複製、販売、出版、公開、使用することを禁じます。