プロ探偵 変装術

浮気不倫調査、素行調査、企業調査、不正社員調査、ストーカー調査など、探偵はさまざまな調査で尾行張込みを行います。

尾行張り込みは依頼人の悩みや問題を解決に導くための証拠・情報収集に欠かせない要素。

そして尾行張込みの成功に必要な条件が二つ。

見失わないことバレないこと。

そのバレないこと、つまり対象者に尾行していることを気付かれないために必要なのが変装です。

プロ探偵の変装

プロフェッショナル探偵変装

変装と聞くとハロウィンの仮装や、探偵ドラマや映画にでてくる仰々しい変装を思い浮かべる方もいるかもしれませんね。

さすがに探偵が仮装すると思う人はいないと思いますが、たとえば長髪カツラに付け髭、つけほくろ、真っ黒なサングラスといった変装もすることはありません。

そんな格好をしたら対象者はもとより第三者にも注目されるからです。

そんな出で立ちで探偵が尾行を続ければ、「あの人さっきあそこにいたな」「あ、またあの人、よく合うな」「また会った」「ひょっとしてついて来てる?」と対象者に怪しまれるでしょう。

最悪問い詰められて調査が発覚することだってあり得ます。

しかし小道具を使ってその場の雰囲気に溶け込む変装し、全く違った印象の人物になれれば気付かれません。

例えば眼鏡、帽子、上着などを一つ替えるだけでも装いの色調が変わります。

プロ探偵の変装はいかに対象者や周囲の第三者に目立たないようにするか、印象に残らないようにするかを追求しています。

今回は、KEN探偵事務所が調査の現場で実際に行なっている、探偵の変装について解説します。

変装は探偵の必須事項

探偵は対象者に尾行していること、調査していることを悟られてはいけません。

探偵の任務は密かに対象者のことを探って、クライアントが欲しい情報を本人に代わって収集することにあります。

したがって探偵業務は隠密行動が基本。

シークレットエージェントマンそのものです。

そしてシークレットに情報収集を行うために必要なのが変装術。

変装術は尾行・張込みを滞りなく実施する上で、探偵が絶対に習得しなくてはならないスキルです。

探偵はどんな行動調査でも巧みに変装できなければなりません。

たとえば他の探偵事務所に素行調査を依頼したけれど、低レベルで対象者に尾行がバレてしまったというお客様から再調査の依頼を受けることがあります。

そのような他社失敗案件の調査対象者は、また探偵に監視されているのではないかと警戒しているのが常。

不倫夫や妻であれば相手と密会するため家や会社を出るとき、探偵が張り込んでいないかと注意するし駅や電車の中でも周囲を警戒します。

情報漏えいや一斉退職を企てているような不正社員や幹部の場合も同様。

そういった尾行難易度の高いターゲットでも、高度な変装術を習得した探偵であれば調査を成功に導くことが可能。

変装術をマスターしている探偵は身なり、体形、見た目の印象を巧みに変えて変身することができるからです。

身なりを変える探偵

身なりを変える変装

弊社探偵は行動調査の現場で、手際良く装いを変えて尾行張込みをします。

そのために30以上のファッションを準備するのが原則。

こう書くと「服を30着も用意するの?」「そんなにたくさん服を持って尾行できるの?」と思う方もいるかもしれませんがそうではありません。

30パターン以上の装いができるようにするという意味です。

行動調査をするとき上着は二着あれば充分。

ただしリバーシブルの服を含むので3~4通りの変装パターンが可能です。

装いは服だけに限りません。

帽子やメガネ、マフラー、スカーフ、ストールなど小物も活用します。

帽子やメガネは3~4種類程度、マフラーもリバーシブルを用います。

リバーシブルは出来るだけ補色や対照的な色の組み合わせがベスト。

イメージを一新できるからです。

ただし真っ赤や黄色、ショッキングピンクなど明るい色は避けて、えんじや濃い伊黄色、橙色、濃い桃色などを選択。

マスクもつけたり外したりして印象を変えます。

ただし主に着用するのは白いマスク。

黒いマスクもバックに入れていますが出番が少なくめったに使うことがありません。

それは黒いマスクが場所を選ぶと判断しているからです。

黒いマスクは韓国のアーティストが愛用したことで日本の若者の間で浸透していますが、まだまだ違和感を持つ人も多いと言います。

実際に私も住宅街で黒マスクをした人に出くわしギョッとしたことがありました。

なので、弊社探偵は渋谷・新宿・秋葉原などの黒マスクを着けている人がたくさんいる雑踏では一時的につけることはありますが、多用はしません。

スカーフやストールも数種揃えます。

これらの組み合わせを変えて行けば軽く30通りのパターンの変装が実現可能。

「準備をしておけば身なりも数秒で変えられる」これがプロ探偵の変装術です。

もっとも30通り以上の準備をしても30回以上変装を替えることは頻繁にはないのですが、対象者の警戒が強い場合のときのために準備しています。

体形を変える探偵

体形も変えるプロ探偵の変装

一流の探偵は身なりだけでなく、体形を変える変装術を身に付けています。

豊富な実戦経験で培った、高い変装スキルを身に付けているKEN探偵事務所の探偵は体形を変えることも出来ます。

体形はわざと猫背になったり、逆にボディービルダーやモデルのように背筋をピンと伸ばして胸を張っることで変身が可能。

大股で歩いたり、小幅で歩いたりと歩き方やスピードを変えるのも有効です。

このテクニックを使えば、対象者の視界に探偵が入ったとき体形のイメージを十分に変えることができます。

もっとダイナミックに体形を変える必要があるときは、踵の高い靴と低い靴を準備して状況に応じて履き替えることも。

そうすれば10cm程度高低差を作ることが出来るし、先述の姿勢の変化も合わせれば15cm~20cm程度見た目の印象が変わります。

横幅のイメージも着替えをすることで変えられます。

たとえば春夏であれば、ピッタリ目のTシャツの上にゆったり目のオープンシャツを着ておいて脱いだり着たりする。

そうすることで上半身の大きさを変えられます。

秋冬はハーフコートやジャケットの前を止めたり開いたりする。

ぴっちり目のハーフジャケットから膨らんだダウンジャケットに着替えれば体形の印象を変えられるでしょう。

プロ探偵が変装で注意していること

テレビドラマに出てくる探偵は、つけ髭をつけたり、カツラを被ったり、派手な衣装を着て変装します。

しかし先述したように現実の尾行では目立つのでそのような変装をすることはないです。

探偵は服装には充分注意を払わなければいけません。

ベージュのトレンチコートハンチング、黒いサングラスといったフィクションの探偵スタイルや、ダークのハーフコートに白ワイシャツにネクタイ、濃紺スラックスと言った刑事スタイルも避けます。

できるだけ軽装で目立たない物にし、変装は現場の環境にあわせることが肝心。

弊社探偵は特別な場合を除いてスーツより、ラフな服装の変装を心がけます。

探偵は現場で場違いに見えないよう、張込み場所の下見偵察を行って変装を決めます。

探偵は決して周囲の注意を引くような服装は厳禁。

尾行張込み場所がカジュアルな人々で賑わっていれば、探偵もラフな身なりをします。

ただし結婚式場や有名ホテルの宴会場などで張込む場合はフォーマルを着用。

そういった場所にラフな格好でいれば逆に目立つからです。

何日も連続する行動調査では、同じ服を二日以上着ません。

ペアの女性探偵とはカップルに見えるよう細工をします。

要するに探偵の変装は周りと比べて目立たないのが前提。

メガネは多用しますがサングラスは目立ちにくいもの限定で、黒いサングラスは原則控えます。

ただし真夏の海水浴場やプールの張込みはなら違和感がないので黒いサングラスをかけることもあります。

つけボクロや付け髭は逆に目立つので付けません。

探偵の変装小道具

KEN探偵事務所の変装小道具をほんの一部紹介します。

これらの変装小道具の中から調査案件に最適なものを選んで行動調査に臨みます。

・メガネ(ボストン、スクエア、フチなし 銀縁など四種類を用意)

・サングラス(薄い色でタイプの違うものを3つ)

・帽子(3~4種)

・髪を結わくゴムやシュシュ(女性探偵の場合)

・マスク

・ストール(数種)

・ネクタイ(数種)

・マフラー(リバーシブルを2種類)

・ジャンパー、ハーフコート・パーカー等(リバーシブル)

・ジャケット

・靴はラバーソール(天然ゴム・合成ゴム)カジュアル・ビジネスともに足音が響かないから。

・環境合わせた買い物袋やレジ袋(セブンイレブン・ユニクロなど)

・その他

素早く変装を替える探偵

変装をするときは、たいていが尾行中や密会場面の撮影をした後など時間的余裕はありません。

眼鏡をかける、帽子を変える、など一瞬で印象をかえる必要があります。

弊社探偵は移動しながら素早くワンポイントで変装を替え、猫背になる、歩き方を変えるなどして尾行を続けます。

名探偵は俳優

ただし変装は巧みに装いを替えるだけでは充分ではありません。

身なりや印象を変えるだけでなく度胸も必要です。

精神力のない探偵は緊張が表に出て挙動不審になり調査に悪影響を及ぼすでしょう。

そのような事態を防ぐためには、探偵自身が良い意味でのマインドコントロールを自分にかけて別人になり切ることです。

役に入り込む俳優のように変装を替える毎に探偵ではない、たまたまそこを歩いている他人になりきることが大事。

探偵には俳優の演技力が求められます。

対象者の視界に入ったあと変装を替える

弊社探偵が尾行中に変装を替えるタイミングをいくつかご紹介します。

対象者の正面で証拠撮りしたあと

尾行中探偵は原則、対象者の後にいます。

探偵は後ろから尾行して対象者の行動を監視するわけですがそれだけではなく、その行動を撮影し記録しなければなりません。

対象者の顔が映らない後ろ姿ばかりでは証拠価値が無いので、要所、要所において対象者の前方に回って隠し撮りをします。

特に不倫や不正の決定的シーンを証拠撮りするときは、正面や真横まで近づいてスパイカメラで撮影することもしばしば。

手を繋ぐ、肩を抱く、腰に手を回す、キスをするといった場面は、はっきり顔が識別できる映像の方が証拠価値が高いからです。

探偵が顔が見れる位置に移動すれば一時的に対象者の視界に入ります。

そのあと探偵は一旦対象者の視界から出て尾行を続けるのですが、そのとき同じ格好のままでは後に気づかれる可能性がゼロではないため、素早く変装を替えます。

その時はもう一人の探偵は対象者をキープしているので失尾の心配は要りません。

尾行中対象者が振り向いたり、Uターンしたとき

不倫の対象者が自宅を出て駅に向かう途中に急に後ろを振り向くことがあります。

それはパートナーに不倫を気付かれていないか、後ろからついてこないかと不安に思うからでしょうが、当然対象者の視界に探偵の姿が入ります。

また対象者が同じ場所で何度もUターンして歩き回る場合があります。

道を間違えたり、お店を選んだり、待ち合わせ迄の暇つぶしやウィンドウショッピングなど。

そのようなときも対象者の視界に探偵が入ることがあります。

このように対象者がUターンしたり、Uターンを繰り返すシチエーションも変装を替えるタイミング。

対象者の視界に入ったら、尾行に気づかれる前に対象者の見えない場所で瞬時に変装を替えます。

本物のプロ探偵は変身トリックで対象者の意識に残ることはありません。

トイレで変装することも

変身トリックは原則動きながら行います。

ただし対象者がレストランやラブホテルに入るなどして、一定時間動きが無いとわかっている場合探偵は、コンビニ等のトイレで変装を替えることがあります。

これは万一、周囲の人間に変装してることを気づかれないための策。

もし変装を替えているところを見られたら探偵と見破られる恐れがあるからです。

東京都内の場合、新宿歌舞伎町や池袋などの繁華街のなど場所や地域によっては、不逞な輩にあらぬ誤解を受けてトラブルになる危険もあります。

まとめ

探偵が対象者の視界に入ったというだけで尾行がバレるわけではありません。

しかし全く身なりを変えずに尾行を続けて、何度も相手の視界に入ったとしたらそのうち気付くかもしれません。

同じ人が駅にもレストランにもホテルにもいるといったように。

それを防ぐために新しい変装が必要になるのです。

弊社探偵は対象者の視界に入ったあと変装を替えて別人になります。

だから何度相手の視界に入っても同一人物ということに気付かれないのです。