私が探偵になったきっかけは、今から15年前の2001年、プライベートでKEN探偵事務所の所長に出会ったことでした。

探偵なんて、映画やドラマに出てくるイメージしかなかったので、本物の探偵さんに会ったときは驚いたものです。

当時、女性アシスタントを探していた所長にスカウトされた私は、KEN探偵事務所の尾行調査員になりました。

自分が探偵になるなんて想像もしなかった私は、探偵がどんな世界なのか興味津々でした。

体力と忍耐力と機転力が求められる探偵

女性探偵Fが語る探偵の現場
私は、学生時代にテニスやバレーボールをやっていました。

また、長年営業職をしていたので体力とフットワークには自信がありました。

そして実際に探偵の現場に出てみると、それらの経験が活きました。

探偵の依頼で一番多いのが浮気調査ですが、その業務内容は尾行、張込み、証拠撮影です。

その中でもっとも忍耐力が求められるのが張込み。

張込みのとき対象者がすぐに出て来ることは稀で、長時間出て来ないこともめずらしくありません。

建物を出る対象者を、絶対に見落とさないよう長時間張込み続けるには忍耐力が不可欠。

しかも、ただ見落とさずに張込めばいいというわけではありません。

周辺環境や状況を考え、機転を利かせることが求められます。

たとえば、長時間同じ場所から漠然と張込みをしていれば、近所の住民に「不審者」と見なされ、通報される恐れがあります。

警察が来て職務質問されることになれば、浮気調査に支障が出るでしょう。

そのような事態を回避するため、私たちKEN探偵事務所の探偵は常に機転をきかせます。

適当な時間でペアの探偵と位置を変わったり、張込み位置を臨機応変に変えます。

そのときも、出入り口から一瞬たりとも目を離しません。

絶対に対象者を見落さないように場所を移動します。

また周りから怪しまれないため、そこに居ても目立たないよう、また探偵と気付かれないようにカモフラージュします。

尾行中、急に対象者が走り出したり、階段を駆け下りたり、電車に飛び乗ったり、タクシーに乗り込んだりすることがあります。

探偵は、そのような突飛な行動に対しても、瞬時に対応出来なければなりません。

そのためには、体力・運動神経・忍耐力とともに機転力が必要なのです。

尾行には瞬時の判断と素早い行動が必要

尾行には瞬時の判断と素早い行動が必要
対象者は色々なタイプの人がいます。

中には、せっかちだったり、早歩きの人もいます。

以前、渋谷のホテル街に向う男性対象者を尾行した時のことです。

その対象者は、人通りの多い歓楽街を早足でどんどん突き進みました。

早く歩くだけならまだいいのですが、何度も信号無視をするので尾行するのが大変。

また、この対象者は急に後ろを振り向いて、車が来てないことを確認するといきなり道玄坂を横断したりしました。

横断歩道のない場所をです。

私は相手に尾行を気づかれることなく、また後続の車にはねられないよう注意しながら必死でつけて行きました。

このように、非常識な動きをする調査対象者は少なくありません。

この対象者のように平気で赤信号を渡る人もいれば、電車で居眠りをしているかと思えば急に立ち上がって、ドアが閉まる直前に飛び降りる人もいます。

対象者の意表をついた動きにも、冷静かつ迅速に対応して尾行を続行できないと探偵業務は務まりません。

身振りや動きを観察し、対象者が次に何をしようとしていのるかを瞬時に見極め、先回りできるくらいでないと浮気調査の成功は期待できないのです。

挙動不審な対象者

挙動不審な対象者

浮気調査の対象者は、自宅や職場を出たあと後ろを振り向いたり、キョロキョロしたりする人がいます。

これは、浮気をしている後ろめたさからくる、「不倫に気づかれないか」という不安の表れでしょう。

しかし、浮気相手と合流するとノーガード状態になる対象者が大半。

大抵は手をつないだり頭をなでたり腕を組んだりして、スキンシップをとりながら歩き出します。

この場面が、証拠撮影の最初のシャッターチャンスです。

女優になって気配を消す探偵

女優になって気配を消す探偵

浮気相手と合流した対象者は、概ね周りのことを気にしなくなります。

ずっと警戒してばかりいては、浮気相手の目を見て話しもできないし上の空になるでしょう。

ただ、そうは言っても探偵が「じーっと」と凝視したとすれば、敏感な人は尾行に気づくかもしれません。

「誰かに見られているような気がする」という感覚です。

そこで気をつけなければならないのが「気配」。

私は、相手を見失わないように必死で尾行しますが、そのとき「気配」を消すようにしています。

「気配を消す」といっても難しく思われるかもしれません。

要は、「やってる感」を出さずに尾行するのです。

たとえば、たまたまそこに居合わせた人間のように自然に振る舞い、自分自身もそう思うようにします。

「役」に入り込んで無関係な他人を演じるのです。

そうすれば対象者は、隣にいる私が「探偵」ということに気付きません。

度胸があって、目まぐるしく変わる現場のシチエーションに、臨機応変に対応できる人が探偵に向いています。

その能力のない探偵に、浮気調査を依頼しても失敗に終わるでしょう。

バリエーション豊富な変装

バリエーション豊富な変装

弊社探偵は尾行中に対象者の視界に入ったあと、気配を消すだけでは不十分なので変装をします。

「変装」はドラマや映画でもよく描かれるシーン。

フィクションのドラマや映画の変装は、面白くするために派手なものが多いです。

しかし、現実の探偵の変装は真逆。

基本目立たない格好、地味でありふれた服装で変装します。

稀ですが、「派手な方が対象者を欺きやすい」と判断した場合、一時的に派手な変装をすることがあります。

それでも、短時間するだけですぐに地味な変装に切り替えます。

変装小道具を揃えて浮気調査する探偵

変装は、複数の小道具を常備して状況によって使い分けます。

たとえば、予備のジャケットやリバーシブルのジャケット。

帽子3~5個、メガネやサングラス2~3個。

髪結い(ヘアゴムやシュシュ)、マフラーやストール、マスクなども活用します。

KEN探偵事務所の探偵が変装を変えるタイミング

弊社探偵は、自分が対象者の視界に入ったあとはすぐに変装をして印象を変えます。

もちろん、尾行中に物陰に隠れて着替えなおす時間はありません。

タイミングを計って、対象者に見られないよう変装するのです。

素早くジャケットを着替えたり、帽子やメガネを付けたりはずしたり(種類を変えたり)、髪を結んだり逆にほどいたりして別人に変身。

また、服装だけでなく歩き方や姿勢を変える方法も使います。

尾行中に対象者が後ろを振り向くことはよくあります。

他社が失敗した案件の再調査のように、対象者が尾行を警戒して振り向く場合もありますが大抵は偶然。

道の反対側へ渡ったり、気が変わってUターンするとき。

あるいはタクシーを拾おうとしたり、後ろから来た自転車を避けるときなど。

それでも弊社探偵は変装を替えます。

一旦対象者の視界に入った以上、対象者の潜在意識の中に探偵の姿が残る恐れがあるからです。

印象を変えずに同じ格好で尾行を続ければ、たとえ偶然であっても何度か対象者の視界に入るうちに、気づかれるかもしれません。

また、変装を替えることで探偵も心理的に余裕が持てるというメリットもあります。

接近しなければならない場面で変装

浮気相手と合流した時や、デパートなどのエレベーターに乗り込んだ時など、対象者に急接近しなければならない場面があります。

そのとき、「尾行がばれるかもしれない」と弱気になって接近しなかったら、証拠も撮れないし対象者を見失うでしょう。

逆に変装も替えずに、ただ強気になって接近してもダメです。

対象者に「あ、この人さっきもいた」、「つけられているのでは?・・・」と尾行に気付かれるかもしれません。

小まめに変装して印象を変えておくだけで、探偵は「対象者に気付かれていない」と自信を持つことが出来ます。

その根拠ある自信が、調査を成功に導きます。

浮気調査の現場は過酷ですが、クライアント様の悩みを解決する達成感を糧に、モチベーションを維持して任務に当たっています。

KEN探偵事務所では無料相談(年中無休)を受け付けています。

今すぐお電話ください!

 

お電話受付03‐3313‐6899(年中無休09:00~20:00)

調査実施は24時間可能です

主な調査項目

浮気調査 素行調査 人探し 結婚調査
身元調査 盗聴発見 対ストーカー 企業信用調査
スパイ対策 海外調査 ご近所トラブル 事故物件調査
筆跡鑑定 交通事故保険金詐欺 ボディーガード

有限会社KEN探偵事務所

住所:東京都杉並区阿佐谷南1‐8‐2

電話:03-3313-6899

東京メトロ丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅徒歩4分
JR阿佐ヶ谷駅 南口 徒歩12分

お問合せフォーム

当サイトに掲載されているすべてのコンテンツ(文章・画像等の情報)の無断転載を禁止します。当サイトから入手したいかなる情報も複製、販売、出版、公開使用することを禁じます。