夫もしくは妻の浮気(不倫)が発覚したなら、被害者であるあなたはその浮気した本人(夫または妻)と浮気相手に慰謝料を請求することが出来ます。

精神的に傷ついたあなたにとって慰謝料請求は当然の権利なのです。

 

浮気不倫の慰謝料

それでは浮気不倫の慰謝料の金額はどれくらいもらえるのでしょうか?

実は浮気(不倫)の慰謝料の相場は一般的に50万円から300万円とかなり大きな開きがあります。

実はこの慰謝料の金額はケース毎にさまざま。

明確な基準があるわけではないのですが、影響される条件としてまず以下の3パターンが挙げられます。

離婚も別居もしない場合の浮気不倫の慰謝料

浮気・不倫をされて精神的な苦痛を受けたことに対しての「慰謝料」なので、夫婦関係が維持できるということは、「離婚するケース」に比べると苦痛の度合いが「少ない」と見なされます。

慰謝料は50万円から100万円というのが一般的です。

しかし話し合いで解決することもあり、あくまでも当人同士の問題なので、反省の度合いから高額を支払う場合もあり得るでしょう。

浮気・不倫問題が原因で別居することになった場合の慰謝料

浮気・不倫が原因で別居することになった場合、慰謝料の金額は100万円~200万円というのが一般的。

夫や妻の不貞行為で夫婦間に溝ができ、「一緒には暮らせない」という決断に至りながらも、「籍は残しておきたい」という理由で
離婚には至らないケースです。

結婚生活(婚姻期間)が長ければ長いほど、社会的にも家庭的にも多くの「築き上げたもの」が多いと思います。

ゆえに「感情的」な理由だけでは離婚できないことも。

それは「子供の為」や「仕事関係の為」などさまざまな状況、現実を加味しての判断であると思います。

離婚することになった場合の浮気不倫の慰謝料

浮気・不倫が原因で離婚に至った場合は200万円~300万円 とされるのが一般的な見方。

ケース毎にばらつきはありますが、精神的・金銭的な損害が大きいと見なされれば、その分慰謝料の金額も大きくなると言われています。

また離婚となると慰謝料以外に「財産分与」や子供がいる場合に決めなければならない「親権」や「養育費」。

精神的・金銭的な負担以外に、環境も一転するということを考えると、子供にとって大きな負担になることはいなめません。

それでは次に「慰謝料の金額」を左右するその他の項目を見ていきたいと思います。

さまざまな事情で変動する浮気・不倫の慰謝料の金額

慰謝料は諸条件によって金額が上下します。

浮気不倫問題が発覚する前の夫婦関係

慰謝料を請求するには「損害」が必要です。

浮気不倫における「損害」とは、婚姻関係を破壊された事実そのもの。

もし家庭が円満だったのに、「浮気(不倫)によって家庭を壊された」と判断されれば、責任が重く見なされます。

ですが元々夫婦仲が悪く破綻していたのであれれば、責任の度合いが軽くなる可能性があります。

婚姻関係の破綻とはセックスレスや別居などのこと。

ただし浮気(不倫)した配偶者自身が「責任の度合いを軽く」したいがために、「すでに夫婦関係が破たんしていた」と、嘘をつくケースがかなり多いので注意が必要です。

それを論破する事実や材料を集めておくことが重要です。

結婚生活の期間

結婚生活(婚姻期間)が長くなれば長いほど被害金額は大きくなります。

夫婦で過ごした年月が長いほど、「裏切られた精神的苦痛」は大きなものだと見なされるからです。

また婚姻期間が長いほど、離婚後の新しい人生を歩むに当たって年齢的、経済的な面において「困難の度合いが大きい」と見なされるので、慰謝料の金額もそれに比例して大きくなります。

夫や妻と浮気相手の年齢

浮気をした夫や妻と浮気相手の年齢も慰謝料の増減を決める要素のひとつです。

それは浮気に至るプロセスを推察する上で年齢の高い方がリードしたとみるのが一般的な見方。

たとえば45歳の管理職の夫が20代の部下の女性と社内不倫をした場合、夫の方が責任が大きいとみられる傾向強いです。

あるいは35歳のキャリアウーマンの妻が22歳の新人男性社員と社内不倫をした場合も同様です。

社会的地位や収入(資産)

浮気の当事者である夫や妻または浮気相手が、社会的地位が高く高額の収入資産があるなどの場合は、慰謝料が高額になる可能性があります。

なぜならたとえば妻の不倫相手が年収数千万、あるいは数億円の資産家だった場合、一般的な不倫の慰謝料200万円~300万円では、大した制裁にならないからです。

それはお金持ちのの不倫相手に心から反省してもらうためには、経済力に応じたダメージを与えられる慰謝料金額が必要という考え方なのだと思います。

浮気された側の瑕疵

たとえば浮気をした夫や妻が、

「妻が家事をしない」

「夫が暴力を振るう(ドメスティックバイオレンス)」

「性交渉に応じない」

「酒癖が悪い」

「子供の面倒を見ない」

などと主張し、浮気をされた側に落ち度があると見なされた場合、慰謝料が減額されることがあります。

不倫関係の期間

浮気の回数が1回キリや短期間の場合と何年にもわたって繰り返しされている場合とでは、当然後者の方が悪質で「夫婦関係を破綻させた」責任が大きいです。

それは2ヶ月より半年、半年より1年と不倫関係の期間が長い方がより被害者のダメージが大きいと考えられるから。

結果慰謝料額も高額になるケースが多いです。

浮気相手が家庭があることを知っていたか

浮気相手が夫や妻が家庭持ちであることを知っていたかによって慰謝料の額が変わってきます。

家庭があると知った上での不倫は、「他人の家庭を壊しても構わない」ということですから悪質で慰謝料も高くなります。

逆に夫や妻が「自分は独身」と偽って不倫をしていた場合、相手は単に恋愛をしていただけで不倫の認識はないので慰謝料事態請求できません。

ただし浮気相手をかばうために「独身と言ってだました」という浮気夫や妻もおり、それに乗っかる浮気相手もいるので注意が必要です。

認めない・言い逃れ

誰が見ても浮気していることが明らかなのにそれを否定して言い逃れようとする場合、被害者をさらに傷つけたと見なされ増額になる場合があります。

夫や妻に浮気された被害者の精神的なストレスは甚大です。

浮気不倫が明らかになった以上その被害者はまずは認めて誤って欲しいと思うのが普通。

にもかかわらずしらばくれて認めないとなれば、被害者は憤り、ストレスはさらに倍増するからです。

精神的な苦痛による疾患

夫や妻に浮気をされた被害者の精神的ダメージは想像を絶します。食事も喉元おらず夜も眠れなる方がほとんどです。

そしてうつ病になるなど大きな精神的な障害が認められると、慰謝料が増額になる可能性があります。

浮気(不倫)の”再犯”

過去に浮気をした夫や妻、二度と浮気しないというの約束を破った場合悪質と見なされて増額になる傾向があります。

浮気の”再犯”は多いです。

当探偵事務所にも「また夫が浮気しているので」とリピート依頼される方も。

浮気性、淫乱タイプの夫や妻は多く存在します。

子供がいるかどうか

夫婦間に子供がいる場合、離婚、家庭崩壊による影響が大きくなります。

子供にとっては「父または母」がいなくなると精神的に不安になるからです。

精神的に不安定になりやい幼い子や思春期の子に、浮気不倫による離婚で精神的ダメージを与えることは、より悪質とみなされ慰謝料の金額も増額される傾向にあります。

とくに被害者が女性の場合は、子供を抱えて経済困窮になりやすいため慰謝料が増額されることが多いです。

浮気相手の妊娠や出産

被害者にとって夫や妻に浮気されただけでも精神的苦痛は甚大なのに、増してや「浮気相手との間に子供ができた」という事態になれば精神的ダメージは計り知れません。

そのため慰謝料の金額も増額となりやすいです。

浮気相手との間での妊娠出産は、快楽に溺れ避妊せずに性交意を繰り返した結果の事もあれば、略奪婚を狙う浮気相手が相手の家庭を壊し離婚に導くこともあります。

 

まとめ

このように慰謝料は「夫婦の今後の在り方(同居・別居・離婚)」やさまざまな要因によって増減します。

いずれにしても夫や妻が浮気・不倫をしたという明確な証拠がなければいずれも実現できません。

協議、調停、裁判・・・いずれの場面においても第三者が納得する不倫の証拠が必要です。

調停員や裁判官が夫や妻が不倫をしたと認める証拠は、親密な密会場面、ホテルへの出入り、屋外での濃厚なスキンシップなどの証拠写真やビデオです。

そしてそれらの証拠は、確かな腕を持ち誠実に調査を実施してくれる優良探偵事務所に依頼しなければ得られません。

8割が悪徳と言われる探偵業界で2割の優良探偵を見つけることは大変ですが、当サイトの「探偵事務所の選び方」や「悪徳探偵事務所」に関するページを読んでいただければ、参考にあると思います。

KEN探偵事務所では無料相談(年中無休)を受け付けています。

今すぐお電話ください!

telbananew

お電話受付03‐3313‐6899(年中無休09:00~20:00)

調査実施は24時間可能です

banamendan

主な調査項目

浮気調査素行調査人探し結婚調査
身元調査盗聴発見対ストーカー企業信用調査
スパイ対策海外調査ご近所トラブル事故物件調査
筆跡鑑定交通事故保険金詐欺ボディーガード

有限会社KEN探偵事務所

住所:東京都杉並区阿佐谷南1‐8‐2

電話:03-3313-6899

東京メトロ丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅徒歩4分
JR阿佐ヶ谷駅 南口 徒歩12分

お問合せフォーム

当サイトに掲載されているすべてのコンテンツ(文章・画像等の情報)の無断転載を禁止します。当サイトから入手したいかなる情報も複製、販売、出版、公開使用することを禁じます。