浮気夫と離婚した場合の年金分割について

探偵に浮気調査を依頼される方の中には、離婚を前提に考えている方が多くいらっしゃいます。

夫や妻の裏切りを許すことは出来ない。

浮気を証明するため、探偵に頼んで不貞の証拠を集めて、それを武器に離婚調停や離婚裁判で争い有利な条件で別れたいという方。

有利な条件とは、慰謝料、財産分与、子供の親権、養育費などで好条件を獲得すること。

それと、もう一つ忘れてはいけないのが「年金」。

離婚すれば夫婦も他人。

当然別々の生活になるわけですから年金の額も変わります。

ここでは「年金分割制度」について簡単に述べたいと思います。

浮気調査の依頼人が知っておくべき「年金分割制度」

浮気調査の依頼人が知っておくべき年金分割制度

年金分割(ねんきんぶんかつ)とは、離婚をした夫婦の年金を分割する制度です。

その対象は厚生年金や旧共済年金であり、自営業の方が入る「国民年金」は対象外です。

昔は専業主婦が厚生年金や旧共済年金をもらうことはできませんでした。

夫の退職を機に離婚して第二の人生を送りたいと思っても、収入の無い専業主婦は「老後の生活費の不安」から離婚しにくい環境でした。

そこで2007年4月にスタートしたのが、夫婦が離婚した時に年金を分割できるシステム、年金分割制度です。

年金分割は、離婚するときに夫婦が加入していた年金保険料のうち、報酬比例部分が多い方(多くは夫)から少ない方(妻)へ分割する制度。

報酬比例部分なので基礎年金部分は対象外です。

またこの年金分割には合意分割と3号分割の2つがあります。

合意分割

合意分割は文字の通り、夫婦の話し合いや裁判によって分割される方法で年金分割の大半を占めます。

自分の意志だけでできる3号分割

3号分割とは、第3号被保険者(会社員や公務員等の夫に扶養されている妻)の請求によって、夫の年金保険料の納付済み記録の2分の1を分割する制度のこと。

これは妻の意思だけで分割ができますが、対象が2008年4月以降の期間のみ。

年金分割の請求できる期限は?

年金分割の手続きを、離婚するまでに行わなければならないと思われている方も多いと思いますが、実際には離婚から2年以内であれば請求が可能です。

ただし、離婚後はお互いの環境や考え方も変わり再び紛争になることも考えられるます。

なので、離婚の条件として同時に話し合いをしておくのがベストです。

夫の浮気が原因の離婚の場合はとくにそう。

また、その前提として浮気を証明する証拠写真やビデオを得ておくことは言うまでもありません。

KEN探偵事務所では無料相談(年中無休)を受け付けています。

今すぐお電話ください!

 

お電話受付03‐3313‐6899(年中無休09:00~20:00)

調査実施は24時間可能です

主な調査項目

浮気調査 素行調査 人探し 結婚調査
身元調査 盗聴発見 対ストーカー 企業信用調査
スパイ対策 海外調査 ご近所トラブル 事故物件調査
筆跡鑑定 交通事故保険金詐欺 ボディーガード

有限会社KEN探偵事務所

住所:東京都杉並区阿佐谷南1‐8‐2

電話:03-3313-6899

東京メトロ丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅徒歩4分
JR阿佐ヶ谷駅 南口 徒歩12分

お問合せフォーム

当サイトに掲載されているすべてのコンテンツ(文章・画像等の情報)の無断転載を禁止します。当サイトから入手したいかなる情報も複製、販売、出版、公開使用することを禁じます。