tanteigyouhou5

探偵業法は以下のいずれかに該当する人は探偵業を行ってはならないと規定しています。

条文は言葉が難しいので簡単な言葉で説明します。

 

1)認知症・知的障害・精神障害があり物事を判断する能力に欠け、家庭裁判所から「後見開始」や「保佐開始」審判を受けている人。

また借金を返済できずに破産した人で免責許可が出ていない人。

※「後見開始」とは精神的障害で「判断力を欠く」人の保護手続きを開始することです。

「判断力を欠く」までではないが「著しく不十分」な人の場合は「保佐開始」になります。

 

2)禁固以上の刑に処され出所してから5年以上経っていない人。罰金刑も同じく5年。

※禁固以上の刑とは刑務所に入れられる以上の刑という意味です。

なぜ以上かと言えば禁固刑は労働がありません。

ただ拘留されるだけの刑罰です。

一方懲役刑は刑務所で毎日労働に従事させられます。

 

3)過去5年以内に探偵業法違反で営業停止処分を受けた人。

 

4)暴対法が指定する暴力団員や暴力団員を辞めてから5年経っていない人。

※注目するべきは指定暴力団に所属する構成員であって、準構成員は含まれていないことです。

これは警察が暴力団の準構成員まで把握しリスト化することが不可能だったからとされています。

 

5)省略します。

 

6)法人の探偵で上記1~5のいずれかに該当する役員がいる場合。

※株式会社など法人化している探偵事務所で取締り役の中に精神障害者、刑務所に服役している人、暴力団員などがいる場合探偵業を行うことができません。

 

上記の規定に該当しなければ誰でも探偵事務所を営業することが出来ます。

朝、所轄警察署に探偵業の届出申請をすればその日の夕方には探偵業証明書が発行されます。

そこに探偵業者が探偵として能力、モラルを持っているかの裏付けを取るチェックはまったくありません。

つまり探偵業届出証明書を持っているから優良探偵事務所ということにはならないのです。

KEN探偵事務所としてはこの欠格事由は非常に甘いと思います。

現在、全国の探偵事務所の数は約5,600、都内には約800あります。

その中には、探偵としての実務能力もモラルもない悪徳探偵事務所が数多くありますが、それら探偵業者のほとんどはこの欠格事由をクリアしているのです。

悪徳業者は法律的体裁はきっちりとクリアした上で消費者を騙します。

一刻も早く悩みや問題を解決したいと感情的になっている依頼者ほど悪徳探偵事務所のカモにされます。

探偵の依頼人は冷静に業者を選ばなければなりません。

 第1条 目的  第2条 定義  第3条 欠格事由
 第4条探偵業の届出  第5条名義貸しの禁止  第6条探偵業務実施の原則
 第7条書面の交付を受ける義務  第8条重要事項の説明等  第9条探偵業務の実施に関する規制
 第10条秘密の保持等  第11条(教育)  第12条名簿の備付等
第13条報告及び立ち入り検査 第14条(指示)・第15条(営業停止等)・16~20条原文

telbananew

 

 

 

24時間営業(調査実施)
お電話受付03‐3313‐6899(年中無休09:00~20:00)

banamendan

 

 

 

 

有限会社KEN探偵事務所 東京都杉並区阿佐谷南1‐8‐2

東京メトロ丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅徒歩4分
JR阿佐ヶ谷駅 南口 徒歩12分

 

当サイトに掲載されているすべてのコンテンツ(文章・画像等の情報)の無断転載を禁止します。当サイトから入手したいかなる情報も複製、販売、出版、公開、使用することを禁じます。