知ってる人は知っていますが、探偵業界には非常に多くの悪徳業者がはびこっています。

ここでは浮気調査をお考えのあなたが探偵事務所を選ぶ際に、悪徳探偵か優良探偵かを見極める重要なポイントを紹介します。

探偵に浮気調査依頼をする前に知っておくべき真実とは?

もしもあなたが「探偵はプロだからどこの探偵事務所に依頼してもきちんと調査してくれるだろう」とお考えなら、高い確率で悪徳探偵事務所に当たり”悲惨な結果”に見舞われるでしょう。

”悲惨な結果”とは大金を支払ったにもかかわらず、本当に調査したかどうかわからないズサンな調査報告書を渡され、浮気の証拠は撮れない、納得いく説明もない、本来の目的である浮気の悩みは解決できない上に金銭的負担を負い、怒りと悔しさで新たなストレスを抱え込むという最悪の結果のことです。

”本当に調査したかどうかわからないズサンな調査報告書”とは、対象者(夫や妻)の自宅や会社、電柱の街区表示板などの写真がならび、「対象者は現れず」「動きなし」と締めくくられた調査報告書です。

悪徳探偵事務所は大手、中小、個人事務所にかかわらず多く存在します。

たとえば大手だから安心、中小個人だから仕事が丁寧といった世間一般の常識は探偵業界には全く通用しません。

悪徳探偵事務所の金銭的被害は大手探偵事務所の場合100万円~600万円、中小零細個人探偵事務所は20万円~100万円というのが目立ちます。

悪徳探偵の中でも大手と言われる探偵事務所は莫大な広告宣伝費をかけているため、依頼人の被害額も大きくなります。

これだけでは不十分!ネットに溢れる、ありがちな探偵選びのポイント

ネットには探偵事務所サイトや探偵のランキングサイト、口コミサイトが溢れています。

そしてそれらサイトの「探偵選びのポイント」を見ると大抵以下の内容が載っています。

・探偵業届出をしているか

・探偵業届出番号がホームページに載っているか

・探偵業届出証明書が事務所に掲げられているか

・ホームページにある住所に事務所が実在するか

・面談場所が探偵の事務所でファミレスや喫茶店でないか

・サイトや広告のキャッチコピーに誇大表現はないか

・料金の安さばかりアピールしていないか

・過去に行政処分を受けていないか

・違法調査や差別調査をやっていないか

・電話で料金に関する質問に答えてくれるか

・契約前に正式な見積金額を出してくれるか

等々

どうでしょう?

これらのポイントをクリアしていれば本当に信用できる探偵事務所なのでしょうか?

答えはNOです。

上記ポイントはどれも探偵業者が”最低限クリアすべき”当たりまえのことしか書いてありません。

これが出来ているからといってイコール優良探偵ということにはならないのでご注意ください。

現に悪徳探偵事務所の大半が上記ポイントをクリアしています。

悪徳探偵は依頼人を信用させるため、体裁だけはきちんと整えているのです。

 

上記ポイントだけで探偵を選ぶと高い確率で悪徳探偵事務所の被害に遭います。

なぜなら上記ポイントは本当に実力あるプロ探偵が、契約通りの人数で誠実に調査をやってくれるという裏付けにはならないからです。

悪徳探偵事務所を避けるためには上記ポイントに加えて、必ず下記ポイントもチェックしてください。

依頼人が希望すれば現場同行できるか?

調査力に自信があり契約書に則って誠実に調査を実施する探偵であれば、依頼人が浮気調査の現場に立ち会っても何も問題はないはずです。

依頼人の現場同行を認めない探偵事務所は避けた方が無難です。

悪徳探偵事務所が依頼人が現場同行を断る理由

・尾行や張り込みですぐに見失うため調査力が無いことがバレルから

・低賃金で雇った素人アルバイトや、質の悪い下請け探偵業者に浮気調査の現場を任せていることがバレルから

・調査員の人数をごまかしていることがバレルから(4名の契約なのに1名でやらせているなど)

・調査をやらず現場の写真だけ撮影して「対象者に動きが無かった」という、捏造した調査報告をするつもりだから←非常に多い

調査報告書だけでなく現場からリアルタイム報告してくれるか?

現場同行と同様に調査力とモラルのある探偵であれば、浮気調査の現場から途中経過を報告できるはずです。

公衆電話しかなかった昔とちがって今は携帯電話がある時代です。

それができない探偵業者は避けてください。

悪徳探偵事務所がリアルタイム報告を断る理由

・ウソの辻褄合わせがやりにくく、実際には調査していない事がばれやすいから。

・無断延長をして追加料金を請求することが難しくなるから。

・調査力の低さによる失敗や、怠慢を隠ぺいしにくいから。

調査能力を裏付ける客観的資料を見せてくれるか?

調査力と実績のある探偵なら、過去に行った調査資料を持っているはずです。

たとえば調査報告書コピーやビデオ・写真など。

これらの資料を新たな依頼人(相談者)に見せるに当たっては、その案件の依頼人の許可を得ることが前提ですが、誠実に調査を行って結果を出していれば、大抵の依頼人は了承するものです(秘密厳守を確約した上で)。

「うちは契約完了後はすべて資料を抹消している」「依頼人や対象者のプライバシーに関わるので一切見せられない」という探偵業者は信用しない方が無難でしょう。

悪徳探偵事務所が実績資料を見せられない理由

・そもそも調査力も実績もないので、見せられるレベルの調査報告書・ビデオ・写真を持っていない。

契約~浮気調査~結果報告まで専任の探偵が担当してくれるか?

優良探偵業者は実際に浮気調査を行う探偵が、最初から最後まで責任を持って対応してくれます。

その探偵事務所の規模や、さまざまな事情で相談員と探偵が別人になった場合でも、依頼人が直接探偵に連絡することを拒みません。

しかし悪徳探偵事務所の中でも大手は、絶対に依頼人を探偵に会わせませんし直接連絡もさせてくれません。

悪徳探偵事務所が依頼人と探偵との接触を断る理由

・責任の所在をあいまいにしたいから。

・低賃金で雇った素人アルバイトに、調査させていることがバレルから。

・依頼者が探偵に鋭い質問やカマをかけた場合、嘘がバレルてしまうから。

浮気しそうな日を選んで実施できるピンポイント制か?

たとえば、合計6日分の契約をしている場合、優良探偵は依頼人のことを考えて、対象者が浮気相手に会う可能性が高い日を狙って、ピンポイントで分割して実施してくれます。

たとえば金・土に浮気相手と密会する可能性が高いのであれば、毎週金土の2日を3週やるといったように。

そうすれば成功率が格段に上がり、予算の範囲内で結果が出やすいからです。

しかし悪徳業者は密会しないとわかっている日も、何が何でも連続して実施します。

悪徳探偵事務所が無意味な連続実施をする理由

・契約分を早く消化させては追加依頼させ、売上を上げることしか考えていないから。

以上のポイントが契約書に記載してあるか?

いくら広告やサイトで依頼人のメリットをうたっていても、肝心の調査契約書に記載されていなければ何の法的拘束力はありません。

悪徳探偵事務所は平気で約束を破ります。

契約書に署名捺印をする前に内容をよく読んで、条件が記載されているかどうかを確認しましょう。

記載が無い場合は、悪徳探偵とみなして契約を見送った方が無難です。

まとめ

注意しなければならないのはこれら「すべてのポイント」をクリアしているということです。

どれか一つでも欠けると完全には信用できません。

特に最後の「以上のポイントを契約書に記載~」は重要なのでご注意ください。

KEN探偵事務所は安心して依頼できる業界唯一の『完全透明制』探偵事務所です。

『完全透明制』とは「本当に誠実に調査してくれるのか?」というお客様の不安を解消し「透明性」を保証したシステム。

高い調査力とモラルを持つ探偵事務所にしかできない弊社独自考案システムです。

詳しくはこちらのトップページ目次をご覧ください

 

KEN探偵事務所では無料相談(年中無休)を受け付けています。

今すぐお電話ください!

telbananew

 

 

24時間営業(調査実施)
お電話受付03‐3313‐6899(年中無休09:00~20:00)

banamendan

 

 

 

 

有限会社KEN探偵事務所

住所:東京都杉並区阿佐谷南1‐8‐2

東京メトロ丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅徒歩4分
JR阿佐ヶ谷駅 南口 徒歩12分

当サイトに掲載されているすべてのコンテンツ(文章・画像等の情報)の無断転載を禁止します。当サイトから入手したいかなる情報も複製、販売、出版、公開、使用することを禁じます。