『昼顔~平日午後3時の恋人たち』や『あなたのことはそれほど』などのドラマや映画、雑誌、ワイドショー、ネットやSNS。

そして職場やコミュニティーなどでも日常的に見聞きするようになった「不倫」というワード。

「私には関係ない」と思っていても、現実にこれだけ世間を賑わせており、実際に「不倫」は社会のいたるところで行われています。

あなたの夫や妻が不倫をする可能性は0ではありませんし、逆にあなたが不倫に走る可能性も0ではないのです。

不倫が増えたのは理由のひとつに女性の社会進出が挙げられます。

昔に比べて女性が職場など色々な場所に進出する時代になり、男女が出会う場面が増えました。

また時代の流れによる価値観の変化から、自由な恋愛の在り方が選択できるようになったことも不倫増加の要因のひとつでしょう。

まず不倫の定義について確認してみたいと思います。

不倫と浮気の違い

民法上での「不倫」の定義は、「特定の相手と不貞行為を繰り返すこと」。

では「不倫」と「浮気」にはどのような違いがあるのでしょうか?

男女のどちらか一方、または両方既婚者なのが「不倫」

<道徳にはずれること。とくに男女関係で、人の道に背くこと。またそのさまのことを言います。goo辞書>

「男女関係で人の道に背くこと」とありますが、一般的にここでいう「男女関係」とは婚姻関係にある男女のことを表し、「人の道に背く」とは、配偶者以外の異性との恋愛・性交渉をさし、これを「不倫」と言います。

そして

1、既婚者と未婚者が不貞行為を繰り返す。

2、既婚者同士が不貞行為を繰り返す(いわゆるダブル不倫)。

この二つのパターンを「不倫」と言います。

既婚者ではない者同士による不貞行為(恋人を裏切る)は「不倫」とは言いません。

「浮気」は既婚者・未婚者どちらでも指す

一方「浮気」については、

<異性に心をひかれやすいこと。またそのさま。多情。「浮気な人」goo辞書>

配偶者・婚約者などがありながら>、他の異性に気がひかれ、関係をもつこと。「旅先で浮気する」goo辞書>

とあります。

「浮気」は、ただ単に「多情な人」=「浮気な人」という軽い意味で使われることもありますが、一般的には「浮気」というと、男女の関係(同性同士の交際も含む)で、配偶者や特定の恋人がいながら秘密裏に他の異性(同性も)と肉体関係を持つことです。

注目すべきは「配偶者~などがありながら」とあるように、既婚者の不貞行為も含まれていることです。

したがって既婚者の不貞行為は、「不倫」「浮気」のどちらの呼び方でも当てはまります。

ちなみに性交渉のない密会は「浮気」に含まれないという解釈が多数派です。

不倫の実態アンケート

では実際に世間ではどのくらい「不倫」が行われているのでしょうか?

一つの参考として、日経Woman onlineが女性を対象に行ったアンケートデータがありましたのでそちらを引用します。

Q.あなたは過去・現在不倫をしたことがありますか?

結果

はい58%

いいえ42%

Q.不倫相手はどこで知り合った人ですか?

結果

1位 職場・仕事関係 70.9%

2位 趣味の集まり 10.8%

3位 学生時代の友人 4.4%

4位 ネットの出会い系で知り合って 3.4%

5位 街でナンパされて 1.5%

6位 元カレ 1.0%

以上(nikkei Woman onlineより)

「はい」と答えた女性が半数以上、二人に一人以上が「不倫経験がある」という衝撃的な結果になっています。

不倫はひとりではできないので当然相手の男性もそれだけいるということです。

50%以上ですから、あなたの夫や妻が隠れて不倫をしていても不思議のない確率です。

不倫相手と出会ったきっかけで圧倒的に多いのが、「職場・仕事関係での不倫」→なんと70.9%!!

続いて「趣味の集まり」や「学生時代の友人」、そして「ネットの出会い系」。

これらは私がこれまで行った数多くの「浮気調査・不倫調査」対象者たちの不倫のきっかけと一致。

探偵の私が見聞きした経験をもとに、パーセンテージの高い「職場・仕事関係での不倫」から「ネットの出会い系」までについてチェックしたいと思います。

職場・仕事関係での不倫

通常の正社員勤務であれば、朝の9時から夕方の6時まで9時間、残業があれば10時間、11時間と一日職場に拘束されます。

日中の時間のほとんどを会社で過ごす人にとって、職場の人間関係は親密になるのは自然のこと。

オフィス内だけでなく、休憩時間やお昼のランチ、または夕食も職場の方と一緒にとることも多いのではないでしょうか。

ストレスやプレッシャーなどかかえていれば尚更、身近で働いている異性に目を向けてしまうのはある意味自然なことかもしれません。

このような職場不倫でもとくに多いのが、「既婚上司と未婚の女性社員との不倫」だと言えます。

上司に仕事上で優しくしてもらえると、頼りたくなることが多いようです。

打算で不倫してしまうケース

自然に「恋に陥る」こともありますが、中には「打算」で上司と不倫関係になってしまうケースもあります。

上司と不倫関係になることで、部下の女性(男性)が職場でも優遇されることを期待している例は少なくありません。

しかしもし会社にバレてしまったらどちらか一方が移動(つまり左遷)になる危険が常につきまといます。

営業所がかわるだけならまだいいですが、場合によっては会社に居づらくなり辞職する恐れも出てきます。

昔流行った「私はこれで会社を辞めました」というCMのように。

おまけに公の問題になってしまえば、一生「不倫していた」レッテルがつきまとうことに。

一時的な快楽や優遇のために結果的に大やけどを追うことになりかねません。

趣味の集まりがきっかけの不倫カップル

テニスやヨガ、フィットネスジム、ゴルフなどスポーツや体を動かすコミュニティーでも男女の知り合うきっかけはいっぱい潜んでいます。

スポーツ以外でも音楽や文芸関係などさまざまなコミュニティーがあり、平日のアフター5や週末などにリフレッシュのために通われている方も多いと思います。

仕事以外の場所で自分の好きなことに打ち込んでいるわけですから、それぞれ人間として輝いてみえるのは当然のことでしょう。

相手が既婚、未婚は関係なく同じコミュニティーで知り合った異性に惹かれることは多いと思います。

ですがどこで知り合って恋をしても「不倫」は「不倫」です。

家庭をもっている当事者にとっては、配偶者を裏切ること。

中には「不倫」を隠し通す人もいますが、ほとんどの場合バレてしまうと言っても過言ではありません。

学生時代の友人から不倫関係に発展

学生時代の友人から不倫関係に陥ってしまうケースも多く聞かれます。

きっかけとしては学生時代の「同窓会」。

中には学生時代恋人同士だったケースもあります。

数年~十数年ぶりに再会した二人が懐かしい思い出に浸り、想いを共有することで激しい不倫関係に発展してしまうのです。

一度不倫関係になると相手と密会するためには今までにない「嘘の理由」を配偶者につかなければなりません。

最初は気づかれなくてもいつかはバレてしまい、大きな代償を払うと覚悟しなければならないでしょう。

ネットの出会い系で知り合った不倫カップル

今はネット時代です。

ネットの出会い系やSNSの普及で男女が知り合う機会は増えそして簡単になりました。

簡単に出会える分、簡単に不倫に走ってしまう例も多く存在します。

家庭での不満をネットで知り合った異性と不倫することで解消し、気分転換や現実逃避をしているのは男性だけでなく、女性(主婦)にも多く見られます。

今の世の中不倫が横行しているといっても過言ではありません。

夫や妻を裏切る不倫は多くの男女が経験しています。

マンネリ化した夫婦生活が続く中で、

・別の異性と刺激的に出会った

・恋愛感情が芽生えた

・昔の恋人に再会し思い出から一気に恋に陥った

・既婚上司が魅力的だった

等さまざまな不倫のきっかけがあります。

ですが今目の前の快楽に溺れる前に、「不倫のリスク」についてよく考えた方が重要です。

なぜ不倫が「悪」なのか

不倫とは、婚姻関係のある男女のどちらかが配偶者を裏切って別の異性と「不貞行為(性行為)」を行うこと。

民法の第752条に(同居、協力および扶助の義務)が記されています。

第752条

夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。

夫婦の同居義務、協力義務、扶助義務についての規定である。

このように法律的にも婚姻した夫婦は「同居する義務」「協力義務」「扶助義務」があり、これを遂行しなければなりません。

この夫婦の義務(第752条)の中には文言としては明記されていませんが、夫婦間の基本的な義務として貞操義務もあると解されています。

それは(裁判上の離婚)第770条の中で確認することが出来ます。

裁判上の離婚

第770条

1.夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。

一 配偶者に不貞な行為があったとき。

二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。

三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。

四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。

五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

 

2.裁判所は、前項第一号から第四号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。

第770条の1.の一にあるように「つまり夫婦は不貞行為をしてはいけない」のです。

これは「当人同士がよければいいではないか」と不倫している者からしたら身勝手に考えやすいですが、法律的にも、社会的にも問題があることをよく自覚すべきだと思います。

不倫が原因で孤独になった女性

不倫調査を請け負う探偵として、さまざまな不倫トラブルに接することが多いのですが、その中でも「不倫が原因で孤独になった女性」の例を挙げたいと思います。

ある女性はお見合い結婚をして、夫と子供の3人暮らしをしている専業主婦でした。

子供が4歳児の時、保育園に預けて正社員として働き出しました。

独身の上司と不倫関係になり離婚

妻はその職場で上司の男性(独身)と不倫になり、半年間も夫に隠れて密会していました。

しかし怪しんだ夫が雇った探偵事務所が不倫証拠を撮影。

妻を許せなかった夫は離婚調停を申し立て、不倫相手男性にも慰謝料請求しました。

その後離婚が成立し、妻と不倫相手の上司は夫に慰謝料を支払うことが決定。

夫が親権を取り、子供を引き取りました。

昼間子供の面倒は夫の両親が見てくれることになりました。

わずか1年で不倫相手と破局

元妻は転職して元上司の不倫相手と同棲生活を送りますが、今まで知らなかったお互いの「嫌な部分」を見て、ケンカが絶えなかったのでしょうか、結局約1年で破局。

不倫中はお互いを美化できていても、離婚が成立し慰謝料を支払わされたあとの同棲生活において元妻も不倫相手もお互いに「夢」ばかりをみてはいられなくなったのでしょう。

元夫と復縁を望むも拒絶されて孤独に

その後元妻は元夫に連絡して謝罪し子供に会いたい、できれば復縁したいと言ってきたそうですが、元夫にはすでに交際相手がおり「その女性と子供の仲も良好だ」と言わ復縁を拒否されました。

元夫が拒否するのも当然です。

家族を裏切った元妻。

妻の裏切り行為をおいそれと許すことが出来ない気持ちは容易に想像できます。

結局元妻は我が子にも会うことも許されずひとりで生きていくことになりました。

このように「不倫をして夫や妻を裏切った人」が幸せになったという事例はほとんど聞くことがありません。

もしあなたが一時的に「不倫という甘い誘惑」に乗りそうになっても、

この先は「いばらの道」だということを肝に銘じてから選択してほしいと思います。

まとめ

基本的に「不倫の行く末」は「幸せ」とは程遠いもの。

探偵として不倫調査や浮気調査に従事し、色々な不倫カップルを見てきた私はそう思います。

どんなに美化しても不倫は「パートナーを裏切っている」、あるいは「相手の家族に被害を与えるもの」であることには変わりません。

不倫をすればなんらかの形で報いを受けることになるケースがほとんどです。

誘惑があった時には先のことを考えて自分を律することのできる人が、長い目で見れば、幸せな人生を過ごしているように思います。

KEN探偵事務所では無料相談(年中無休)を受け付けています。

今すぐお電話ください!

telbananew

お電話受付03‐3313‐6899(年中無休09:00~20:00)

調査実施は24時間可能です

banamendan

主な調査項目

浮気調査素行調査人探し結婚調査
身元調査盗聴発見対ストーカー企業信用調査
スパイ対策海外調査ご近所トラブル事故物件調査
筆跡鑑定交通事故保険金詐欺ボディーガード

有限会社KEN探偵事務所

住所:東京都杉並区阿佐谷南1‐8‐2

電話:03-3313-6899

東京メトロ丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅徒歩4分
JR阿佐ヶ谷駅 南口 徒歩12分

お問合せフォーム

当サイトに掲載されているすべてのコンテンツ(文章・画像等の情報)の無断転載を禁止します。当サイトから入手したいかなる情報も複製、販売、出版、公開使用することを禁じます。