依頼者はキャバクラ嬢兼モデルの26歳女性。

対象者は妻子ある53才の弁護士。

二人が知り合ったのは依頼者が勤務するキャバクラだった。

大手法律事務所に勤務する対象者弁護士(以下弁護士とする)は、客として店を訪れ依頼者に一目ぼれしたという。

この依頼者はキャバクラ以外にモデルもしている美人だ。

二人は男女の関係となったが弁護士は家庭を捨てる気はなく、また女性の方も彼の家庭を壊す気はなかった。

恋愛感情だけの不倫というより、高収入弁護士とキャバクラ嬢の愛人関係に近かった。

 

依頼者女性は週に3日程度キャバクラに勤務していたため、二人は店がない日によく会っていた。

ところがここ最近弁護士が仕事を理由に会えない日が増えたため、依頼人女性は別の女性と浮気をしているのではないかと疑った。

そして事実を確かめるために当探偵事務所に浮気調査を依頼した。

法律事務所から尾行開始。弁護士は六本木ヒルズへ

夕刻、探偵二名は弁護士が勤務する法律事務所が入った千代田区某所のオフィスビルを張り込んだ。

そして1時間20分が過ぎるとエレベーターホールから弁護士が出て来た。

ビル正面玄関を出てると最寄り駅から地下鉄に乗った。

六本木で降りた弁護士は、六本木ヒルズ前で男女3人グループと合流した。

3人ともビジネススーツを着ている(女性はスーツスカート)。

皆20代後半~30代前半に見えた。

弁護士の部下かどうかは不明で、スカートスーツの女性は浮気相手には見えなかった。

4人は六本木ヒルズ内のバーに入るとテーブル席に座った。

探偵二名も客を装いバーに入り監視を続けた。

浮気相手の自宅か?大きなマンションの一室に入った弁護士

4人は2時間ほど過ごし店を出た。

そして六本木ヒルズ1階で弁護士は3人と別れた。

1人になった弁護士は携帯電話で誰かと少し話したあと六本木駅から地下鉄に乗った。

十数分後とある駅で降りた弁護士はそこから、5分ほど歩いた場所にある大きなマンションの玄関に入った。

そしてインターフォンの番号を押しオートロックが開くと中に入りエベーターに乗った。

「ここが浮気相手の自宅なのか?」探偵はある方法で対象者が向った部屋を確認した。

怪しい行動。別のマンションの一室に移動する弁護士

約15分後、弁護士がマンションから出てきた。

元来た道を駅の方へ戻ると駅前の通り沿いにあるマンションの一室に入った。

この時点で探偵はあることにピンと来た。

そして今後の展開が読めたような気がした。

探偵は過去同じパターンの浮気調査を何度か経験していたからだ。

しばらくすると美女が一人このマンションに入っていった。

そして、またしばらくすると水商売風の女性がマンションを出て、弁護士が最初に立ち寄った大きなマンションの方へ歩いて行った。

美女が数人出入りするマンション。弁護士は風俗店に通っていた

弁護士が部屋に入ってから約15分後別の今度は別の水商売風美女がマンションに入った。

そして弁護士がいる部屋をノックし中に入った。

探偵の予感は的中した。

この部屋は風俗店のプレイルームだったのだ。

最初に弁護士が立ち寄ったマンションの部屋はその受付だったのである(翌日その事実を確認する)。

探偵は、過去同様のケースの調査を経験していたので、途中からこの展開が読めたのだ。

その後もこのマンションには風俗店のコンパニオンと思われる女性が数人出入りしていた。

 

約1時間半後弁護士が一人でマンションの部屋から出て来た。

そして最寄駅から地下鉄を乗り継ぎ帰宅した。

この弁護士は依頼人以外の特定の女性と浮気しているのではなく、風俗店で女性のサービスを受けていたのだった。

telbananew

 

 

 

24時間営業(調査実施)
お電話受付03‐3313‐6899(年中無休09:00~20:00)

banamendan

 

 

 

 

有限会社KEN探偵事務所 東京都杉並区阿佐谷南1‐8‐2

東京メトロ丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅徒歩4分
JR阿佐ヶ谷駅 南口 徒歩12分

 

当サイトに掲載されているすべてのコンテンツ(文章・画像等の情報)の無断転載を禁止します。当サイトから入手したいかなる情報も複製、販売、出版、公開、使用することを禁じます。