離婚調停で性格の不一致を主張する夫

これは数年前に行った調査。

結婚6年目の奥さんから「夫の浮気調査」の依頼がありました。

夫婦の間に子供はいません。

無料相談でお話しを聴いたところ、半年ほど前から急に夫の残業が増え帰りが遅くなったそうです。

そして金曜日は「残業で終電に間に合わないから会社に泊まる」と言って、毎週外泊して翌土曜日に帰ってくるようになりました。

また最近夫はほとんど会話をしなくなり、話しかけてもそっけない感じ。

非常にわかりやすい浮気の兆候です。

依頼を受けた弊社は浮気調査を実施しました。

金曜日に外泊する浮気夫を探偵2名体制で張込む

調査は所長と私の探偵2名で実施。

金曜日の夕方、都内にある夫の勤務する会社があるオフィスビル玄関を張込みました。

余談ですが、とくに警戒していない一般人の浮気調査をする場合、調査スキルのある探偵なら2~3人で十分です。

よく、4人~6人の大人数でやらないと失敗すると言う探偵事務所がありますが、それは週300万円など高額契約させるための口実としか思えません。

話を戻します。

自宅方面でない小田急線に乗る夫、浮気の疑いが高まる

定時終業時間の18時から2時間ほどたった20時過ぎ、夫がビル裏の通用口から出てきました。

探偵はこの少し前に正面玄関が閉められたので、通用口を見張っていたのです。

金曜日は残業で、会社に泊まっているという夫が20時過ぎに退社。

このまま帰宅すれば浮気の可能性は低くなります。

しかし夫は、最寄りの新宿駅から小田急線に乗りました。

自宅は中央線の立川なので小田急線は別方向。

一気に浮気の可能性が高まりました。

やはり夫は浮気相手の自宅に泊まっていた?

浮気相手の自宅に泊まる浮気夫

下北沢駅で京王井の頭線に乗り替えた夫は浜田山駅で下車、そして駅前のスーパー「成城石井」へ。

買い物を終えスーパーを出た夫は、10分ほど歩きとあるマンションの3階の部屋に入りました。

一階の集合ポストを確認したところ、夫が入った部屋には氏名、苗字の表示は無し。

状況から見て、その部屋が浮気相手女性の自宅であることはほぼ間違いありません。

探偵は、奥さんに電話で状況を報告してそのままマンションを張り込むことに。

その後、終電がなくなっても夫がマンションを出ることはありませんでした。

徹夜の張込み、浮気の証拠を撮影

徹夜の張り込みで浮気の証拠を撮影する探偵

夜が明けて土曜日の朝になっても、夫はマンションを出ません。

奥さんと携帯で連絡を取りながら、引き続き張り込みを続ける探偵。

そしてお昼前、夫が若い女性と一緒にマンションから出て来ました。

やはりここは夫の浮気をしていました。

そのあと二人は手を繋いで歩き、駅近くのレストランに入りました。

ふたりは盛り上がっている様子で、ランチの間も夢中で話し込んでいました。

13時すぎにお店を出た二人は浜田山駅改札へ。

浮気相手に見送られた夫はそのまま帰宅しました。

終電がないから会社に泊まるとウソをついて、翌日午後に堂々と帰宅するのですから非常にふてぶてしい夫です。

浮気の証拠を見て動揺する妻、しかし・・

後日、調査報告書を見た奥さんは動揺していました。

調査中にリアルタイム報告で状況の説明はしていましたが、実際に夫が浮気相手と一緒の画像やビデオを見てショックを受けられたのです。

そして次の調査は「しばらく様子を見たい」というご意向で、奥さんからの連絡待ちになりました。

2週間後、奥さんから「引き続き調査をお願いします」と力強い口調で連絡がありました。

離婚を決意した妻

この間、奥さんは夫に「最近の仕事はどう?」「たまには旅行に行ってみたいね」など、差しさわりのない会話をするようにしていたそうです。

それに対して夫は、「仕事で疲れているから一人にして欲しい」、「お前といると疲れる」と言い態度だったといいます。

そして夫は些細なことに難癖をつけては、「離婚したい」というようになっていました。

奥さんは弊社の調査で浮気相手の存在を確認したあとも、「自分にも落ち度はなかったのか」と思い夫との関係修復を考えていたそうです。

しかし、不倫を隠しながら大きな態度で自分のことを責め、さらに離婚まで持ち出す夫に愛想が尽きていました。

奥さんはいずれ夫が離婚調停を起こしてくることを念頭に、さらなる浮気の証拠収集と「浮気相手の女性」の身辺調査をすることにしたのです。

夫の浮気調査2回目

2回目の夫の浮気調査

弊社探偵は2度目の夫の調査を実行。

前回と同様、20時頃会社を出た夫は浮気相手の女性のマンションに泊まり、翌日お昼はレストランで食事をとり浜田山駅で別れました。

私たち探偵は前回と同じくマンションでの出入り、レストランでの二人の様子を証拠撮影しました。

離婚調停や裁判では証拠が多い方が有利です。

だから、KEN探偵事務所では「浮気すをる可能性が高い日」をピンポイントで狙って、予算の範囲内でできるだけ多くの証拠を撮るようにしています。

3回目は浮気相手の女性を尾行

3回目は浮気相手女性の素行を調査するため、翌週月曜日の朝7時00から自宅マンションを張り込み。

8時過ぎにマンションから出てた女性を尾行する弊社探偵。

そして勤務先を特定し、さらにその後の調査で女性の氏名も特定しました。

浮気の証拠を武器に離婚調停

浮気の証拠を武器にした離婚調停

その後奥さんが静観していると、夫のほうから離婚調停の申し立てがあり離婚に向けての戦いがスタート。

調停に入ってから、夫は自分の不倫を隠して性格の不一致を理由に奥さんの批判をしました。

調停を有利に進めて離婚するために、調停員に奥さんの欠点を大げさにあげつらったそうです。

そこで奥さんは、KEN探偵事務所の調査報告書と不倫の証拠写真を調停員に見せました。

夫が自らの不倫を隠して奥さんを批判していることを知った調停員は、奥さんの方を信用してくれたので有利に事が進みました。

慰謝料230万円と財産分与

夫は不倫がバレていることと、早く別かれて浮気相手と一緒になりたいという思いからでしょうか、早い段階で慰謝料230万円を支払うことに合意し離婚が成立。

財産分与も奥さんの方が多く取ることが出来ました。

もしも浮気の証拠が無かったら、夫に性格の不一致で押し切られ慰謝料も得られないまま別れることになったでしょう。

KEN探偵事務所では無料相談(年中無休)を受け付けています。

今すぐお電話ください!

 

お電話受付03‐3313‐6899(年中無休09:00~20:00)

調査実施は24時間可能です

主な調査項目

浮気調査 素行調査 人探し 結婚調査
身元調査 盗聴発見 対ストーカー 企業信用調査
スパイ対策 海外調査 ご近所トラブル 事故物件調査
筆跡鑑定 交通事故保険金詐欺 ボディーガード

有限会社KEN探偵事務所

住所:東京都杉並区阿佐谷南1‐8‐2

電話:03-3313-6899

東京メトロ丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅徒歩4分
JR阿佐ヶ谷駅 南口 徒歩12分

お問合せフォーム

当サイトに掲載されているすべてのコンテンツ(文章・画像等の情報)の無断転載を禁止します。当サイトから入手したいかなる情報も複製、販売、出版、公開使用することを禁じます。