私たち探偵は対象者がいつ(家や職場)から出てきて、どちらに向かうか、徒歩なのか車なのか、タクシーを拾うか電車に乗るのか、また対象者がいつ浮気相手と合流するのか、最初の段階では全くわからない状況がほとんどです。

もちろん、依頼人からある程度の情報をヒアリングしてから調査しますが、当然ながら現場では想定外のことが次から次へと起こるので、それらに臨機応変に対応する必要があります。

 

あらゆる状況を想定すると同時に、想定外の対象者の動きに対して、瞬時に対処できなければ調査は失敗に終わります。

そのため、現場では常に緊張感が走っています。

尾行は”瞬間”との闘い。まるで『24』みたいな厳しい命令口調

たとえば建物の出入り口が二ヶ所あって探偵が二手に分かれて張り込んでいるような場合、対象者が現れた瞬間、一秒でも早くパートナーの探偵に伝えなければなりません。

モタモタしていれば、対象者を見失ったり、対象者が乗った電車やバスに調査員が乗り遅れたり、対象者が乗った車やタクシーを見失うことになります。

 

目的の証拠撮影は出来ずに依頼人の期待を裏切る結果になります。

浮気調査や素行調査など尾行・張込み・証拠撮影をともなう調査は、瞬間瞬間との闘いなので当然口調は厳しいものになります。

 

部下の探偵は、

「今出ました!茶色のコートで黒いビジネスバックを持ってます」

「右に曲がってすぐの信号を今横断中!」

と言った具合に、敬語を使いながらも余計な前置きは一切なしで簡潔に伝えます。

 

一方、上司の探偵は、

meirei

「先回りして正面から顔を撮れ!」

「(対象者が入った)建物の中をそのままつけろ!」

「一緒にエレベーターに乗れ!」

「部屋番号確認しろ!」

「裏口がないか確認しろ!」

「(浮気相手と)合流したら至近距離で撮れ!」

と軍隊、あるいは米国のドラマ『24』のジャックバウアーみたいな命令口調です。

一般の職場ではありえないかもしれませんが、一刻を争う浮気調査など探偵の現場ではどうしても「単刀直入に」「わかりやすく」「短く」パートナーの探偵に伝えなければならないのです。

jack-24

「○○さん、今、対象者がこちらの建物の出入り口から出て来て駅の方へ向かっているんだ。

出来るだけ急いでこちらへ来てくれる?」なんていう、悠長な指示の出し方は真のプロ探偵ではありえません。

「今、対象者がこっちから出た。駅の方へ向かってる。すぐ来きてくれ!」

と、あくまで単刀直入、簡潔です。

 

このような軍隊的命令口調に対して「言葉がキツイ」「言い方が厳しい」「傷つく」「ムッとする」、「パワハラだ」などと感じる”センシティブ”な人にはプロの探偵は務まりません。

探偵は依頼人の代理人”エージェント”です。

瞬間との闘いである過酷な現場で、依頼人に代わって証拠を撮るのが仕事です。

このような特殊任務に従事する探偵は男も女も精神的にタフな人でないと務まらないのです。

jyositantei

依頼人様においては依頼を考えている探偵事務所にその”タフ”な探偵が揃っているかどうかをよく見極めてから、契約することが肝心です。

でないと高い費用を払わされたあげくに、すぐに尾行に失敗したり、まともに調査をしたとは思えないデタラメな調査報告書を渡されるのがオチです。

telbananew

 

 

 

24時間営業(調査実施)
お電話受付03‐3313‐6899(年中無休09:00~20:00)

banamendan

 

 

 

 

有限会社KEN探偵事務所 東京都杉並区阿佐谷南1‐8‐2

東京メトロ丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅徒歩4分
JR阿佐ヶ谷駅 南口 徒歩12分

 

当サイトに掲載されているすべてのコンテンツ(文章・画像等の情報)の無断転載を禁止します。当サイトから入手したいかなる情報も複製、販売、出版、公開、使用することを禁じます。