探偵 東京 同性愛男性の浮気調査

依頼人は27歳同性愛者の男性。

対象者はそのパートナーで、大手企業に勤める38歳の男性(以下パートナー)。

二人はともに独身で、2年前から交際していました。

依頼人は10日前、急に電話でパートナーから、

「脳に腫瘍ができたので、近いうちに入院しなければならなくなった」

「しばらく会えなくなるが、手術が終わって落ち着いたらまた連絡する」

「それまでは連絡しないで欲しい」と告げられました。

脳腫瘍を理由にしばらく会えないという同性愛パートナー

依頼人は心配しながらも、「本当なのか?」と疑念を感じました。

それはこの1ヶ月間、仕事の多忙を理由にパートナーが会ってくれなくなっていたからでした。

そして今度は、病気を理由に会えないと言うパートナー。

依頼人は、パートナーに浮気の疑いを持ち始めました。

ただ、確信を得ているわけではなく半信半疑の状態。

依頼人は、自分で男性の自宅周辺へ行って様子を伺うことも考えましたが、本人と鉢合わせすることを恐れて控えました。

そして悩んだ結果、当探偵事務所に相談しパートナーの浮気調査を依頼したのです。

依頼人は、調査して浮気をしていることが判ったら別れようと考えていました。

同性愛パートナーが入院していないことを確認

探偵二名は、早朝から練馬区にあるパートナーの自宅マンションを張り込みました。

パートナーは最後の電話で、「近いうち脳腫瘍の手術のため入院する」と言いましたが、それが事実であればすでに入院している頃です。

ところが8時10分、マンション玄関からパートナーが現れて駅の方へ歩いて行きました。

これで”入院していない”ことが判明。

パートナーは、スーツを着てビジネスバッグを持っており、明らかに出勤の装いでした。

西武池袋線中村橋駅から上り電車に乗ったパートナーは、練馬駅で西武有楽町線に乗り換えました。

そして、さらに小竹向原駅で東京メトロ有楽町線に乗り換えて飯田橋駅で下車。

そこから徒歩8分ほどの場所にある、某大手企業のビルに入りました。

※依頼人指示により一旦現場を引き上げ、夕方から調査を再開

探偵、パートナーが新宿で男性と会うのを確認する

探偵は夕方から張込みを再開。

19時過ぎ、パートナーがビル正面玄関から出てきました。

飯田橋駅に着いたパートナーは、東京メトロではなくJR飯田橋駅改札に入りました。

そして、総武線新宿方面行き電車に乗るとメールを打ち始めます。

新宿駅で降りたパートナーは、東口の方へ進みました。

そして、紀伊国屋書店の一階エスカレーター脇で、ラフな格好の男性と合流。

その男性は、見たところ30歳前後。

この時点で、男性が浮気相手かどうかは判断できませんでした。

二人は話しながら靖国通りの方へ進み、横断歩道を渡ると歌舞伎町の居酒屋に入店。

パートナーとその男性は個室に案内されました。

約2時間後、居酒屋からパートナーと男性が出てきました。

二人は酔っている様子でパートナーが男性の肩を抱いています。

しかし傍目には先輩が後輩の肩を抱いているようにも見えるので、まだ同性愛カップルとは断定できません。

パートナーは自宅マンションで浮気

その後二人は新宿駅へ行き、湘南新宿ライン小金井行きに乗車。

そして、池袋で西武池袋線に乗り換えました。

パートナーの自宅がある中村橋へ行く模様。

男性が、パートナーの浮気相手である可能性が高くなりました。

探偵の予想通り中村橋で下車した二人は、コンビニエンスストアに寄ってビールやおつまみを買い込み対象者のマンションへ。

パートナーの部屋は2階なので、探偵は外観を見ることが出来ました。

二人が部屋に入るとすぐ明かりが点きました。

夜帰宅したのですから部屋の電気が点くのはあたりまえです。

しかし10分ほどすると明かりが消えました(性行為をはじめた?)。

探偵は表で張込みを続けます。

そして2時間ほどすると再び部屋の明かりが点灯。

時計はすでに深夜1時53分を指していました。

明日(0時を過ぎたので今日)は土曜日で会社が休みなのでしょう、ふたりは夜更かししているようです。

それから50分ほどすると、ふたたび部屋の明かりが消えました。

ふたりは就寝したようで、その後明かりが点くことはありませんでした。

翌朝、マンションを出たふたりは中村橋駅の方へ。

そして、男性だけ改札に入りそれを見送るパートナー。

状況から見て、その男性がパートナーの浮気相手であることは間違いないと思われました。

当然、パートナーの言う脳腫瘍も嘘の可能性が高いと思いました。

後日、証拠ビデオを見た依頼人もそう断定し踏ん切りがついた様子。

浮気の事実を知り、別れを決めた依頼人

依頼人は、裏切られてまでそのパートナーを追うつもりはなく別れることを決心。

もっとも、相手の方が別れたいと思っているようなので、あえてこちらからアクションを起こす必要はなくそのまま自然消滅へ。

依頼人は、もし相手から連絡があったとしても相手にしない、気持ちの整理ができて良かったと語っていました。

KEN探偵事務所では無料相談(年中無休)を受け付けています。

今すぐお電話ください!

 

お電話受付03‐3313‐6899(年中無休09:00~20:00)

調査実施は24時間可能です

主な調査項目

浮気調査 素行調査 人探し 結婚調査
身元調査 盗聴発見 対ストーカー 企業信用調査
スパイ対策 海外調査 ご近所トラブル 事故物件調査
筆跡鑑定 交通事故保険金詐欺 ボディーガード

有限会社KEN探偵事務所

住所:東京都杉並区阿佐谷南1‐8‐2

電話:03-3313-6899

東京メトロ丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅徒歩4分
JR阿佐ヶ谷駅 南口 徒歩12分

お問合せフォーム

当サイトに掲載されているすべてのコンテンツ(文章・画像等の情報)の無断転載を禁止します。当サイトから入手したいかなる情報も複製、販売、出版、公開使用することを禁じます。