浮気夫や妻を問い詰めてはいけない理由

感情にまかせて問い詰めると浮気の証拠が押さえにくくなる

夫や妻、彼氏彼女に浮気の疑念を抱いたとしても、絶対に問い詰めてはいけません。

証拠も無いのに本人を問い詰めたところで、自白する人はめったにいませんし、逆に警戒されて得られる情報も得られなくなります。

知らないふりをして油断させておくのがベスト。

その方が、浮気不倫の間接的証拠を得られます。

スマホ、メール、LINE、パソコン、財布、バッグなどは間接的証拠の宝庫です。

浮気相手とのメールやLINE、ホテルのクーポン券、レシートなど様々な間接的証拠や情報が取れます。

しかし下手に問い詰めて、相手のガードが固くなれ情報を得ることができません。

あとで探偵に浮気調査を依頼しても、ガードが固くなり尾行がやりにくくなる場合もあります。

腕のある探偵であれば、それでも気付かれないように尾行して浮気の証拠を押さえますが、そのようなエキスパートはわずかしかいません。

浮気に気付いていないふりで異変をチェック

浮気の疑念を感じたら、はやる気持ちを抑えて平静を装いましょう。

浮気をしている人は、大なり小なり「バレていないか?」、「気づかれていないか?」という不安な意識を持っています。

※中にはまったくその意識のない無神経な人もいますが。

そんなときまったく気づかれていないと思えば、浮気夫や妻は安心し油断します。

油断させたら、夫や妻の行動を注意深くチェック。

日常生活の、ざまざまな場面において異変が出てくるずです。

たとえば、最近急に残業や休日出勤が増えた夫に対して、「何で仕事が忙しくなったの?」と尋ねた場合。

普段ぶっきらぼうな夫が、妙に言い訳がましく聞いてもないことまでベラベラ喋って事情を説明した。

逆に、普段は饒舌な夫が目を泳がせてしどろもどろになるなど。

浮気夫や妻の行動や異変を日時とともにメモする

異変を確認してクロと見たら、毎日の帰宅時間や怪しい動きをした日時を記録しましょう。

定点観測して記録をつけておけば、夫や妻の行動パターンが読めます。

その記録は、探偵に浮気調査を依頼する際に役立つでしょう。

それは、不倫相手と密会する可能性の高い日がわかれば、ハズレ(浮気相手に会わない)の日を少なくできるからです。

その結果打率がよく、予算を押さえた浮気調査が可能になります。

たとえば、残業で遅くなる曜日が決まっている場合、その曜日を毎週ピンポイントで狙い撃ち。

そうすることで、少ない調査回数で証拠が撮れます。

これは妻の浮気調査も同じ。

たとえば、働く妻で不倫している人の中にも、残業や休日出勤を口実する人がたくさんいます。

間接的証拠の収集や、効率の良い調査を行うためには、相手を問い詰めることなく油断させることが肝心です。

KEN探偵事務所では無料相談(年中無休)を受け付けています。

今すぐお電話ください!

 

お電話受付03‐3313‐6899(年中無休09:00~20:00)

調査実施は24時間可能です

主な調査項目

浮気調査 素行調査 人探し 結婚調査
身元調査 盗聴発見 対ストーカー 企業信用調査
スパイ対策 海外調査 ご近所トラブル 事故物件調査
筆跡鑑定 交通事故保険金詐欺 ボディーガード

有限会社KEN探偵事務所

住所:東京都杉並区阿佐谷南1‐8‐2

電話:03-3313-6899

東京メトロ丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅徒歩4分
JR阿佐ヶ谷駅 南口 徒歩12分

お問合せフォーム

当サイトに掲載されているすべてのコンテンツ(文章・画像等の情報)の無断転載を禁止します。当サイトから入手したいかなる情報も複製、販売、出版、公開使用することを禁じます。