先日、恒例の探偵業法立ち入り検査を受けました。

検査を行うのは警察です。

今年も去年同様、所轄生活安全課の担当からのアポイント電話に即日対応したので大変喜ばれました。

探偵業者は、年一回所轄警察署の立ち入りを受ける義務があります。

KEN探偵事務所の場合所轄は杉並警察署。

警察官の立ち入り検査

探偵業法にもとづく立入検査の主な内容

まず、『探偵業届出証明書』が事務所に掲げられているかをチェック。

そして届出内容の変更有無も確認されます。

たとえば主たる営業所を移転した場合、東京都公安委員会に届出をします。

そして、新住所が記載された新しい探偵業届出証明書に作り替えてもらわなければなりません。

それを怠った場合は行政処分の対象になります。

つぎに探偵調査員の名簿をチェック。

現役調査員の写真入り名簿を確認してもらいました。

名簿のチェックはは休職者や退職者も含みます。

続いて依頼人から

・調査結果を違法な目的に利用しない旨の、書類に署名捺印してもらているか

・契約前に重要事項の説明書類を交付しているか

・探偵業法で定められた条項を備えた、本契約書の交付をしているか

のチェック。

刑事さんは、KEN探偵事務所が実際に行った浮気調査などの契約書類を見て、不備がないかをチェックします。

あとは、探偵調査員への教育実施簿と教育計画書の確認、守秘義務、情報漏えい防止対策方法、委託の有無など。

KEN探偵事務所では、所属探偵の現任教育を上半期と下半期に分けて行っています。

今年も、違反の指摘を受けることなくスムーズに終わりました。

ただいつも言っていることですが、この探偵業法にもとづく立入検査をクリアしているからといって、優良探偵事務所とは限りません。

いわゆる、やらずボッタくりの悪徳探偵事務所の多くも立ち入り検査をクリアしています。

はっきり言って、現探偵業法の立入検査基準は甘いと思います。

もっと厳しい規制をしなければ、悪徳探偵事務所の被害者は増え続けることでしょう。

探偵と刑事の雑談

立入検査のあと刑事さんと雑談しました。

杉並管内で廃業した探偵事務所の話。

調査能力もないのに、とりあえず探偵業届出をする業者が多いという話。

探偵以外の話題では、暴力団情勢や振り込め詐欺の現状。

そして杉並区は空き巣被害が多いという話(逆に強盗は少ないそうです)。

短い時間でしたが、刑事さんと情報交換ができて楽しかったです。

この立ち入りに来る刑事さんは、数年ごとに代わります。

KEN探偵事務所では無料相談(年中無休)を受け付けています。

今すぐお電話ください!

telbananew

 

 

お電話受付03‐3313‐6899(年中無休09:00~20:00)

調査実施は24時間可能です

banamendan

 

 

 

 

主な調査項目

浮気調査 素行調査 人探し 結婚調査
身元調査 盗聴発見 対ストーカー 企業信用調査
スパイ対策 海外調査 ご近所トラブル 事故物件調査
筆跡鑑定 交通事故保険金詐欺 ボディーガード

有限会社KEN探偵事務所

住所:東京都杉並区阿佐谷南1‐8‐2

電話:03-3313-6899

東京メトロ丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅徒歩4分
JR阿佐ヶ谷駅 南口 徒歩12分

お問合せフォーム

当サイトに掲載されているすべてのコンテンツ(文章・画像等の情報)の無断転載を禁止します。当サイトから入手したいかなる情報も複製、販売、出版、公開使用することを禁じます。