依頼人妻は整形外科医院の幹部。

調査対象者夫(以下夫とする)はその病院の院長。

夫は部下の看護士と浮気をしていた。

妻は院長の夫が、自分の部下でもある看護士と浮気をしていることを、許せなかった。

夫婦の関係は完全に冷め切っておりここ何年も夫婦生活はなかった。

そしてこの不倫によって関係修復はさらに難しくなっていた。

kentantei-ishitokangoshi

夫は自身の浮気の事実を認めることなく、妻に対して一方的に協議離婚を迫っていた。

妻は浮気の証拠を押さえた上で離婚調停を申し立て、夫に慰謝料、財産分与など十分な補償をさせて別れたいと思った。

その証拠を得るため当探偵事務所に浮気調査を依頼した。

夫はほぼ毎晩、仕事のあとに浮気相手の看護師と密会しているとのことだった。

大胆不敵。職場の病院内で不貞をする医者と看護師

夫は仕事を終え20時に病院を出ると、大胆にも職場最寄駅の改札で浮気相手と思しき女性と合流した。

依頼人妻が提供した看護士の写真と顔が一致した。

二人は駅ビルのレストランに入り食事をした。

そして2時間ほどしてレストランを出た二人は駅改札に入らず病院のある北口の方へ歩いて行った。

 

そして大胆にも夫の整形外科医院が入っているビルに戻り、守衛がいる通用口から中に入った(すでにビルの正面玄関はにシャッターが閉まっている)。

誰もいない夜の病院で浮気

表から5階の病院の窓をみると明かりは消えていたがほどなくして明かりが点いた。

夫と浮気相手看護師が病院に入り明かりをつけた模様。

しばらくして部屋の明かりが消えた。

通用口から一向に出て来ないため二人は誰もいない病院内で不倫行為をしていることが伺えた。

探偵二人は表からずっと監視を続けた。

1時間ほどすると病院の明かりが点るとしばらくしてまた消えた。

 

1分もしないうちにビルの通用口から二人が出て来た。

そして最寄の駅へ向い電車に乗ると二つ目の駅で降りた。

二人は腕を組んで歩き時折立ち止まってはキスをした。

浮気相手の看護師を自宅まで送って家から帰宅する夫

そして15分ほど歩いた場所にある一軒家の前で二人は別れた。

看護師はその家に入り夫は駅の方へ戻って行った。

この家はあらかじめ依頼人妻から聞いていた女性の自宅(実家)だった。

夫は電車に乗り自宅最寄駅で降りるとそこからタクシーで帰宅した。

調査を終了した。

 

telbananew

 

 

 

24時間営業(調査実施)
お電話受付03‐3313‐6899(年中無休09:00~20:00)

banamendan

 

 

 

 

有限会社KEN探偵事務所 東京都杉並区阿佐谷南1‐8‐2

東京メトロ丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅徒歩4分
JR阿佐ヶ谷駅 南口 徒歩12分

 

当サイトに掲載されているすべてのコンテンツ(文章・画像等の情報)の無断転載を禁止します。当サイトから入手したいかなる情報も複製、販売、出版、公開、使用することを禁じます。